サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

児童書・絵本・文房具 全品ポイント2倍キャンペーン (~12/26)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 写真集
  4. ナショナルジオグラフィックの絶滅危惧種写真集

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ナショナルジオグラフィックの絶滅危惧種写真集
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.2 11件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2011.8
  • 出版社: Pヴァイン・ブックス
  • サイズ:19×26cm/151p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-86020-422-8
  • 国内送料無料
写真集

紙の本

ナショナルジオグラフィックの絶滅危惧種写真集

著者 ジョエル・サートレイ (著),嶋田 香 (訳)

カタツムリから食虫植物、オオカミ、アメリカシロヅルまで、69種の絶滅危惧種を収めた写真集。それぞれの種の現在の個体数や、生存を脅かしている要因などの説明も添える。【「TR...

もっと見る

ナショナルジオグラフィックの絶滅危惧種写真集

3,024(税込)

ポイント :28pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

ジュンク堂書店天満橋店

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

カタツムリから食虫植物、オオカミ、アメリカシロヅルまで、69種の絶滅危惧種を収めた写真集。それぞれの種の現在の個体数や、生存を脅かしている要因などの説明も添える。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

ジョエル・サートレイ

略歴
〈ジョエル・サートレイ〉ジャーナリスト、写真家、評論家。ナショナルジオグラフィック誌の写真家として20年間、世界の絶滅危惧種を撮影。CBSの番組「サンデーモーニングショー」で作品を定期的に発表。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー11件

みんなの評価3.2

評価内訳

紙の本

気高い生命を美しい写真で表現。

2015/11/09 01:22

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:色鳥鳥 - この投稿者のレビュー一覧を見る

アメリカの希少種の動植物・昆虫の写真集です。「はじめに」のページには、ガラスの容器のなかの標本となってしまったハイイロハマヒメドリなど、痛々しい写真もあるものの、多くが過酷な環境での生活を睨みつけるような、凛々しい構図の写真です。

一目見て、あまりの美しさに目が奪われるのは、生き物を撮った写真集としては珍しく、背景がない所為です。「すべての生き物に等しい重みを与え」る為にと、背景は白か黒に統一されている。
よって、すべての動植物が美しく、特にメキシコオオカミやオセロットなど「獣」の写真は、しばし見惚れるほど、気高い。
(表紙の狼はアメリカアカオオカミ。現存個体数330以下。)

動植物の写真は、一種につき、1点か2点、多くても5点ほどしか掲載されていません。
厳選された写真もあれば、動きが素早くて、1枚しか撮れなかった、という場合もあるようです。

「はじめに」の文章を読むと、自分が増え過ぎた人間の一人であることに、罪悪感をおぼえそうです。
ブッシュ大統領と、アメリカの「種の保存法」のくだりでは、もはや、溜息しか出ません。

著者の主張のとおり、「ある商品を購入する」ということは、その商品の製造法、輸送手段、その他について「賛同する」という意思表示です。
気軽に購入しているお気に入り製品の開発で、どこかの国の環境が変わり果てて、その影響で死に絶える動植物がいる、というのは、現代人なら誰でも知っておくべき事実です。

ただし。
本書は、読み手にこうした説教をするタイプのものではなく、「自主的に考えさせること」「身近なことから改めること」が狙いのようです。
写真は、個体数の減りつつある動植物から始まって、絶滅寸前のものへと進み、最後は「現在個体数が増加中の種」が登場。
よって、読後感は、力強い。

後の見返しには、著・写真のジョエル・サートレイの写真と紹介が掲載されていますが、熊に挟まれている姿、動物への愛情を感じられます(笑)
真面目な文章が多いのですが、撮影秘話のようなコメントには静かなユーモアが感じられます。

老若男女、誰にでもおすすめです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/12/06 09:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/11/03 09:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/12/01 00:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/08/03 11:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/09/15 23:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/10/16 07:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/01/21 14:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/10/03 15:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/01/11 17:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/04/09 21:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

生命科学・生物学 ランキング

生命科学・生物学のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む