サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【HB】人生を変えるきっかけの5冊(~8/21)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 社会・時事・政治・行政
  4. 近代日本の中国認識 徳川期儒学から東亜協同体論まで

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

近代日本の中国認識 徳川期儒学から東亜協同体論まで
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2011.8
  • 出版社: 以文社
  • サイズ:20cm/336p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-7531-0291-4
  • 国内送料無料

紙の本

近代日本の中国認識 徳川期儒学から東亜協同体論まで

著者 松本 三之介 (著)

徳川初期の儒学から「帝国」日本の思想的帰結としての東亜協同体論まで、日中関係の精緻な思想研究の成果に立って、今なおグローバル時代の日本国民の課題である「他者理解」の問題を...

もっと見る

近代日本の中国認識 徳川期儒学から東亜協同体論まで

3,780(税込)

ポイント :35pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年8月11日(金)~
2017年8月17日(木)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

徳川初期の儒学から「帝国」日本の思想的帰結としての東亜協同体論まで、日中関係の精緻な思想研究の成果に立って、今なおグローバル時代の日本国民の課題である「他者理解」の問題を照射する思想史。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

松本 三之介

略歴
〈松本三之介〉1926年茨城県生まれ。東京大学法学部卒業。東京大学名誉教授。著書に「明治思想における伝統と近代」「明治精神の構造」「吉野作造」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

近代日本の危機意識と中国観の変遷の関連が理解できる

2011/12/18 17:06

4人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:萬寿生 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 本書は、ほとんど書き下ろしに近いとはいえ、もともとは「かわさき市民アカデミー」での講義を原形にしたものという。そのためか、概論あるいは総括というようなことのようで、ことさら新しい知見が示されているようではないが、愛憎や敬愛と侮蔑が複雑に交錯する日本人の中国への思い入れが、よく整理されまとめられている。
 江戸時代の儒学と国学の中国イメージから始めて、明治維新以降日中戦争までのそれぞれの時代の知識人たちが中国をどのように捉え、その中国認識がどのような意味をもち、日本の思想にどのような影響を与えたか、整理されたかたちで理解できる。各時代の知識人たちの論説、主張を時代ごとに紹介している。が、さらに、時代ごとの中国観だけでなく西洋のアジア進出に対する日本の危機感にかんし、それらの関連や時代の流れにともなう変化などがおのずと理解できる。中国に対する蔑視観が主流になった状況においても、客観的相対的に日本側自体の問題点を見通していた人々もいる。
 現在においても日本人の中国観には複雑なものがある。政治・経済・文化の全ての面でどのような関係を築き、どのような距離を置いて中国と付き合うかは、難しい問題である。互いに相手をどのように観ているのか、そのように観るのはどうしてか。そのようなことをも理解しておく必要があるが、それにはこの本などによって、過去の歴史を学ぶことが有効である。文頭に述べたことと矛盾するようだが、自己を客観視すること、相対化することの重要性や、それができない原因などがおのずとうかびあがってきている。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/09/09 14:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

日本の外交 ランキング

日本の外交のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む