サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

エントリー限定!小学館夏休みポイント10倍キャンペーン(~8/19)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

まぐだら屋のマリア
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 111件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2011.7
  • 出版社: 幻冬舎
  • サイズ:19cm/317p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-344-02026-9
  • 国内送料無料

紙の本

まぐだら屋のマリア

著者 原田 マハ (著)

“尽果”バス停近くの定食屋「まぐだら屋」。様々な傷を負った人間が、集まってくる。左手の薬指がすっぱり切り落とされている謎めいた女性・マリア。母を殺したと駆け込んできた若者...

もっと見る

まぐだら屋のマリア

1,512(税込)

ポイント :14pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年8月18日(金)~
2017年8月22日(火)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

“尽果”バス停近くの定食屋「まぐだら屋」。様々な傷を負った人間が、集まってくる。左手の薬指がすっぱり切り落とされている謎めいた女性・マリア。母を殺したと駆け込んできた若者。乱暴だが心優しい漁師。そしてマリアの事をひどく憎んでいる老女。人々との関わりを通して、頑になっていた紫紋の心と体がほどけていくが、それは逃げ続けてきた苦しい現実に向き直る始まりでもあった…。生き直す勇気を得る、衝撃の感涙長編。【「BOOK」データベースの商品解説】

料理人になる夢が破れた紫紋は、小さな村の定食屋「まぐだら屋」に流れ着いた。左手の薬指がない、マリアと呼ばれる女性に出会い、謎めいた彼女に惹かれていく紫紋だったが…。『ポンツーン』連載に加筆修正して単行本化。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

原田 マハ

略歴
〈原田マハ〉1962年東京都生まれ。関西学院大学文学部、早稲田大学第二文学部卒業。フリーのキュレーター、カルチャーライターとして活躍。「カフーを待ちわびて」で第1回日本ラブストーリー大賞受賞。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー111件

みんなの評価3.7

評価内訳

紙の本

神秘的なマリアに夢中!

2013/03/10 08:50

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:佐々木 なおこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

「永遠をさがしに」でいたく感動したのを思い出しました。
同い年の本好きさんが、原田マハさん本をこのところ引き続いて読んでいるのを知り、私も…と思って読んでみました。

まずはタイトルに惹かれ、
神秘的なマリアに夢中になり、
紫紋(シモン)、丸弧(マルコ)、与羽(ヨハネ)など、次々に登場する人物の名前に驚き、
そうして食堂「まぐだら屋」で出される料理に魅了され…。
ページをめくる手が止まりませんでした。

それぞれ抱えている生い立ちは状況が過酷であれば、あるほど、気づきも多い…。
ラストのほのかな明るさに救われました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

想定外・・・

2017/07/18 13:32

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:読書はじめました - この投稿者のレビュー一覧を見る

題名を聞いたことがある気がしたので読んでみる。
「○○○○女将」事件を題材にした話かと思ったら、
大雑把に言えば死のうと思った者達が海辺の村「尽果」に
引き寄せられるかのように訪れ人生をやり直そうと再出発する物語。
村に語り継がれている伝説がメインで不思議な(SF調)話になるのかと
思って読んでいたが全然そんなことにはならなかった。
大人しい話が淡々と進むだけで盛り上がりがなく、物足りない。
イマイチ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2013/06/17 21:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/07/05 23:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/09/06 10:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/02/20 22:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/04/23 15:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/10/30 12:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/03/06 23:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/08/08 11:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/04/02 15:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/05/03 03:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/12/17 13:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/12/17 21:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/09/02 07:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る