サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

2017年間ランキング

【HB】<丸善丸の内本店+ジュンク堂池袋本店>×hontoブックツリー 大切な人に贈るこどもの本(~1/10)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

彼岸花(光文社文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 11件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2011.8
  • 出版社: 光文社
  • レーベル: 光文社文庫
  • サイズ:16cm/309p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-334-74912-5

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

彼岸花 (光文社文庫 光文社時代小説文庫)

著者 宇江佐 真理 (著)

江戸の小梅村で庄屋を務める家に生まれたおえいは気の強い母親と一家を切り盛りしていた。武家に嫁いだ妹は時折物やお金を無心に実家を訪れる。そんなちゃっかりした妹が許せないおえ...

もっと見る

彼岸花 (光文社文庫 光文社時代小説文庫)

617(税込)

彼岸花

594 (税込)

彼岸花

ポイント :5pt / 紙の本より23おトク

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

江戸の小梅村で庄屋を務める家に生まれたおえいは気の強い母親と一家を切り盛りしていた。武家に嫁いだ妹は時折物やお金を無心に実家を訪れる。そんなちゃっかりした妹が許せないおえいは、ある日母親の不在を理由に妹の頼みを断る。やがて妹の婚家から届いた知らせは—。嫁ぎ先でいじめ抜かれた妹に手を差しのべられなかった姉の後悔を描く表題作など傑作全六編。【「BOOK」データベースの商品解説】

収録作品一覧

つうさんの家 7−59
おいらのツケ 61−110
あんがと 111−158

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー11件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (5件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

つうさんがいちばん

2016/03/21 20:31

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:szk - この投稿者のレビュー一覧を見る

なんといっても『つうさんの家』が一番。老婆おつうとある娘が心を通わせて行くお話。つうさんの心情がたまらない。余韻がありすぎて、思い出せばいつでも泣けてしまうほどの切ない話。切ないけれど、つうさんの小さな望みが叶ったと思えばこの悲しみも乗り越えられるかな。まだ口も上手にまわらないおとちゃんが可愛すぎるでしょ、『あんがと』。『野紺菊』、母も年老いた義母が子供に戻って行く中で、一緒に寝ていた。赤ちゃんのようでかわいいと言っていた。何を想い、老婆は野紺菊を摘んできたのか。表題『彼岸花』は惨く辛い。おたかに合掌。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/11/18 23:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/11/18 01:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/08/21 20:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/04/18 19:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/08/10 17:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/08/22 11:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/01/16 20:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/06/24 05:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/06/03 07:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/06/17 21:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

歴史・時代小説 ランキング

歴史・時代小説のランキングをご紹介します一覧を見る