サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

アウトレットブック ポイント4倍キャンペーン(~2/28)

2/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~2/28)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

無影剣 新装版(徳間文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2011.9
  • 出版社: 徳間書店
  • レーベル: 徳間文庫
  • サイズ:15cm/477p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-19-893428-6

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

無影剣 新装版 (徳間文庫 将軍家見聞役元八郎)

著者 上田 秀人 (著)

江戸城中で熊本城主細川越中守宗孝に寄合旗本板倉修理勝該が刃傷に及んだ。大目付の吟味により、勝該は切腹して果てたが、納得しかねた九代将軍家重は吹上庭番支配頭・三田村元八郎に...

もっと見る

無影剣 新装版 (徳間文庫 将軍家見聞役元八郎)

720(税込)

無影剣 将軍家見聞役 元八郎 三

720 (税込)

無影剣 将軍家見聞役 元八郎 三

ポイント :6pt

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

江戸城中で熊本城主細川越中守宗孝に寄合旗本板倉修理勝該が刃傷に及んだ。大目付の吟味により、勝該は切腹して果てたが、納得しかねた九代将軍家重は吹上庭番支配頭・三田村元八郎に刃傷事件の真相究明を命じる。やがて事件の背景に徳川家最大の秘事が潜むことを突き止めた元八郎。しかし露見を恐れた大御所徳川吉宗の非情な決断により、刺客が忍び寄る。壮絶きわまる暗闘のゆくえは。【「BOOK」データベースの商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

異彩を放つ痛快時代劇三田村元八郎シリーズ

2011/09/18 21:37

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ドン・キホーテ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 三田村元八郎シリーズの竜門の衛、孤狼剣に続く第3弾である。タイトルに剣が付いているからと言って、剣豪に関するストーリーではない。竜門の衛では江戸町奉行所の同心、孤狼剣では大岡忠相の家臣、そして今回は吹上御所御庭者支配、そして勘定奉行配下支配勘定道中方という肩書である。

 このシリーズは、すでに完結しているものを改装して再出版しているものである。したがって、ストーリーそのものが大きく変わることはないが、多少加筆修正があるとのことである。

 毎回役が変わることが読者にとってはどうなのかである。上田のシリーズ作品では、通常は同じ役柄であるが、毎回違うのもなかなか面白いものだと思う。その方が活躍の幅が広がることは間違いない。今回もその特徴をよく生かした展開になっている。

 旗本六千石の板倉修理勝該が江戸城中で、刀を抜いて熊本城主である細川越中守宗孝を切り付けて死に至らしめたという大事件が勃発した。忠臣蔵でも有名であるが、城中で刀を抜くだけで厳罰、つまり切腹である。この両家はそもそも近い関係にあったが、なぜこのような刃傷沙汰が起きたのか、真相を探る必要が出てきた。

 そこで三田村元八郎の登場である。この事件の原因を調べに地方に出向くことになる。誰の指示で出向くことになったかといえば、九代将軍徳川家重である。京に寄れば、心強い味方である伏見宮親王がいる。さらに、桜町院にもお目通りをしたこともあり、元八郎の功績は認められている。こういうところはシリーズを最初から読んでいないと分からない。

 大御所である徳川吉宗も健在で、幕藩体制を守るためには何でもやるつもりである。家重のご政道だけではなく、大御所の意向もまだまだ通じる時代である。これらの要素が絡み合い、複雑ではあるが、なかなか楽しめる読み物仕立てになっている。

 上田の小説を読んでいくに従って、城中の刃傷沙汰や将軍と大御所の対立など、江戸時代300年の間には同じような事件が繰り返し起きているのが分かる。勿論、その原因は様々ではあるが、マスメディアなどはなかった時代に、人々はどのように天下の出来事を知るようになったのか、不思議である。瓦版ではその伝播力は多寡が知れているし、スピードも遅い。小説に書かれるような出来事を庶民が知るわけではない。

 それをあたかも庶民の眼で読者に知らせているように書かれているところが何とも面白い。歴史小説が描く時代の描写は時間軸と為政者と庶民の間の距離をかなり短縮していることに気付かされる。この関係は現代とは格段に違っているはずである。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

徳間文庫 ランキング

徳間文庫のランキングをご紹介します一覧を見る