サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】3冊以上でポイント3倍キャンペーン(~8/31)

8/1【HB】honto withアプリカード利用でポイント2倍キャンペーン (~8/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

「東北」再生
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 10件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2011.7
  • 出版社: イースト・プレス
  • サイズ:19cm/141p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-7816-0653-8
  • 国内送料無料

紙の本

「東北」再生

著者 赤坂 憲雄 (著),小熊 英二 (著),山内 明美 (著)

「幻想のラインを撤廃せよ」「分断された日本と再生への道すじ」をテーマにした鼎談と、論考「最後の場所からの思想」「近代日本を超える構想力」2編を収録。【「TRC MARC」...

もっと見る

「東北」再生

1,080(税込)

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「幻想のラインを撤廃せよ」「分断された日本と再生への道すじ」をテーマにした鼎談と、論考「最後の場所からの思想」「近代日本を超える構想力」2編を収録。【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

幻想のラインを撤廃せよ 赤坂憲雄 述 13−46
分断された日本と再生への道すじ 赤坂憲雄 述 47−85
どんな「生のあり方」が可能なのか 赤坂憲雄 述 87−107

著者紹介

赤坂 憲雄

略歴
〈赤坂憲雄〉1953年東京都生まれ。学習院大学教授。福島県立博物館館長。福島県復興ビジョン検討委員会委員、南相馬市の復興ビジョン会議委員。
〈小熊英二〉1962年東京都生まれ。慶應大学総合政策学部教授。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー10件

みんなの評価3.7

評価内訳

紙の本

この鼎談は、3.11の震災の約2か月後に行われたもので、まだ震災の記憶が生々しい

2017/02/16 21:57

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:まなしお - この投稿者のレビュー一覧を見る

この本は、赤坂憲雄、小熊英二、山内明美の三氏の鼎談が中心となっているが、各人の語る内容が長く、鼎談というよりそれぞれの考えを順番に述べるというような内容だ。この鼎談は、3.11の震災の約2か月後に行われたもので、まだ震災の記憶が生々しい。当然まだ情報量も少ない中での鼎談だったと思う。今現在(2017年)の各氏の考えをまた伺ってみたいものだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

建設的でない議論 (?!)

2011/07/29 22:21

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Kana - この投稿者のレビュー一覧を見る

震災にあった東北がかかえているさまざまな問題がとりあげられている. 岩手や宮城とちがって福島では復興プロジェクトがでてこないこと,震災前から人口がどんどんへっていること,などなど. しかし,この本でとりあげている話題のほとんどは,単なる感想の域をでていないようにおもう. 「震災が起きても変わらない知識人」 を問題視していたりするが,その理由は明確でない. この本が建設的なうごきにむすびつくかどうかは,はなはだ疑問だ.

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/07/10 11:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/11/14 11:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/02/02 08:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/08/27 12:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/10/24 07:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/03/05 22:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/05/09 08:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/11/17 18:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

災害・事故・防災 ランキング

災害・事故・防災のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む