サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

e-hon連携キャンペーン ~5/31

「honto 本の通販ストア」サービス終了及び外部通販ストア連携開始のお知らせ
詳細はこちらをご確認ください。

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2011.8
  • 出版社: 弦書房
  • サイズ:21cm/214p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-86329-061-7

紙の本

江戸の〈長崎〉ものしり帖

著者 松尾 龍之介 (文・絵)

京都の医師が長崎遊学で見聞した風物を、当時としては画期的な挿絵入りで紹介した寛政12年のロングセラー「長崎聞見録」を口語訳し、わかりやすい解説、さらに新解釈の挿絵を付して...

もっと見る

江戸の〈長崎〉ものしり帖

税込 2,310 21pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

京都の医師が長崎遊学で見聞した風物を、当時としては画期的な挿絵入りで紹介した寛政12年のロングセラー「長崎聞見録」を口語訳し、わかりやすい解説、さらに新解釈の挿絵を付してまとめる。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

松尾 龍之介

略歴
〈松尾龍之介〉昭和21年長崎市生まれ。北九州市立大学外国語学部卒。主に漫画社を中心に仕事をする。洋学史学会々員。著書に「漫画俳句入門」「長崎蘭学の巨人」「長崎を識らずして江戸を語るなかれ」など。

関連キーワード

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

まるで落語の世界。

2011/08/15 08:24

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:浦辺 登 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 著者はマンガ家であり、俳人であり、作家という才能に恵まれた方である。その著者が江戸時代の京都の医師広川かい(獸偏に解)が長崎に遊学した際に見聞した内容をイラスト、マンガで再現したものである。現代であればデジカメ、携帯写メ、加えて動画もあるので瞬時にして珍品の数々、劇的な場面を正確に記録媒体に収めることができる。さらに、遠隔地に送ることもできて苦労はしない。しかしながら、本書のベースは広川のイラストをもとに京都の絵師が口述筆記ならぬ口述描写した『長崎聞見録』であるため、実物に手が加えられていたり、想像で描かれたりしている。さらに劣化した紙媒体から再現するなど、著者の苦労は並大抵のものではなかったと推察される。
 その著者の苦労をよそに読み手としては落語の世界を楽しむかのようにページをめくることができる。82ページの「唐人生き物を殺すこと」の件などは、まさに落語の世界そのもの。今でも中国人は献血が命を失いかねない一大事と大騒ぎをするが、その国民性というか民族性は昔からのものであることが理解でき、爆笑である。反面、生き物を処分することにかけては無頓着であるところに不可解な民族性を見る。それを面白おかしく著者がマンガに描いているので笑うしかない。まるで、「長崎名産」として腐りかけの豆腐を長崎名物の珍品のようにして食べさせる上方落語の名作『ちりとてちん』そのままである。江戸時代の長崎の産物、唐人やオランダ人が長崎に持ち込んだ品々がイラストとともに紹介されているが、これはこれで「イカの干したものをスルメと言わせるな」で落ちがつく落語の『てれすこ』を彷彿とさせる。奇怪なモノ、訳のわからぬモノ全ては長崎経由の「南蛮渡り」と言ってしまえば済んでしまう落語の世界がこの一冊に凝縮されている。
 そういえば、広川が見聞したもののなかに「もやし」がある。果たして、江戸時代の人々は「もやし」をどのように見たのだろうか。そのうち、「もやし」を題材にした新作落語が評判を呼ぶのでは、などと思いながら読み進んだ。
 馴染みの無いものを具体的に伝えることほど難しいものはないが、ここに紹介されている事ごとは、マンガ家である著者にしか描けないことを再認識させられた。博識を誇る方、クイズ番組のプロデューサー、歴史、民俗、比較文化の研究者など、広範囲の方方の良き参考書になるのではと思った。もちろん、落語のシナリオ作家の方にもオススメです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2016/02/23 23:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2022/07/15 16:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。