サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

カレンダーポイント最大10倍キャンペーン(~12/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 新書・選書・ブックレット
  4. 指揮者の役割 ヨーロッパ三大オーケストラ物語

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

指揮者の役割 ヨーロッパ三大オーケストラ物語(新潮選書)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 6件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2011/09/01
  • 出版社: 新潮社
  • レーベル: 新潮選書
  • サイズ:20cm/316,3p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-10-603688-0

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

指揮者の役割 ヨーロッパ三大オーケストラ物語 (新潮選書)

著者 中野 雄 (著)

指揮者は音を出さない。では一体、何をしているのか。指揮者にはどんな能力と資質が必要とされるのか。ヨーロッパの三大オーケストラを舞台に、巨匠と呼ばれる指揮者たちの仕事と人間...

もっと見る

指揮者の役割 ヨーロッパ三大オーケストラ物語 (新潮選書)

1,512(税込)

指揮者の役割―ヨーロッパ三大オーケストラ物語―(新潮選書)

1,123 (税込)

指揮者の役割―ヨーロッパ三大オーケストラ物語―(新潮選書)

ポイント :10pt / 紙の本より389おトク

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS XMDF 無制限
Android XMDF 無制限
Win XMDF 無制限

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

指揮者は音を出さない。では一体、何をしているのか。指揮者にはどんな能力と資質が必要とされるのか。ヨーロッパの三大オーケストラを舞台に、巨匠と呼ばれる指揮者たちの仕事と人間性の秘密に迫る。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

中野 雄

略歴
〈中野雄〉1931年長野県生まれ。東京大学法学部卒業。音楽プロデューサー。LP、CDの制作でウィーン・モーツァルト協会賞など受賞多数。著書に「丸山眞男音楽の対話」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

著者/著名人のレビュー

 中年男性が一度やっ...

ジュンク堂

 中年男性が一度やってみたい職業といえばプロ野球の監督とオーケストラの指揮者と相場が決まっている。多くの人を導くリーダーシップに憧れるのか。しかし指揮者の仕事は演奏会でタクトを振るだけではない。
 まずオケとのリハーサルの時間がまともにとれない。少ない時間で自分の意図した音楽を創造するために腐心する。ましてや音楽監督などに就任すると人事やスケジュール管理にも関わらざるを得ない。華やかな表舞台とは異なりビジネス的要素も求められる激務である。
 そして何より音楽的資質である。同じ曲を同じオケで演奏しても出来がまるで異なるのは各指揮者の楽曲の捉え方による。ましてや一流オケともなると生半可な指揮者はいじめられる。本書にあるVPOの逸話にはさもあらんと納得する一方指揮者の道の困難さを思わずにいられない。
 最近の指揮者は新しい演奏を聴いたという感動がない。コンクール出身の指揮者には年齢を重ねるごとに深まる音楽性の引き出しが乏しいのだ。対談本が出た世界的巨匠も芸大の学生向けの指揮ぶりで教科書的演奏に留まる。大病しても一皮剥けないただの秀才を有難がるようじゃハルキもオンチだな。
  黒書店員 D

みんなのレビュー6件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

わが偏愛のコンサートマスター、ヘルマン・クレバースについて詳説

2011/11/15 11:12

6人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:あまでうす - この投稿者のレビュー一覧を見る




欧州の三大オーケストラ、すなわちウイーン、ベルリン、コンセルトヘボウを中心に指揮者に課せられた役割について論じる著者の言葉は、夥しいライブの鑑賞者、世界の楽壇との交流、そして長年にわたるレコード企画製作者ならではの実体験に基づいているだけに、凡百の音楽ひょうげものの言説と違ってきわめて含蓄に富む。

冒頭、筆者はマエストロ(巨匠)と呼ばれてその生涯を全うするためには、1)強烈な集団統率力2)継続的な学習能力3)巧みな経営能力4)天職と人生に対する執念の4つの条件が必要であると説くあたりは全く当たり前の話ではないかといささか鼻白んだが、個々具体的にオケや指揮者の実態を鋭く抉りだすに至って語りはぐんぐん熱を帯び説得力を増す。

上記の4つをクリアーしているからといって指揮者の音楽性の高さの証明には全然ならない。その好例が小澤征爾であり、彼がウイーン国立歌劇場の音楽監督に就任できたのはトヨタが毎年拠金している四十億円!の貢献への見返りではないかという説は、楽壇の裏事情に暗い私にも充分に頷ける。

彼のウイーンフィル新年コンサート上演に際しては、いくらあがいてもウイーン訛りの音楽が出来ず、リハーサルで某コンサートマスターに手取り足取り教えてもらった、という噂もむべなるかな。その無惨な演奏を記録したCDがわが国では何故かベストセラーになったそうだが、近来あれくらい凡庸なコンサートもなかった。

小澤の師は斎藤秀雄だが、彼の指揮法は父秀三郎の英文法解釈を音楽に適用したもので、音を名詞や動詞や形容詞などと同じように細分化された音素に還元し、その音素の特性を演奏に反映しようという要素還元主義に立脚している。だからひとつひとつの音は音符通りに正確無比に表現されるが、音素と音素が連鎖して展開する音楽の有機的な流れの精神的な意味は等閑視される。福岡伸一の生命論を援用すれば、音楽は流れの中の淀みにあり、その音楽を微分積分して分けることは、音楽を殺すことになる、のである。

もちろん小澤とて再現音楽の本質が指揮者の脳内に確立されたその曲のイデアにあることは熟知しているのだが、いかんせん彼の前頭葉で生産された音楽像自体が貧弱な代物なので、それをいくら世界一の音楽テクノクラート(例えばサイトウキネンやN響)が精巧無比に再現してもなんの芸術的感銘も放射せず、いたずらに空虚な音塊に堕すのである。

ああ、またしても脱線してしまった。が、本書は珍しくもメンゲルベルグの衣鉢を継いだコンセルトヘボウの名指揮者ベイヌムやハイテインク、そしてわが偏愛のコンサートマスター、ヘルマン・クレバースについて詳説し、彼らの音楽について新しい光を当てた労作である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/12/08 07:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/10/25 22:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/12/31 14:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/07/15 21:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/02/12 11:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る