サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

「e-hon」キャンペーン 本の購入でe-honポイントが4%もらえる ~7/31

「honto 本の通販ストア」サービス終了及び外部通販ストア連携開始のお知らせ
詳細はこちらをご確認ください。

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 2.8 39件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2011.10
  • 出版社: 東京創元社
  • サイズ:20cm/338p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-488-02483-3

紙の本

眼鏡屋は消えた

著者 山田 彩人 (著)

気がつくとあたしは演劇部の部室の床でのびていた。そのうえ八年間の記憶が失われ、現在あたしは母校で教師になっているらしい。しかも親友の実綺が高二の文化祭直前に亡くなっていた...

もっと見る

眼鏡屋は消えた

税込 2,090 19pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

気がつくとあたしは演劇部の部室の床でのびていた。そのうえ八年間の記憶が失われ、現在あたしは母校で教師になっているらしい。しかも親友の実綺が高二の文化祭直前に亡くなっていたなんて!!!八年前と同様に学園内では、彼女の書いた脚本『眼鏡屋は消えた』の上演を巡るごたごたが起きている。実綺の死には何か裏がありそうだ。上演を実現し、自分の記憶を取り戻すため、元同級生の探偵に事の真相を探ることを頼んだ。あたしが最も苦手とする、イケメン戸川涼介に—。青春時代の切ない事件と謎を、リーダビリティ抜群の筆致で描くミステリ。第21回鮎川哲也賞受賞作。【「BOOK」データベースの商品解説】

【鮎川哲也賞(第21回)】気がつくと演劇部の部室でのびていた千絵。そのうえ8年間の記憶が失われていた。しかも親友が高2の文化祭直前に亡くなっていたなんて。千絵は自分の記憶を取り戻すため、元同級生の探偵に事の真相を探るよう依頼するが…。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

山田 彩人

略歴
〈山田彩人〉1967年東京都生まれ。都立墨田川高校中退。ライターとして活躍。「眼鏡屋は消えた」で第21回鮎川哲也賞を受賞。

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー39件

みんなの評価2.8

評価内訳

紙の本

失われた8年間の記憶

2011/11/14 16:47

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:かつき - この投稿者のレビュー一覧を見る

演劇部の部室で倒れて8年間の記憶を失っていた「あたし」。
高校時代の文化祭直前から記憶はなくなり
母校の英語教師となっていました。

演劇部はその時と同じ「眼鏡屋は消えた」という芝居を
文化祭に演じることになっています。

この「眼鏡屋は消えた」は、この学校で11年前に起きた、
実際にあった事件がベースとなっています。
一人の男子生徒が転落死したのですが
それを殺人事件として芝居化したもの。

その脚本を書いた竹下実綺もまた、「あたし」こと藤野千絵が
記憶を失っている間に、上演寸前に亡くなっていました。

ミステリーはとても魅力的で、
意識を取り戻しても記憶のない千絵に
知らない事実をどんどん突きつけてきます。
勢いよく、ぐいぐいと読ませます。

彼女の独白部分(地の文)はとってもおもしろい。
はじめは女子高校生のままだからかと思ったのですが
女性のうわさ好き、イケメン好き、他者への批判好きが前面に出ていて
テンション高くしゃべり続けます。
女性が読んでも嫌味なく読めてしまう。

しかし、探偵役のイケメン戸川涼介との推論を掛け合うセリフが
恐ろしく退屈。まどろっこしく、テンポも悪い。

また、竹下実綺の事件については
読者のほとんどが気づくのでは――。

ただ、ミステリーのしかけはおもしろいし
全体の文章は悪くないので、別のジャンルを読んでみたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/12/05 19:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/11/11 21:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/11/01 11:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/03/23 23:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/11/04 17:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/11/02 23:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/11/05 13:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/12/11 14:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/12/12 21:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/12/17 23:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/12/22 18:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/01/16 19:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/01/20 20:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/02/19 10:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。