サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年5月)

5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 新書・選書・ブックレット
  4. 物理数学の直観的方法 理工系で学ぶ数学「難所突破」の特効薬 普及版

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

物理数学の直観的方法 理工系で学ぶ数学「難所突破」の特効薬 普及版(ブルー・バックス)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 26件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2011.9
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: ブルー・バックス
  • サイズ:18cm/300p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-06-257738-0

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
新書

紙の本

物理数学の直観的方法 理工系で学ぶ数学「難所突破」の特効薬 普及版 (ブルーバックス)

著者 長沼 伸一郎 (著)

ベクトル解析、フーリエ変換、複素積分など、数学を学ぶ人の前に立ちはだかる「10の難所」をカバー。大胆なイメージ化により、難解な概念や数学的手法をわかりやすく解説する。〔初...

もっと見る

物理数学の直観的方法 理工系で学ぶ数学「難所突破」の特効薬 普及版 (ブルーバックス)

1,166(税込)
30%OFF 5/4まで

【期間限定価格】物理数学の直観的方法 〈普及版〉 理工系で学ぶ数学 「難所突破」の特効薬

通常 1,123

786 (税込)

【期間限定価格】物理数学の直観的方法 〈普及版〉 理工系で学ぶ数学 「難所突破」の特効薬

ポイント :7pt / 紙の本より380おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ベクトル解析、フーリエ変換、複素積分など、数学を学ぶ人の前に立ちはだかる「10の難所」をカバー。大胆なイメージ化により、難解な概念や数学的手法をわかりやすく解説する。〔初版:通商産業研究社 1987年刊〕【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

長沼 伸一郎

略歴
〈長沼伸一郎〉1961年東京生まれ。早稲田大学大学院中退。パスファインダー物理学チーム代表。著書に「一般相対性理論の直観的方法」「無形化世界の力学と戦略」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー26件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (12件)
  • 星 4 (7件)
  • 星 3 (4件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

イメージとして捉える数学

2015/12/24 06:58

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:タヌ様 - この投稿者のレビュー一覧を見る

優れた教師に出会った方、あるいはこういうものがあっさり身についている方には当たり前なのかもしれない。
 私には数学部分だけで物理関連部分はパスなんだけど、今でもこの本の特定のページのイメージがしっかり頭に残っている。
普通の数学の本であればまさに最初のとこ、入口をなるほどと、なぜかイメージとして頭に残すように書いておられるのだ。
 後日になって見返してみれば、そらそうだなんだ、ここし分からないとどうしようもないとこをなのである。
 でも不幸にして、さらっと字ずらだけで頭に浮かぶものが無いまま進んでしまったりすると、イメージとしての捉え方がうまくいかなかったことになり、数学の構造として掴めないまま、ただ演算の慣れや証明の暗気になってしまう。分かったという実感がないまま、数学として扱えることができなくなり、演算処理するだけになってしまう。
 そのイメージ化をいまいちどやってくれる、そういう本である。優れた教師に恵まれなかった後同系の方、これから大学への方にお勧めする。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/01/10 21:54

投稿元:ブクログ

物理の授業って、式の誘導をしてる時に何が目的なのかさっぱり分からなくて、いつも不満でした。この本みたいに教えてくれたらよかったのに。。と思わされる内容。
教養とか専門基礎の授業を受けているときにこの本を読んでいたらなぁ。でも当時はあんまり勉強に時間を割かなかったから、この本があっても結局積読だったかも(笑)

2011/09/24 18:13

投稿元:ブクログ

2011/9/24 メトロ書店御影クラッセ店にて購入。
2011/12/1〜12/13

学生時代に名前だけは知っていたが,見たことがなかった本書。ブルーバックスで刊行されたのを見て買ってみた。
大学にはいってすぐ,厳密な定理の証明を延々繰り返されてさっぱり数学がわからなくなったことを思い出した。この本を当時読めていればもう少し違った道があったかもしれない。いくつかの点については非常に良くわかったけれど,やっぱりわからないものも沢山ある。まあ,数学から離れてかなりたつので仕方ないか。
 でも,今現役で学んでいる学生さん達にはおすすめである。

2011/12/03 09:07

投稿元:ブクログ

「物理数学の直感的方法〈普及版〉」長沼 伸一郎
ブルーバックス・数学。
通商産業研究社から1987年に初刊刊行されたものの普及版。

ベクトル解析、フーリエ変換、複素積分などの物理数学の持つ意味を直観的に解説。非常に噛み砕いて説明してくれる参考書。
物数って、意味を把握してなくてもテクニックとして覚えてしまえばある程度は問題なかった気がする。
そもそもテクニックとして使える、というかテストで点取れるまでが大変で…

数学もイメージで意味を捉えた方が、物理の問題とつながったときにとても面白い。と思う。
ただ、この本を読んで直観的理解をしても、演習で身につけなければいけないのは変わらないだろうな。

個人的には、複素積分とフーリエ変換の章は学生時代に読んでいたかった!
線形代数とラプラス変換についても書いてほしい…
ベクトル解析と解析力学の章は、自分の理解の仕方で合ってたって感じ。
熱力学の章はこの本で読んでももやもや分からない… やっぱり苦手。統計力学も苦手。

これはぜひ物理やってる学生さんは読むべきだと思います。目を通してるか通してないかで、全然理解の容易さが違う。
おすすめ。(5)

2013/05/03 08:26

投稿元:ブクログ

学部生の頃に出会いたかった一冊。
とはいえ、もし当時手に取っていても理解できず、今だからどれもなるほどと思いながら読めたのかもしれない。
ただただ式変形だけ、丸暗記だけで終わってしまいがちな数式の意味するところを、タイトル通り「直観的」に理解させてくれる素晴らしい本でした。

2011/09/25 15:21

投稿元:ブクログ

著者は早稲田の応物のOB!
物理数学の基礎と熱力学・解析力学の概念を、かなり簡潔にまとめてある。

なかなか内容はしっかりしており、読み応えがある。ただこれだけで学習するのには向いてないか。

2012/01/30 23:19

投稿元:ブクログ

 何を学ぶにしても、全体像を理解し、個々の内容について具体的なイメージを持つというのは大変重要なことです。しかしながら、物理数学は定石となる公式の運用に終始しがちで、一応の計算は出来るけど、結局、何をやっているかピンとこない、となりがちです。

 本書はタイトルのとおり、物理数学の重要な論点について、読者に対して、あれやこれやの手段で、具体的なイメージを喚起しようとするもの。抽象的な専門書に格段と取り組みやすくなること、間違いないと思う。また、学部の授業のアプローチも本書と極めて近いものだった。良い教育機会を与えてくれた出身校の学科・教官に感謝したい。

 私の場合、通商産業出版社から刊行された自費出版版に引き続き、普及版となるブルーバックス版を購入して二冊目です。

2014/10/02 00:46

投稿元:ブクログ

幾つかのテーマを取り上げ、これまでの教科書とは違う見方を提供している。学びとしては面白いが研究法としてはいかがなものか。私にはそれほどの名著とは思えなかった。歴史的な記述は素晴らしい。

2011/12/12 10:34

投稿元:ブクログ

新着図書コーナー展示は、2週間です。
通常の配架場所は、1階文庫本コーナー 請求記号:408//B59//1738

2011/12/08 15:58

投稿元:ブクログ

 物理数学をとっつくにあたって立ち読みして面白そうだったので購入。
この手の本の中では最も古く、かつ最もまとまっていると各所でレビューされていたが、比較的そのような印象を受けた。

 それよりも個人的には「やや長めの後記」に非常に感銘を受けた。三体問題(2つの天体における位置の計算は容易だが、3つ以上の天体の位置を計算しようとするととたんに難しくなる)に端を発して、ここ300年程度の人間社会の振る舞いを作用マトリックスで説明しようとしており、あまりに細分化しすぎること、その細分化したものだけを考えることへの警鐘が鳴らされている。

 細分化によって失われる、全体の不可分な性質は普段から気をつけているのだが、行列で考える事でなんとシンプルに表現できたことか、と目から鱗であった。

 ぜひ理工系の学生には一読してもらいたい、と一理工系の学生として感じた。

2013/10/02 00:51

投稿元:ブクログ

http://www.bookclub.kodansha.co.jp/bc2_bc/search_view.jsp?b=2577380

2012/07/21 11:18

投稿元:ブクログ

物理数学を数式だけではなく、直感的に理解させようとする本。

微積、線形代数、複素関数、フーリエ変換、熱力学、解析力学などを扱っている。ブルーバックスの新書サイズなので、若干紙面が狭い気がした。

分かりにくいことを、直感化して分かりやすくするのはよいと思うが、若干古くなってきたかなとも思う。以前に比べて、この分野の良書が増えてきていると思うので。

2012/01/02 14:40

投稿元:ブクログ

 タイトルからすると直感的な問題の解き方が書いてあるような本をイメージするが、実際には物理数学の公式化された公理、定理の教科書では説明が省略されてしまっている部分、つまり根本部分の理解を促すことを目的とした本であった。このためある程度数学の知識を持っていないと読み進めることは難しい。また、ここで取り上げられている項目について疑問を持っていないと何が問題なのか?ということにすら思い至らない。そういった意味では読む人を選ぶ本である。残念ながら書いてある事の半分もわからなかった。しかし「やや長めの後記」で三体問題に端を発する「ハーモニック・コスモス」が思想化されて現代社会にどのような影響を及ぼしたかという考察は面白かった。面白かったのだが本書の内容からすると蛇足であると感じた。別の論文等で述べるべきではないかと思う。

2011/12/07 01:10

投稿元:ブクログ

大学1年の時に買っておきながら、ずっと積ん読→読まないから売り払ったのだけれど、ブルーバックス版になっていたので、暇つぶしの読書で読むか・・・くらいの気持ちで購入。
そして思い知りました。

この本はすごい本です!
もっと早く読んどきゃよかった・・・

(物理)数学を、竹を割ったようにすっぱりと解説してくれます。

フーリエ級数や複素解析論など、どれだけやっても「結局これはどういうことに相当するんだろう?」という気持ち悪さが残っていたのですが、それがこの本を読むときれいサッパリ消え失せていく爽快感がありました。
ここまでイメージ豊かに表現できている数学書はちょっとないと思います。

星25個くらいあげたいくらいです!!

2012/01/24 00:18

投稿元:ブクログ

 学生時代に出会っていたらなあ,という本。ベクトル解析やフーリエ変換,複素関数論,解析力学など,基本をイメージで把握しようという本。結構有名な本らしいけど,誰も教えてくれなかったよ…。
 複素数の掛け算は回転+拡大だ,とか,rotは流速の差による渦の回転軸を向く,とか,個々の話はどこかで聞いているが,それがまとまっているのが良い。厳密さを犠牲にして徹底的にイメージ化してるのも分かりやすい。
 それはそうと,この普及版の解説を書いているのって,出身研究室を継いだ先生だ…。

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む