サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

修正:1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0818-22)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 小説・文学
  4. 神様の女房 もう一人の創業者・松下むめの物語

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

神様の女房 もう一人の創業者・松下むめの物語

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.1 26件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2011.9
  • 出版社: ダイヤモンド社
  • サイズ:20cm/291p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-478-01399-1

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

神様の女房 もう一人の創業者・松下むめの物語

著者 高橋 誠之助 (著)

松下幸之助を陰で支え続けた“もう一人の創業者”、妻・むめの。「夫の夢は私の夢」と、幸之助の描いた壮大なスケールの夢を二人三脚で追いかけていった感動の物語。『理念と経営』連...

もっと見る

神様の女房 もう一人の創業者・松下むめの物語

1,404(税込)

神様の女房

1,028 (税込)

神様の女房

ポイント :9pt / 紙の本より376おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年8月18日(金)~
2017年8月22日(火)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

松下幸之助を陰で支え続けた“もう一人の創業者”、妻・むめの。「夫の夢は私の夢」と、幸之助の描いた壮大なスケールの夢を二人三脚で追いかけていった感動の物語。『理念と経営』連載に大幅加筆して書籍化。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

高橋 誠之助

略歴
〈高橋誠之助〉1940年京都府生まれ。神戸大学経営学部卒業。松下電器産業株式会社(現パナソニック)入社。松下家の執事等を経て、松下社会科学振興財団支配人。2005年定年退職。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー26件

みんなの評価4.1

評価内訳

  • 星 5 (8件)
  • 星 4 (7件)
  • 星 3 (5件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

夫婦の夢

2011/12/16 08:09

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:夏の雨 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 経営コンサルタントの小宮一慶さんは眠る前にはだいたい「経営の神様」といわれた松下幸之助さんの『道をひらく』を読むようにしているそうです。
 小宮さんのようにすでに何冊も経営の本質とリーダーのありようを書いてきた人でも、松下幸之助さんの生き方を何度となく読み返して、さらに今でも気づかされることがあるといいます。そういう点では松下幸之助さんの『道を開く』は、ビジネス本というより哲学書の趣きがあるのでしょう。

 その『道をひらく』に「縁あって」という文章があります。
 その中で松下幸之助さんはこう書いています。「人と人とのつながりには、実は人間のいわゆる個人的な意志や希望を越えた、一つの深い縁の力が働いているのである。男女の縁もまた同じ」と。
 この文章を書きながら、松下幸之助さんは奥さんである、むめのさんのことを想っていたのではないでしょうか。

 本書は長年松下幸之助さんとむめのさんの執事をされたいた著者が、「むめのさんの生涯をちゃんと世に残すこと」が、これからの第二、第三の松下幸之助さんを生み出すためにも必要と考えたところから出来上がったものです。
 著者はむめのさんの行動は内助の功といったものを越えているとしています。むめのさんは松下幸之助さんが描いた夢の実現を、自身の夢としたとみています。「夫の夢に、自分の夢を重ね合わせられた」というのです。
 だから、松下幸之助さんとむめのさんは夫婦喧嘩をしてもあとには残りません。何故なら、夫婦喧嘩も夢の実現のための一歩だからです。

 本書はほとんど顔すら見ないで結婚した松下幸之助さんとむめのさんの見合いの場面から始まります。そんな出会いながら、ご夫婦はダイヤモンド婚まで添い遂げます。それは、松下幸之助さんが『道をひらく』に書いた「深い縁の力」があったのだろうと思います。
 この本には夫のコントロール法など夫婦のありようがむめのさんの言葉として表現されています。「深い縁の力」が働くには、それなりの機智が必要なのでしょう
 夫婦のありようを考えさせてくれる一冊です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

古い女房像? いえ、現代にも通用する女房像

2011/10/08 17:16

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:かつき - この投稿者のレビュー一覧を見る

松下幸之助の妻むめのさんのことを
松下家の元執事が書いた本。

淡路島の漁師の二女だった彼女が
幸之助と見合いをし、彼に決めた理由がすごい。

「幸之助の条件が、誰よりも一番悪く、厳しいものだったから」
だからこそ「人からもうろうた人生ではなく、
自分自身で人生を作っていくことができるんや」

むめのさんは起業した夫を助け、
内助の功を発揮するのですが
この時に男の価値を見極めているんですね。

彼の目が鋭いことも判断材料です。

戦前の古い女性像の部分もありますが
これは現代にも通用するかも。
こういう女性の生き方もあるのかもしれない。

例えば、松下産業の幹部の奥さまたちから
男を立てるのは、図に乗るからやりたくない、
と相談されるのに対して
そうさせておいて、世間でもそのプライドを保つように仕向ければ
男は仕事を一生懸命にするもの。
だから、妻がすべてをわかってて立てるという。

内助の功だけではなく、商売についても学べます。
松下産業が工業や職人の世界に近いと思っていましたが
最初から「商売」として仕事をとらえて
営業や人とのつきあいに力を入れているのが印象深い。

松下の家族主義から住み込み制度だったのは有名ですが
そのなかでむめのさんの役割の大きさも
大変さも並大抵ではない。
しかし、それをやってのける彼女の手腕に脱帽。

サブタイトルにあるように、むめのさんがいたからこそ
創業が成功したともいえます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

素晴らしい女性

2013/06/02 02:05

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ゆり - この投稿者のレビュー一覧を見る

他の方も書いていらっしゃいますが、
昔風の妻像もありますが、現代にも通じる
素晴らしい女性だと思います。
未婚、既婚、専業主婦でもそうでなくても
このような女性らしさを身につけた
女性でいたいものです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/11/30 22:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/09/22 07:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/05/26 21:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/06/09 12:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/02/27 23:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/11/24 10:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/09/06 09:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/11/15 12:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/03/10 21:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/12/28 10:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/10/13 23:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/10/29 21:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る