サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

アウトレットブック ポイント4倍キャンペーン(~2/28)

2/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~2/28)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 社会・時事・政治・行政
  4. 国防・軍事
  5. ワック
  6. 誰も語れなかった沖縄の真実 新・沖縄ノート

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

誰も語れなかった沖縄の真実 新・沖縄ノート
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 10件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2011.12
  • 出版社: ワック
  • サイズ:20cm/208p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-89831-164-6
  • 国内送料無料

紙の本

誰も語れなかった沖縄の真実 新・沖縄ノート

著者 惠 隆之介 (著)

“日本で最も悲劇の島”沖縄の本当の姿とは? 中国の脅威、普天間基地問題、史実に基づいた沖縄歴史を解説。国家の変革、教育の正常化、沖縄有事対応プランの策定といった今後の沖縄...

もっと見る

誰も語れなかった沖縄の真実 新・沖縄ノート

1,512(税込)

ポイント :14pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

“日本で最も悲劇の島”沖縄の本当の姿とは? 中国の脅威、普天間基地問題、史実に基づいた沖縄歴史を解説。国家の変革、教育の正常化、沖縄有事対応プランの策定といった今後の沖縄への提言も掲載。〔「沖縄よ、甘えるな!」(2015年刊)に改題改訂〕【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

惠 隆之介

略歴
〈惠隆之介〉1954年沖縄県生まれ。防衛大学校管理学専攻コース卒業。海上自衛隊幹部候補生学校などを経て護衛艦隊勤務。82年退官(二等海尉)。拓殖大学客員教授、沖縄国際大学非常勤講師。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー10件

みんなの評価4.0

評価内訳

紙の本

沖縄基地問題の核心と琉球の歴史

2011/12/28 11:16

12人中、7人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:としりん - この投稿者のレビュー一覧を見る

 沖縄の普天間基地移設問題は、最早お先き真っ暗!と言っては言い過ぎだろうか。
 仲井真知事の冷淡な態度だけでなく、政府のやり方に対する反対派の反発が激しさを増している。
 移設のための環境影響評価書を、政府は反対派の妨害をかいくぐって未明に沖縄県庁に届ける有様だ。
 そんな中、沖縄出身の恵氏が好著を発表してくれた。帯には、「私は殴り殺される覚悟で本当の沖縄を書いた!」と書かれているが、決して一般の沖縄県民を侮辱するものではない。
 問題が大ありなのは、沖縄の主要2紙、教育界、左翼活動家たちである。
 そして、それに乗じて中国が触手を伸ばしてきている。中国の沖縄乗っ取り工作、日本本土からの分離工作は始まっているのだ。
 来たる道州制の導入について、沖縄県は一県で一州を構成するよう主張しているという。しかし、これはとんでもなく危険なことだ!
 現在、離島の沖の鳥島などは東京都の一部である。それに倣って、道州制へ移行の際には、沖縄も東京都と同一の州とするのが適切なのではないか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/01/18 21:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/07/28 15:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/05/06 19:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/10/05 12:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/06/02 11:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/08/04 10:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/11/22 11:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/08/20 08:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/09/02 17:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

日本史 ランキング

日本史のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む