サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~9/30

※0時~ 本の通販ストア OP 3%OFFクーポン(0923-24)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 64件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2011.9
  • 出版社: 新潮社
  • サイズ:20cm/147p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-10-466905-9

紙の本

不愉快な本の続編

著者 絲山 秋子 (著)

女と暮らす東京を逃げ出した乾。新潟で人を好きになり、富山のジャコメッティと邂逅し、そして故郷・呉から見上げる、永遠の太陽—。不愉快な本を握りしめ彷徨する「異邦人」を描き、...

もっと見る

不愉快な本の続編

税込 1,320 12pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

女と暮らす東京を逃げ出した乾。新潟で人を好きになり、富山のジャコメッティと邂逅し、そして故郷・呉から見上げる、永遠の太陽—。不愉快な本を握りしめ彷徨する「異邦人」を描き、文学の極点へ挑む最新小説。【「BOOK」データベースの商品解説】

女と暮らす東京を逃げ出した乾。新潟で人を好きになり、富山のジャコメッティと邂逅し、そして故郷・呉から見上げる、永遠の太陽−。不愉快な本を握りしめ彷徨する「異邦人」を描く。『新潮』掲載を書籍化。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

絲山 秋子

略歴
〈絲山秋子〉1966年東京都生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業。「イッツ・オンリー・トーク」で文學界新人賞、「袋小路の男」で川端康成文学賞、「沖で待つ」で芥川賞を受賞。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー64件

みんなの評価3.5

評価内訳

紙の本

だめんず・乾に惹かれる。

2012/01/24 09:14

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:チヒロ - この投稿者のレビュー一覧を見る

ヒモで、ウソつきで金貸しの乾くん。
相手をみて、ご無沙汰の理由を「刑務所でパイプ椅子造り」もしくは[フランス留学」のどちらかを使い分ける乾くん。
金貸し相手のイサオにくっついて新潟へ来ちゃった乾くん。
初めて心から好きになった彼女に、実は変態プレイが好き(と言うかそれしかできない)と言えず悩む乾くん。

いいかげんそうで、女の子にはヘンな下心なく優しいのはかなり繊細なハートの持ち主だから?

新潟で傷つき、富山で見切りをつけ、久しぶりに故郷広島へ帰るのだけど・・・

実際、新潟で私は乾くんと同じ感覚に陥った。
「山が南で海が北ということが頭と体でわかっていても、心の底から納得はできないんだ」
そうなの。
南に向かっているのになぜか北上しているような感覚。

海を背にして建っている町は、太平洋側の人間には、すぐに修正できそうもない不思議な違和感がある。
そういう町で結婚しちゃったのです、乾くんは。

主人公・乾くんのモノクロームで語られるお話は、さすがフランス帰りの乾くんらしく、
なぜか外国文学風なたたずまい。
絲山さんのセンスが光りました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

講演会と読書会で絲山さんご本人に会いました。

2017/12/27 13:57

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:たけぞう - この投稿者のレビュー一覧を見る

大変幸運なことに、ご本人による講演会と、抽選に当たって
ご本人同席の読書会に参加できました。嬉しかったです。
今年の運を使い果たしたかもしれませんが。

読書会参加にあたり、まずは自分の考えをまとめました。
この書評の前半です。最後に、この本について絲山さんから
聞いたことを補足します。

まずは本の内容についてです。
二人称の独り語り小説です。読者は聞き役です。
自らを嘘つきと言い、女にしがみついて生きている人間です。
ある女に惚れていっぱしの男ふぜいになったつもりが、半端者に
過ぎなくて粗末に扱われ、大人になりきれなかったクズ男です。

途中でライ麦畑でつかまえてと共通する部分に気がつきました。
だから後日談的なところが、不愉快な本の続編なのかもと
思いました。

巻末には、全六章に紐づけられた参考文献が掲げてあります。
暗にそれらが各章の元になっているようには読めるのですが、
どの本も不愉快な本という感じではないです。
しかもライ麦畑は入っていません。

一気読みするくらい本文に惹きこまれたのですが、参考文献を
一冊しか読んでいなかったので、背景部分はつかみきれて
いません。ちょっと残念ですが。

それでも、第一章「生まれる」に関係するカミュの異邦人は
読んでおり、ちょっと違う視点で読めました。

芋虫がポトリと古井戸の格好をしたこの世に落ち、
それがボクの誕生であって生まれ落ちたこの世は
絶望的に暗かったのです。
自分の常識で理解できない暗さとは、逆に向こうから見れば
異国人のようなわけの分からないやつということです。

第一章はこう結ばれています。
>ほんとはどういう人間なのかと聞かれたら、不愉快な本の
>続編みたいなもんでしたってはぐらかすかもしれないね。
>それでも、芋虫の割にはがんばったんじゃないの。

馴染めない世界での自己中心的なふるまいが、クソ野郎の
生き様のあちこちで出てきます。
たかり、もたれかかり、あまったれた人生。
しかし暴力に訴えるわけではなく、他人との心の距離感が
価値観のずれとなり行動の端々で出てしまっている存在です。

心を通じ合わせる人を見つけようと、どこかで思っている
ふしがあります。ちょっとした仕組みで脅し気味に簡単に
他人に近づけるのに、心が離れていく現実を気がつかずに
生きています。
あるきっかけで心が近づいたと思ったのに、その先にあったのは
思い違いという人間心理の難しさを、滑稽に笑い飛ばそうとする
姿に悲哀を感じます。
情けないです。

幸福とは何か、心のつながりとはどういうことかを訴えかける物語です。
最後の一文だけはどうしても分からなかったのですが、
心につめ跡を残す一冊でした。

講演会・読書会での気づきと、絲山さんにお会いした話を書きます。

講演会では、地方都市で小説を書くということ、どうやって書いているか、
これからどうしていくかなどを話されました。
そして、最後の一文だけはどうしても分からなかった、意図を教えて
ほしいと聞いたら、主人公の言葉がそう聞こえたからという答えでした。
絲山さん自身も分からないとのことでした。

仏師が仏像を彫る時に、木から取り出すだけだと言う表現を
聞いたことがあると思いますが、小説を書くことも同じ感覚だそうです。
だからこそのラストのセリフです。何だか大切なことを聞けた気がします。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

絲山秋子「不愉快な本の続編」はまたまたラストがとんでもない!

2011/12/01 19:46

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:オクー - この投稿者のレビュー一覧を見る

 いやぁ、絲山秋子、スゴいなぁ。いったいどこに向かおうとしてるの
だろう、この人。冒険する作家というか挑戦する作家というか。皆さん、
当然、タイトルにも心ひかれるでしょうが、6つに分かれた各編に付い
ているサブタイトルが意味深だ。「生まれる」「取り立てる」「好きに
なる」「盗む」「佇む」「入る」だって。ううむ。この物語、主人公で
ある乾って男が東京、新潟、富山、そして、故郷の呉へとめぐり行く話
だ。乾は自分のことを「生まれながらのヨソ者」と呼ぶ。フランスに留
学していたらしいのだが、取り立てをやったり、なんだかヘンな男なの
だ。ヘンなヤツだが、けっこうカワイイ。この話、乾の一人称で書かれ
ているが、少々軽みのあるその文体がこの男をさらにつかみどころのな
い人間に仕立て上げている。

 「好きになる」は新潟が舞台で、彼はユミコという女と出会い、なん
と結婚までしてしまう。この2人の関係がすこぶるおもしろい。その結
末も愉快だ。舞台を富山に移した「盗む」では、乾が言葉通りの行動に
出ちゃう。それもなんと…。「生まれながらのヨソ者」はいったいどこ
にたどり着くのか?そう思って読み始めたラストの「入る」。あららぁ、
こういうことをしちゃうのね。本当に困った人だなぁ、絲山さん。自分
の小説をどうしようとしてるの??

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/11/20 17:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/01/26 20:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/02/26 20:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/12/15 22:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/01/04 12:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/05/17 23:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/08/29 18:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/10/01 18:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/10/17 18:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/03/27 16:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/03/18 09:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/12/09 17:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。