サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

6/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~6/30)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー matching booktree ~今の気分で探す新しい本~ 第二弾 ポイント5倍キャンペーン(~6/30)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ダブル・ファンタジー 上(文春文庫)

アプリで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2011/09/01
  • 出版社: 文藝春秋
  • レーベル: 文春文庫
  • サイズ:16cm/301p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-16-770903-7
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

ダブル・ファンタジー 上 (文春文庫)

著者 村山 由佳 (著)

三十五歳の脚本家、奈津は、才能に恵まれながら、田舎で同居する夫の抑圧に苦しんでいた。ある日、夫の創作への関与に耐えられなくなった奈津は、長く敬愛していた演出家・志澤の意見...

もっと見る

ダブル・ファンタジー 上 (文春文庫)

626(税込)

ダブル・ファンタジー(上)

559 (税込)

ダブル・ファンタジー(上)

ポイント :5pt / 紙の本より67おトク

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

三十五歳の脚本家、奈津は、才能に恵まれながら、田舎で同居する夫の抑圧に苦しんでいた。ある日、夫の創作への関与に耐えられなくなった奈津は、長く敬愛していた演出家・志澤の意見に従い、家を飛び出す決意をする。束縛から解き放たれた女性が、初めてめぐり合う生と性、その彷徨の行方を正面から描く衝撃的な官能の物語。【「BOOK」データベースの商品解説】

【中央公論文芸賞(第4回)】【柴田錬三郎賞(第22回)】【島清恋愛文学賞(第16回)】【「TRC MARC」の商品解説】

掲載中の特集

不倫 小説をテーマに10作品以上をラインナップしています。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー0件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

男と女と彼と私と、何をどう感じるかは一人一人のファンタジー

2011/12/15 17:55

15人中、13人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:空蝉 - この投稿者のレビュー一覧を見る

最初から最後まで性描写が割と多くあくまで現実の、現代小説だったのでずっと表題の「ファンタジー」、つまりファンタジー=幻想という言葉に違和感があったが、終盤になってようやく分かった。
主人公ナツの言う通り、同じ時と場を過ごし互いに心も体も究極的に求め合ったとしても、男と女は、いや、あらゆる人と人とは相手に違う幻想を抱いているのだということだ。
恋愛はファンタジー(幻想)。
相手に「こうしてほしいああしてほしい」という願望を抱き、「こう思われたいこうありたい」という自分の理想を描き、同じように感じていると信じこんでいる愛おしくも愚かしい時間。
二人で描いているはずのファンタジーに実は一人で溺れていることに気がついた瞬間、ひとは相手に、そして恋愛に依存して生きている自分に気がついて急激に冷めていく。

この物語の主人公/奈津のやむことなき恋愛劇はどれもこれもその繰り返しである。

脚本家/奈津は幼児期から自慰を覚えるほどに性的快楽中毒である。
常に誰かと関係を持ち続けなければいられないほど「恋愛依存」体質であり、相手のタイプは千差万別。そのくせ職業柄言葉には敏感で、会話のテクニックをも重視し、常に相手と「対等」であることを望む男勝りな自称サディストである。
だがその反面、虐待にも近い厳格な母の教育の呪縛から成人した今も逃れられず、誰の顔色も伺い「いい子ちゃん」を演じる、そして高圧的な態度にはたちまち硬化しひれ伏してしまう弱い女でもある。

結婚相手とは姉弟のような関係だったがセックスレスな上、仕事に口出しをしてきた夫に嫌気がさし、そんな折、尊敬していた年上の演出家と関係を持つ。傲慢で野獣的な彼に「調教」されることでようやく自分を夫の支配から解放し独り立ちするが、逆に彼に依存しだしたことで捨てられ人格もプライドも崩れ落ちる。これが前半だ。
後半は傷心の奈津がロケ先の香港で偶然出会った高校時代の恋人(先輩)岩井との、ひたすら優しい癒しと性的快楽に溺れる日々に始まる。妻帯者の岩井と「友情のエッチ」を繰り返し、他に恋人がいても許す寛容な彼。対等であったはずがいつしか心まで望むようになった奈津は物足りなさを感じ、今度はホストに坊さんに若手役者にと自分の体を満足させる相手を求めつづける。

彼女は様々な男ととっかえひっかえ関係を持つ。奈津がのめり込むと男は逃げ腰になったり、もしくは男に物足りなさを感じると他に満足させてくれる男と体を求めさまよう。その繰り返しである。
そして彼女を満足させるのも傷つけるのも、どちらも男の支配であり母の呪縛なのだろう。
(野獣的横暴な演出家/志澤はいうまでもなく。草食系の優しい先輩/岩井ですら他の男との情事を許しながらも必ず全部、くまなく報告するよう柔らかに強要している。それに彼女は快感を覚えているのだから)
結局のところ、愚かで愛おしく、哀れな女。どこまでも「女」で「母の娘」なのだ。奈津は。

本文中にも指摘があるように、私も含めて多くの女性が一生「母の娘」であり、一人の女であり、いずれ娘の母になるのだろうと。そしてそれもこの作品の中に隠れたもう一つのダブルファンタジーなのだろうとふと思う。

よく人は人生に二つの家庭を持つという。一つは出生の家。もう一つはパートナーと築く新しい家庭。

けれどこの二人で気づき上げる家庭一つとっても、恋愛や友情にしても、あらゆる人間関係に完全な一致はない。同じファンタジーを見ることは無いのだと、この物語を読んで改めて思うのだ。

たとえば香港にてある映画のロケ跡地を訪れた奈津と岩井の見解の違いがこの物語をオーバーラップしているようで面白い。
映画の主人公である娼婦について、
「女っていう、僕らとはまるきり別の生き物のね。可愛らしさとか哀しさとか、複雑さとか底知れなさとか…そういう全部があの場面に表れていた気がして」と岩井がいえば、女である奈津は同族嫌悪かもしれないけれど、と前置きしながらも
「女の持つ愚かしさにいたたまれなくなった」と言っている。

男が女に描く幻想。女が男に抱く幻想。
全く同じ物を見ているはずなのにけして同じようには感じられない、永遠に一致すること無い物語。
この作品は残念ながら一貫して女の視点(奈津という非常に「淫乱」な女の欲求)のみから、一人の女を中心に様々な男との関係を描いている。
これが例えば男性の視点を取り混ぜながら交互に描かれたらさぞかし興味深い作品になっただろう。
唯一、男の吐露が許されているのが、捨てられていく夫や岩井の奈津へ宛てた手紙文である。
そこには関係を切られまいと必死になっている、それでいて自分が捨てられた側にはなるまいとあくまで優位性をどこかに保とうとする態度がある。

これを女の穿った見方と見るか、男のいじらしさと見るか。
この物語すべてをふくめ、それをどう感じるかは読者一人一人のファンタジーである。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

束縛から解かれたいという女性の気持ちがよくわかる!

2016/02/27 09:13

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ちこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

この作品は、村山由佳氏の代表作です。中央公論文芸賞や柴田錬三郎賞などを受賞した作品でもあります。才能のある女性が、束縛から解放されたいと思う気持ちや、それを実現させてくれる男性に惹かれていくなど、男性とはまた異なった、女性の気持ちや志向がよく表現された作品だと思います。一部に結構低い読者コメントがありますが、私は逆にこれだけ女性の深い心理を堂々と描ける筆者に大きな拍手を送りたい気持ちです。好き嫌いが両極端に分かれる作品という意味では、まだ読まれていない方は、ぜひ、手に取って読んでみてください。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2017/04/15 22:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/10/15 23:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/09/11 09:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/04/16 20:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/11/29 00:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/08/09 01:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/07/05 00:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/05/21 14:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/01/09 15:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/12/13 12:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/10/25 04:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/03/24 16:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/02/20 07:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る