サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【HB】人生を変えるきっかけの5冊(~8/21)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

三つの秘文字 下(創元推理文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 12件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2011.9
  • 出版社: 東京創元社
  • レーベル: 創元推理文庫
  • サイズ:15cm/313p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-488-20704-5
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

三つの秘文字 下 (創元推理文庫)

著者 S.J.ボルトン (著),法村 里絵 (訳)

トーラは産科医の知識と立場を生かし、やはり島外出身のため警察内で孤立している刑事デーナの捜査に協力する。だが何者かが自宅へ侵入し、血まみれの心臓を残していく。さらに何人も...

もっと見る

三つの秘文字 下 (創元推理文庫)

929(税込)

ポイント :8pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年8月18日(金)~
2017年8月22日(火)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

トーラは産科医の知識と立場を生かし、やはり島外出身のため警察内で孤立している刑事デーナの捜査に協力する。だが何者かが自宅へ侵入し、血まみれの心臓を残していく。さらに何人もの女性の不審な死が浮かびあがり、ついにトーラは単身、ヨットで嵐の海を渡ることを決意する。謎を解く鍵がひそむ島へ向かい、すべてを暴くために!シェトランド諸島の伝説に彩られた戦慄の雄篇。【「BOOK」データベースの商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー12件

みんなの評価3.8

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (8件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

上巻以上の怒濤の展開。息をつく暇もなかった…。

2011/11/25 16:00

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みす・れもん - この投稿者のレビュー一覧を見る

上巻の冒頭で死体を発見した主人公・トーラは、上巻の最後には自分を傷つけようとする者から逃れようと、夫・ダンカンの実家に身を寄せていた。しかし…。そこもまた安全ではないことが、下巻の冒頭で明らかになる。一体、どこまで逃げれば安全だと言えるのだろう。トーラの敵は世界中の何処にでもいるような気分になってくる(実際はイギリスの片隅での事件なのだが)。

心にも身体も傷だらけのトーラ。満身創痍と言ってもよい。謎を追いかけるのはやめようという自分と、追いかけ続けようとする自分と闘ってばかり。結局は後者が勝つのだけれど、何が彼女をそこまで駆り立てるのだろう。「医者」としての良心なのだろうか。それとも…?

上巻では少しずつしか進まなかったように思えるくらい、下巻のストーリー展開のスピードは素晴らしかった。次から次へとトーラを死へと追いやろうとする”者”たち。下巻の途中で謎解きそのものは終わる。けれど、トーラの危機は去らない。そこからまたこれまでにも勝るとも劣らない”冒険”が幕を開ける。ホッと息をつく暇もないくらいだ。

シェトランド諸島に受け継がれる伝説を巧みに物語に織り込んだミステリ。謎解きとしては今一つ追い切れなかった部分もある。ストーリーを追うので必死だった。再読時にはもっと深く読み込めるだろうと期待している。それだけの力を持っていると感じる。

本書の原題は「SACRIFICE」。「生贄」と訳せばいいのだろうか。読み終えた今、そのタイトルの持つ意味がよく分かる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/12/13 23:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/06/09 12:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/11/25 15:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/08/01 22:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/06/14 13:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/10/31 06:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/11/09 22:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/03/20 12:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/12/11 23:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/05/03 13:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/12/19 23:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

創元推理文庫 ランキング

創元推理文庫のランキングをご紹介します一覧を見る