サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~3/31

読書一生分プレゼントキャンペーン ~5/31

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 12件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2011/09/01
  • 出版社: 白水社
  • レーベル: 白水Uブックス
  • サイズ:18cm/295p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-560-07176-2
新書

紙の本

オレンジだけが果物じゃない (白水Uブックス 海外小説の誘惑)

著者 ジャネット・ウィンターソン (著),岸本 佐知子 (訳)

狂信的なキリスト教徒の母から特殊な英才教育を受けて育ったジャネットは、幼くして説教壇に立つようになる。しかし、初めて恋を知った彼女には、恐るべき“受難”が待っていた…。奇...

もっと見る

オレンジだけが果物じゃない (白水Uブックス 海外小説の誘惑)

税込 1,760 16pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

狂信的なキリスト教徒の母から特殊な英才教育を受けて育ったジャネットは、幼くして説教壇に立つようになる。しかし、初めて恋を知った彼女には、恐るべき“受難”が待っていた…。奇想とアイロニーに満ちた半自伝的小説。ウィットブレッド賞最優秀処女作賞受賞作。【「BOOK」データベースの商品解説】

【ウィットブレッド賞最優秀処女作賞】狂信的なキリスト教徒の母から特殊な英才教育を受けて育ったジャネットは、幼くして説教壇に立つようになる。しかし、初めて恋を知った彼女には、恐るべき「受難」が待っていた…。奇想とアイロニーに満ちた半自伝的小説。〔国書刊行会 2002年刊の再刊〕【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

ジャネット・ウィンターソン

略歴
〈ジャネット・ウィンターソン〉1959年イギリス生まれ。「オレンジだけが果物じゃない」でウィットブレッド賞受賞。ほかの著書に「さくらんぼの性は」「灯台守の話」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー12件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (4件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

強烈で味わいのある母娘関係

2011/10/12 23:57

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:wildcat - この投稿者のレビュー一覧を見る

本書は、著者であるジャネット・ウィンターソンの半自伝的な処女作である。

著者紹介から一部引用してみる。

「1959年、イギリスのマンチェスターに孤児として生まれる。
カルト的なキリスト教の一派を信仰する労働者階級の養父母により、
説教師になるべく特殊な教育をほどこされて育つが、
15歳の時、女性との恋愛関係によって人生が一変。
家も教会も追われ、さまざまな職を転々としながら生計を立て、
独学でオクスフォード大学に入学した。」

かなり壮絶な半生だ。

この半生を描いたら湿り気があり重くなりそうなのだが、
読後感はまったく違った。

どこかからっとした明るさがあるのだ。

特異な環境で、強烈な個性を持った母親の下で育ったおかげで、
学校でもかなり浮いた存在だった彼女の居場所は、
同じ信仰の仲間たちの中だけだったといってよい。

女性との恋愛が発覚し、その場所から追われることになって、
家を出て生きた日々で、孤独に耐え、心の成長があったことだろう。

その独学の日々を経たからこそ、この作品が生まれたのだろう。

歴史に対する見方の鋭さや愛に対する考え方にははっとさせられ、考えさせられる。

-----

物語とは、世界の謎を解き明かしながら、世界を謎のまま残す術、
時のなかに封じ込めてしまうのではなく、生かしつづける術だ。

一つの物語を百人が語れば、百通りの物語ができあがる。

(p.155)

-----

歴史はしばしば過去を否定するための手段となる。

過去を否定するということは、つまりは過去を勝手に作り変えるということだ。

型にはめ、形を変え、加工し、エキスを抜きとり、
変わり果てた姿になったのを見て、やっと満足する。

わたしたちは多かれ少なかれ、みな歴史家だ。

(p.156)

-----

でもわたしはいまだに落ちつけない。

火のような激しさで死ぬまで愛してくれる誰か、愛は死よりも強いと知っている誰か、
永遠にわたしの側にいてくれる誰かを探しつづけている。

わたしを壊し、わたしに壊される誰かを。

愛情にはいろいろな形があって、
一生を共にしながら、互いの名前すら知らない人たちもいる。

名前とは本質、名前とは力。

正しい名前を知るのは、困難で時間のかかる作業だ。

でも嵐の夜、あなたを呼んで、家まで導いてくれるのは誰だろう? 

あなたの名前を知っている人だけだ。

(p.P277)

-----

これらの見解は親元にずっといたのでは生まれず、
おそらくは、特異な環境で育って、
そこを出なければならなくなり外から見るようになったからこそ生まれたのだと思う。

細やかに描かれているのは、家を追われてからの日々ではない。

家を出るまでのこと、
そして、何年か経って、クリスマス休暇に家に戻ってくるときのことなのだ。

家を出てからのことは、心の軌跡を表現するかのようなおとぎ話のような挿話が印象的である。

彼女の育った環境は独特なものがあるが、母と娘の関係については、
多くの母と娘の関係と共通するものを感じる。

強烈な母親であるが、彼女は決してこの人を徹底的に嫌うことはできないのだろう。

愛情を持って描いているようにも思う。

だから、読者もこの母親を嫌ったり憎んだりする気持ちにはならない。

娘にどこまでも影響を与え続けた人なのだ。
(実際に、他の作品にも登場するそうだ。)

タイトルの「オレンジだけが果物じゃない」も
この母親の言葉から来ている。

オレンジがどういう存在としてこの作品に登場するのかを味わうと
このタイトルは非常に味わいがある。

母親との関係を表現したものとも思えるのだ。

処女作にはその人のエッセンスがすべて入っているというのは本当だ。

ジャネット・ウィンターソンは2冊目だが、そのように強く感じた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/12/07 16:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/02/20 23:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/07/28 10:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/10/25 16:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2022/03/18 16:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/12/24 17:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/10/30 14:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/09/16 21:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/07/08 22:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/12/31 15:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/09/04 11:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。