サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】カレンダー全品ポイント5倍キャンペーン(~10/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 小説・文学
  4. バット・ビューティフル

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

バット・ビューティフル
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 19件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2011.9
  • 出版社: 新潮社
  • サイズ:20cm/281p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-10-506311-5
  • 国内送料無料

紙の本

バット・ビューティフル

著者 ジェフ・ダイヤー (著),村上 春樹 (訳)

【サマセット・モーム賞(1992年度)】酒、ドラッグ、哀しみの歴史に傷つき、自ら迷路をさまようミュージシャンたち。だが彼らの人生には、それでも美しいジャズの響きがあった−...

もっと見る

バット・ビューティフル

2,052(税込)
本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年9月22日(金)~
2017年9月28日(木)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

【サマセット・モーム賞(1992年度)】酒、ドラッグ、哀しみの歴史に傷つき、自ら迷路をさまようミュージシャンたち。だが彼らの人生には、それでも美しいジャズの響きがあった−。レスター・ヤングをはじめ伝説的プレイヤーたちの姿を、想像力と自由な文体で描く。【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

楽器が宙に浮かびたいと望むのなら 21−45
もしモンクが橋を造っていたら 49−78
ここはまるで降霊会のようだよ、バド 83−104

著者紹介

ジェフ・ダイヤー

略歴
〈ジェフ・ダイヤー〉1958年英国生まれ。オックスフォード大学で英文学を学ぶ。作家・批評家として先鋭的な小説やノンフィクションを発表。「バット・ビューティフル」で1992年度サマセット・モーム賞受賞。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー19件

みんなの評価3.9

評価内訳

紙の本

これはまた、なんという凄惨な人生だろう。それにしても、その演奏のなんと美しいこと。

2015/02/14 14:40

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:abraxas - この投稿者のレビュー一覧を見る

村上春樹作の小説より、彼が翻訳したものが好きだ。特にチャンドラーと「ジャズ関係本」は必ずといっていいほど目を通す。一昔前、植草甚一氏が果たしていた、ニュー・ヨークの本屋やレコード店をめぐっては見つけてきた本その他の話題を日本の読者に紹介するという仕事を、今やっているのが村上春樹なのだろう。彼がいなかったら、邦訳すらされなかったものが少なくない。これもその一つ。

著者によれば「想像的批評」というジャンルになるそうだが、平たく言えばジャズ・ミュージシャン七人のポルトレ(評伝)である。どこが「想像的」なのかといえば、著者は伝記的事実を尊重しつつも、方法としては、ミュージシャンの写真を前にして想像をめぐらせ、頭の中に浮かび上がってきた映像を文章化してゆくという。その結果、セロニアス・モンクとバド・パウエルが麻薬不法所持で警官に逮捕される有名な場面が、車から投げ捨てられ、水溜りに浮かぶヘロインの袋にいたるまで、著者自身その場で目撃していたようなタッチで描かれることになる。

レスター・ヤング、セロニアス・モンク、バド・パウエル、ベン・ウェブスター、チャールズ・ミンガス、チェト・ベイカー、アート・ペパー、いずれ劣らぬ名手七人の肖像写真を収めるギャラリーの壁にあたるのが、ワンナイト・ギグの演奏会場に向けて車を走らせるデューク・エリントンが車中で曲の構想を練る場面のエピソードだ。ジャズの代名詞ともいえるデュークと長年の相棒ハリーの気のおけない会話が、いずれも個性の強い、どちらかといえば破滅型のミュージシャンたちが繰り広げる人生の一幕の色彩を浮き上がらせる役割を果たしている。

ノンフィクションとフィクションが垣根を越えて行きかうような描写は、まるで短篇小説を読んでいるようだ。これのどこが「批評」なのかと疑問を覚えた読者は「あとがき」を読んで納得するにちがいない。ジャズ・ミュージシャンは、常に先行するミュージシャンの音をなぞるように演奏する。たとえば、マイルズはディジーのように吹こうとした。ところが、ディジーのトレードマークである高音部の跳躍を持続させることができなかった。それがあのマイルズの「孤独な背筋が寒くなるほど美しいサウンド」をもたらしたのだ。演奏自体が批評行為である、というのが著者の見解である。

それにしても、ジャズ・ミュージシャンという人種は、なぜこんなにも破滅的な人生を送らなければならないのだろう。描かれる人々は、どれも麻薬中毒やアルコール中毒患者、さらには精神を病んで精神病院に入院した経歴を持つ。早死にした者も多い。著者が選んだミュージシャンに偏りがあるとは思えない。「あとがき」で著者も書いているように、これがジャズ・ミュージシャンなのだ。一晩のギグのために、全精力を傾けての演奏。それも、インプロヴィゼーション(即興演奏)がその中心となるだけに、気を抜けるところがない。クスリやアルコールに頼りたくなる気持ちも分かるというもの。

表題『バット・ビューティフル』は、スタン・ゲッツとビル・エヴァンスの名演奏で知られる曲だが、あるサックス奏者のどうしようもない生活、その生き方の破滅的な様相を前にして、なおかつその演奏を耳にした女が漏らすひとことでもある。村上春樹氏も訳しながら、彼らの演奏を聴いていたというが、この七人にデューク・エリントンを含めた七人+αの演奏を聴きながらページに目を落とすとき、知らず知らずのうちにあなたも口にしているだろう。彼らの人生はなんと凄惨なんだろう。「けれど、その音楽はなんと美しいことか…」と。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

著者が勝手に空想してでっちあげた8つのショート・ショート・ストーリー

2011/11/02 21:01

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:あまでうす - この投稿者のレビュー一覧を見る

レスター・ヤング、セロニアス・モンク、バド・パウエル、ベン・ウエブスター、チャールズ・ミンガス、チェト・ベイカー、アート・ペパー、そしてデューク・エリントンにイタコのように成り変わって著者が勝手に空想してでっちあげた8つのショート・ショート・ストーリーである。

一読するにその出来栄えはいまいちであり、どの物語も薬と妄想と狂気と精神錯乱に満ち溢れている点でまったく同質のあがりのように思われ、読んでいてかなり退屈だが、門外漢の私がそんな悪口を言っても、ジャズ気狂いの著者は意に介しないだろう。

こういう史伝というか伝記的物語は、目を晒しながらミュジシャンの音が聞こえてくるようでなければ失敗作と決めつけられても仕方あるまい。しかし本編はともかく、ジャズの歴史と本質について見事に要約したあとがきは短いが読み応えがあった。

村上春樹による翻訳は小説と違ってこなれておらず、読んでギクシャクする箇所がある。彼は「これは世にあまたあるジャズ関係本とはひとあじ違う「想像的批評」だ」などと高く評価しているようだが、こんなイタコ本を翻訳する暇があるなら、もっと本職の小説をじゃんじゃん書いて早くノーベル賞を取っとくれ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

それでも、美しい…とは、なんとも美しいタイトル。

2011/12/06 14:04

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:アヴォカド - この投稿者のレビュー一覧を見る

これがどういう本かについては、訳した村上春樹さんのあとがきを読めばわかる。
ペーパーバックの裏表紙に印刷してあったという、キース・ジャレットの推薦文にあるように「『ジャズに関する本』というよりは『ジャズを書いた本』」である。

解説でも批評でもないし、ディスクガイドでもない。それぞれのミュージシャンの評伝というのとも違う。
それぞれのミュージシャンたちの人生の一片を、事実に即して取り出し、浮き上がらせているのだが、むしろ味わいは小説のようだ。
章と章の間に挟まれたストーリーが、そう思わせるのかもしれない。面白い構成。

それにしても、村上氏の訳したものを読むたび、優れた翻訳というのは、翻訳者が透明人間になっているものじゃなかな、と思う。
読んでいるうちに、翻訳者は見えなくなって、直接著者から話しかけられているような気分になる。

読みながら、或いは読んだ後、そのミュージシャンの曲が聴こえるような、そして聴きたい!という気になる。ここには確かに音楽が流れている。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/10/27 14:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/10/17 11:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/01/22 14:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/12/05 10:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/11/27 00:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/10/11 20:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/07/18 23:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/05/29 22:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/02/13 21:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/10/05 13:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/12/03 21:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/02/05 12:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

英米 ランキング

英米のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む