サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

平成最後の読書一生分プレゼントキャンペーン(~12/9)

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー プレゼントにお困りですか?クリスマスに届けたい一冊 ポイント5倍キャンペーン(~12/25)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

スミスの本棚 私の人生を変えたこの一冊
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 45件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2011.9
  • 出版社: 日経BP社
  • サイズ:19cm/294p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-8222-4868-0

紙の本

スミスの本棚 私の人生を変えたこの一冊

著者 テレビ東京報道局ワールドビジネスサテライト (編著)

第一線で活躍する経営者、文化人、俳優、作家はどんな本を読んでいるのか? 著名人ら42人に座右の書を尋ねる。テレビ番組「ワールドビジネスサテライト」内のコーナーをもとに書籍...

もっと見る

スミスの本棚 私の人生を変えたこの一冊

1,620(税込)

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

第一線で活躍する経営者、文化人、俳優、作家はどんな本を読んでいるのか? 著名人ら42人に座右の書を尋ねる。テレビ番組「ワールドビジネスサテライト」内のコーナーをもとに書籍化。【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

見城徹 見城徹 述 12−19
岩崎夏海 岩崎夏海 述 20−27
谷川俊太郎 谷川俊太郎 述 28−33

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー45件

みんなの評価3.7

評価内訳

紙の本

本は重要だなあ。本好きでよかったー

2012/01/18 22:16

6人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:のちもち - この投稿者のレビュー一覧を見る

テレビ東京「ワールドサテライト」のコーナーで、著名人が推薦する本を紹介するものがある(らしい)のだが、その「まとめ」である。さすが、功なり名をなした方々だけに、紹介する本も、その本に対して語る内容もすばらしい。そもそも、やはりある分野で成功を成し遂げた方は、その分野に限らず、本を読んでいるんだなあ、って改めて。

ふとしたきっかけで読み始めた歴史小説の虜になって、自らも歴史小説家になった方。とりつかれたように、本によって人生を変えてしまった方。子供のころから宇宙が好きだった宇宙飛行士。
それぞれ、本との出会い、本の「活用」方法は異なるけれど、その人の人生において大きな意味のある本、それを持っているんだなあ、って感じた。

(成功しているわけではないけれど)自分には何があるんだろう?少なからず本は読んでいる方だけれども、「これ!」って言われたらはたして?もちろん何冊かは思い浮かぶけれど、それによって「行動」まで変わった、というのはないかなあ。これは本のせいではなくて、本人の行動力のせいだけれども。まあ、これから出会う可能性もまだまだあるしね。

インタビュアー(局アナ?)が、広げすぎず、集中しすぎず、その人の背景と紹介する本をうまく引き出していると感じる。当然、その人の著書はもちろん、本に関する「広い」知識がなければできない仕事ですね。いろんな分野の人がいろんな分野の本を紹介している中で、それについていくだけのミニマムの知識を持っているのは素晴らしいことだと、「脇役」に感動しました。

比較的、古典、外国もの、自己啓発モノ、が多いなあという印象だけれども、小説、というのをあげる方も少なくない。その本の中から、その当時の自らの環境を重ね合わせて「何か」を見出している、そういう印象です。専門職の方は、その分野に遠からぬ本をあげているけれども、経営者の方は「人間」がテーマのものが多いですね。
マーケティングやビジネス、といったものもありましたが、「人」というテーマの本が多く、それをご自身の中の軸に据えていらっしゃる経営者が少なからずいることは、感銘をうけます。そのようなトップがいるからこそ、「正しい」企業活動をされているんでしょうね。

意外にも、ここで紹介されている本を「読んでみよう」という気にならなかった。なんだろ?書評ブログなどで紹介されているものの方が「近しい」気がしました。自分のレベルが変わったら、きっと「読んでみよう」っていう気になるんだろうけど。
「いい本を探す」というよりも、「この方はこんな本を読んで、感動したんだ」という発見が面白い、と思います。


【ことば】...想像力の部分を切り捨てて合理性だけで社会を成立させようとすると、生きづらくなると思いませんか?

理的でありすぎることを危ないと感じていた心理学者ユングの本を紹介した占星術研究家の鏡リュウジさんの言葉です。まさに。自分の周りを見てみれば気づくことだけれど、「組織」になると抜け落ちる点ですね。合理性だけで成立したら、つまらないし、新しいことが生まれない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2016/01/26 21:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/11/09 16:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/11/22 22:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/03/26 00:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/12/16 11:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/08/04 14:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/02/28 10:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/12/11 22:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/04/05 21:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/02/03 00:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/05/16 14:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/12/03 23:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/12/25 21:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/10/15 17:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

本・読書 ランキング

本・読書のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む