サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】東京ニュース通信社 全品ポイント5倍

【HB】丸善日本橋店×hontoブックツリー 日本橋ビジネススクール(~1/20)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

灯台守の話(白水Uブックス)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 20件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2011.8
  • 出版社: 白水社
  • レーベル: 白水Uブックス
  • サイズ:18cm/259p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-560-07175-5
新書

紙の本

灯台守の話 (白水Uブックス 海外小説の誘惑)

著者 ジャネット・ウィンターソン (著),岸本 佐知子 (訳)

孤児となった少女シルバーは、不思議な盲目の老人ピューにひきとられ、灯台守の見習いとなる。夜ごとピューが語る、数奇な二重生活を送った牧師の物語に導かれ、やがてシルバーは真実...

もっと見る

灯台守の話 (白水Uブックス 海外小説の誘惑)

税込 1,430 13pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

孤児となった少女シルバーは、不思議な盲目の老人ピューにひきとられ、灯台守の見習いとなる。夜ごとピューが語る、数奇な二重生活を送った牧師の物語に導かれ、やがてシルバーは真実の愛を求めて独り旅立つ—二つの孤独な魂の遍歴を描いた傑作長編。【「BOOK」データベースの商品解説】

孤児となった少女シルバーは、不思議な盲目の老人ピューにひきとられ、灯台守の見習いとなった。夜ごとピューが語る、数奇な二重生活を送った牧師の物語に導かれ、やがてシルバーは真実の愛を求めて独り旅立つ…。〔2007年刊の再刊〕【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

ジャネット・ウィンターソン

略歴
〈ジャネット・ウィンターソン〉1959年イギリスのマンチェスターに孤児として生まれる。様々な職業を転々としながら生計を立て独学でオクスフォード大学に入学。「オレンジだけが果物じゃない」でウィットブレッド賞受賞。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー20件

みんなの評価3.9

評価内訳

紙の本

時を超えてつながる物語―「すべての灯台には物語がある」いや「すべての灯台が物語だった」

2011/10/08 15:22

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:wildcat - この投稿者のレビュー一覧を見る

シルバーは、崖の上に斜めに突き刺さって建っている家に
母さんと住んでいた。

家の玄関までたどり着くのにも、
登山のパートナーみたいに互いの体をロープでしっかりと結んだ。

一歩足を滑らせれば、一巻の終わりだから。

父さんはいない。

「海からやって来て、また海に帰っていった」という。

シルバーは、「あんたは他の子とちょっとちがうから、
もしこの世界でやっていけないなら、自分で自分の世界を作ってしまうことよ」と言われて育った。

でも、それが、「わたし」のことだけじゃなくて、
本当は母さん自身のことなのだとちゃんとわかっていた。

ある日、母さんが落ちた。

孤児になったシルバーは、犬のドッグ=ジムとともに、
ケープ・ラス(怒りの岬)の灯台守であるピューに引き取られる。

ピューの一族は、「生まれながらにケープ・ラスの灯台守」で、
ピューは盲目だった。

「灯台守見習い」となったシルバーは、
ピューから灯台の歴史やお話を聴いて育つ。

-----

「器械の使い方だったら、わしは―わしでなくとも誰だって―
いくらでもお前さんに教えてやれる。灯は今と変わらずきっかり四秒に一回光るだろう。
だがな、お前さんに本当に教えてやらねばならんのは、光を絶やさないようにすることだ。
どういう意味か、わかるか?」
わたしはかぶりを振った。
「物語だ。それをお前さんは覚えなきゃならん。わしが知っているのも、わしが知らないものも」
「ピューが知らないものを、どうやって覚えればいいの?」
「自分で話すのさ」

(p.50)

-----

この物語のもうひとりの主人公は、バベル・ダーク。

ケープ・ラスに灯台を建てさせたジョサイア・ダークの息子。

-----

ピュー、どうしてあたしの母さんは父さんと結婚しなかったの?
ヒマがなかったのさ。来たと思ったら行っちまったからな。
バベル・ダークはどうしてモリーと結婚しなかったの?
モリーを疑ったからだ。人間、何があっても愛する相手を疑っちゃならん。
でも、相手の人が嘘をついてるかもしれないよ。
関係ないさ。自分が相手に真実でいることだ。
どういう意味?
他人の真実になることは誰にもできないが、自分は自分の真実でいられるからな。
じゃあ、あたしは何て言えばいいの?
どんなときにだね?
誰かを愛したとき。
そのとおりに言えばいい。

(p.90)

-----

シルバーは、ピューとのちょっとした問答から
大切なことを吸収していっているように思う。

そんな日々も終わりを告げてしまう。

灯台が無人化されることになったのだ。

光はコンピュータ制御になるという。

灯台が無人化されるその日、ピューは姿を消してしまう。

シルバーも灯台を出ていくのだった。

まるごとシルバーが読者に語る話とも読める本書は、
ピューがシルバーに語った物語であり、
シルバーが語るシルバー自身の物語でもある。

「ジキル博士とハイド氏」や「トリスタンとイゾルデ」も象徴的に登場する。

チャールズ・ダーウィンやロバート・ルイス・スティーヴンソンも。

物語は、順番には語られない。

バベルの物語とシルバーの物語は、
別の時代の話であっても、どこかつながっているようにも見える。

バベルの苦悩は、愛を信じることができなかったことにあり、
一方、シルバーは、いろいろなことがあったけれど、
根っこのところで愛を信じることができたのではないか。

誰もが自分を主人公とする物語を生きているけれど、
もしかすると、「わたしの物語」は、
百年前の誰かの物語とつながっているのかもしれない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/10/24 21:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/11/06 16:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/09/27 18:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/01/18 23:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/12/12 06:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/07/22 22:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/02/19 00:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/11/14 16:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/09/20 10:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/04/03 00:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/08/26 21:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/11/03 17:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/11/01 18:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/07/16 15:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

ノベルス ランキング

ノベルスのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。