サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

BOOK FUN LETTER 2021~好きな誰かに、好きな本のこと、手紙を書いて伝えよう~(~5/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 10件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2011.9
  • 出版社: 岩波書店
  • レーベル: 岩波現代文庫
  • サイズ:15cm/46,314p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-00-603229-6
文庫

紙の本

秘境ブータン (岩波現代文庫 社会)

著者 中尾 佐助 (著)

【日本エッセイスト・クラブ賞(第8回)】【「TRC MARC」の商品解説】

もっと見る

秘境ブータン (岩波現代文庫 社会)

税込 1,210 11pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー10件

みんなの評価3.9

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

神秘の国

2012/01/25 18:08

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:たま3 - この投稿者のレビュー一覧を見る

ブータンと聞いて最初に思うのは、似ている服装。
しかも、その名前がキラとゴというのだから、笑ってします。ゴという服 = つまり呉服?

私は、ひそかにブータン人と日本人は大昔に同じ民族だった?と想像しているんですけど。ところどころに挿入された白黒の写真じゃちょっと不満だ。

でも、この写真がなんだか妄想をかき立てるのだ。どんな色なの?きっとこの空は真っ青に晴れているに違いない!とか・・・。

いいな、いつか行ってみたい!この本に書かれているのは1958年のブータンだ。是非一度、今のブータンを見てみたい!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

幸福の国の知られていなかった時代。

2017/12/27 18:37

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:たけぞう - この投稿者のレビュー一覧を見る

自分の友人にブータンに魅せられた人がいます。
何年か住んだときの話を聞いていたので、親近感から
この本を手に取りました。

誰もブータンを知らなかった昭和33年の探訪記です。
昭和57年の再訪時の様子も、あとがき的に数ページで
触れられていますが、新しいブータン事情というよりも
近代化が始まった程度でとどまっています。

現在、首都のティンプーでは、車も走っているしIT化が進んで
スマホで情報を得る人も多いようです。
お隣のインドや周辺の国々でも同じくですが、インフラ整備は
ITが先行しやすいみたいですね。

だからといってブータン人の気質やお国柄が急に変わるわけでも
ありません。友人から聞いていた話と通じるところがあり、
そうだよねと一人合点しながら読んでいました。

ブータンといえば近代化が進みつつあるのに、あえて発展を
ゆるめて幸福度を高める国という印象がありませんか。
旅番組でも、素朴な場面を積極的に放送していますし。

この探訪記のときで人工65万人。
面積は九州よりちょっと大きいくらいです。
チベットとの国境には七千m級のヒマラヤ連峰がかかっています。

ヤクという牛の一種を飼う家が多いです。牛乳を集め、チーズを作り、
荷物を載せ、人が乗ったりもします。
ミタン牛という小型の半野生種や、馬系のラバなども飼います。

山岳系遊牧民であり、段々畑も持つ農耕民族の面も持っています。
定住という感覚が薄いのも特徴の一つです。
二・三か所の住処を持ち、夏には畑を耕し、寒くなると
移動するという生活です。家は女性が守り、男たちは通い夫という
立ち位置も、遊牧民的な影響があるのかもしれません。

王様だって、城の庭先で平気でテントで寝泊まりします。
実際、王様一族との距離が近いようなのです。

ラマ教の教えは分からないのですが、ブータンでは僧侶を大事にし、
律儀で従順な人たちというのが標準的なブータン人のようです。
あえてボロをまとうのも文化です。
それでいて家の中には蓄えが一年分あるなど、実利的な
人たちでもあります。

ブータンの存在が、何が幸福かを問いかけるきっかけをくれたことは
記憶に新しいです。ブータン人の価値観が見えてくる貴重な一冊です。

それにしても著者はとてもお話好きな感じがします。
電気も電話もない時代です。
よくこれだけの情報を拾ってきたなと感心しました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/10/21 21:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/12/16 14:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/10/29 09:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/11/19 22:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/11/05 19:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/09/29 18:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/10/13 23:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/12/13 14:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。