サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~9/30

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 『~今だからこそ~読んでおきたい50冊』 ポイント5倍キャンペーン ~9/29

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.2 67件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2011.9
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社ノベルス
  • サイズ:18cm/189p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-06-182804-9
新書

紙の本

密室殺人ゲーム・マニアックス (講談社ノベルス)

著者 歌野 晶午 (著)

“頭狂人”“044APD”“aXe”“ザンギャ君”“伴道全教授”。奇妙なハンドルネームを持つ5人がネット上で日夜行う推理バトル。出題者は自ら殺人を犯しそのトリックを解いて...

もっと見る

密室殺人ゲーム・マニアックス (講談社ノベルス)

税込 880 8pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

“頭狂人”“044APD”“aXe”“ザンギャ君”“伴道全教授”。奇妙なハンドルネームを持つ5人がネット上で日夜行う推理バトル。出題者は自ら殺人を犯しそのトリックを解いてみろ、とチャット上で挑発を繰り返す!ゲームに勝つため、凄惨な手段で人を殺しまくる奴らの命運はいつ尽きる!?【「BOOK」データベースの商品解説】

奇妙なハンドルネームを持つ5人がネット上で日夜行う推理バトル。ゲームに勝つため、凄惨な手段で人を殺しまくる彼らの命運はいつ尽きる!? 密室殺人シリーズ第3弾。『メフィスト』連載を書籍化。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

歌野 晶午

略歴
〈歌野晶午〉1961年生まれ。88年「長い家の殺人」でデビュー。「葉桜の季節に君を想うということ」で日本推理作家協会賞、本格ミステリ大賞、「密室殺人ゲーム2.0」で本格ミステリ大賞を受賞。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー67件

みんなの評価3.2

評価内訳

紙の本

問われるのはむしろ倫理観?!ミステリはあくまでも知的なゲームです(机上の)。

2011/12/20 11:41

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:惠。 - この投稿者のレビュー一覧を見る

『密室殺人ゲーム王手飛車取り』、
『密室殺人ゲーム2.0』に続く密室殺人ゲームシリーズ第三弾。


このシリーズの設定のすごい(?!)ところは、
出題者=犯人というとことである。


“頭狂人”“044APD”“aXe”“ザンギャ君”“伴道全教授”という
ハンドルネームを持つ5人が、Webカメラを通して
推理ゲームを楽しんでいる。

しかし彼らのゲームは少し変わっていて、
犯人探しがゲームの目的ではない。
なぜならば、先にも書いたように出題者=犯人なので
犯人は明白だからである。

つまり、出題者は実際に殺人を犯してから出題するのだ。
これはもう机上の空想ではない。

昔どこかで「ミステリは知的なゲームだ」と聞いたことがある。
人殺しがテーマであるが、それはあくまでも想像でのこと。
不必要な凄惨さや血なまぐささは要らない。
故に『そして誰もいなくなった』は絶賛される。

本書で登場する推理ゲームも、知的なゲームではある。
純粋に密室を解きたいという想い。
しかしそのために実際の殺人を犯してしまう。

両者において、「人殺し=知的ゲーム」という等式は変わらない。
ここで問われるのは倫理だろう。

机上の空想のみで終えるのか、
現実の世界で「それ」を起こすのか。
いや、本書内ではそれでもあくまでフィクションなのだけれど。

この危(あや)うい現代では、
現実にこういうことをしてしまう人間がいない、とは言えない気がする。
その危うさが非常に恐ろしい。

ただ、あくまで「知的ゲーム」として本書は非常に楽しめた。
まさかこんな展開になるとは!!と、
予想を超えた結末が用意されていた。

犯人は捕まる。
しかも義賊によって。

この義賊の存在が心を救ってくれた。
さすがは歌野さんだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/11/06 14:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/01/06 13:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/09/20 18:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/02/13 11:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/09/23 14:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/06/19 22:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/04/17 20:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/04/10 21:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/10/29 20:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/12/21 22:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/04/27 22:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/11/03 13:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/04/15 13:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/09/04 09:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。