サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~9/30

丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー  “翻弄される”愉しみ~意外な展開、複雑な恋心、衝撃の結末~ 10/27

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.2 86件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2011.10
  • 出版社: 河出書房新社
  • サイズ:20cm/177p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-309-02069-3

紙の本

王国

著者 中村 文則 (著)

組織によって選ばれた、利用価値のある社会的要人の弱みを人工的に作ること、それが鹿島ユリカの「仕事」だった。ある日、彼女は駅の人ごみの中で見知らぬ男から突然、忠告を受ける。...

もっと見る

王国

税込 1,430 13pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

組織によって選ばれた、利用価値のある社会的要人の弱みを人工的に作ること、それが鹿島ユリカの「仕事」だった。ある日、彼女は駅の人ごみの中で見知らぬ男から突然、忠告を受ける。「あの男に関わらない方がいい…何というか、化物なんだ」男の名は、木崎—某施設の施設長を名乗る男。不意に鳴り響く部屋の電話、受話器の中から静かに語りかける男の声。「世界はこれから面白くなる。…あなたを派遣した組織の人間に、そう伝えておくがいい…そのホテルから、無事に出られればの話だが」圧倒的に美しく輝く強力な「黒」がユリカを照らした時、彼女の逃亡劇は始まった。【「BOOK」データベースの商品解説】

組織によって選ばれた、利用価値のある社会的要人の弱みを人工的に作ること、それがユリカの「仕事」だった。ある日、彼女は駅の人ごみの中で見知らぬ男から突然忠告を受ける…。「掏摸」の兄妹編。『文藝』掲載を単行本化。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

中村 文則

略歴
〈中村文則〉1977年愛知県生まれ。福島大学卒業。2002年「銃」で新潮新人賞を受賞してデビュー。05年「土の中の子供」で芥川賞、10年「掏摸」で大江健三郎賞を受賞。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

著者/著名人のレビュー

善とは?悪とは?と深...

ジュンク堂

善とは?悪とは?と深く問い質され、考えさせられる1冊。
正解など与えられないが、前を向いて生きていける力をくれる。

書店員レビュー

ジュンク堂書店ロフト名古屋店

大時化の海に漂う一艘...

ジュンク堂書店ロフト名古屋店さん

大時化の海に漂う一艘の小舟、主人公の置かれた状況はそういった感じでしょう。自分の美貌を利用した犯罪を繰り返す主人公が、徐々に大きな悪の力に呑みこまれていく。なんとか大きな悪から逃れようと、可能な限りの知恵を絞り挑み次第に追い詰められていく様子は、主人公と一緒に嫌な汗をかき、読んでいる自分もだんだん息苦しくなってくる。理不尽な悪の力を前にした時、生死を超えてその存在すらも脅かされる。ホラー小説のように、冷たい汗をかきながら読むエロス&ミステリーだね。
担当 清水

ジュンク堂書店新潟店

中村文則は期待を裏切...

ジュンク堂書店新潟店さん

中村文則は期待を裏切らない。
それどころかその期待以上のものを必ず与えてくれる。
今回もまた私の期待を遥かに超えたものを与えてくれた。
『王国』は『掏摸』の兄妹編とされているだけに、『掏摸』とのつながりがあって
読者としては楽しい限りであるのだが、そんな楽しさが小さいものとして感じて
しまうほどに、この物語は心をひきつけて離さない。何が惹きつけるのか。
それはやはり中村文則独特の暗さであるだろう。
ただの暗さではない。読む人の心の奥底を照らす、暗さなのである。
暗さであるにも関わらず、光のように心の奥底を照らすのだ。
ただ、光ではなく暗さが照らすのだから、明るい気持ちになることはない。それどころか
何が善で、何が悪か、そして本当にそれは正しいのかといったようなことが分からなく
なってしまう。
つまり自分の倫理観が中村文則に目を見つめられて問われている、そんな感覚すら
覚えるのだ。しかしその感覚は悪くない。むしろそこから何かを感じ取り、救われる
心地がするのだ。
冷たく暗い中村文則の暗さは、同時に熱く、優しい暗さなのだ。
この感覚是非味わってほしい。
文芸書担当 涌井

みんなのレビュー86件

みんなの評価3.2

評価内訳

紙の本

結構好きな文体

2015/03/26 16:43

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:september - この投稿者のレビュー一覧を見る

結構好きな文体かも。意図して相手に弱みを作ることができる彼女は組織に依頼された先で裏社会の巨大な「化け物」の存在を知る....姉妹編でより評価が高い『掏摸』の方も読みたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

まぁ、おもしろい

2014/09/26 12:46

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:にゃんこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

スリの兄弟作品。スリに続きもやもやした感じの終わり方。
ハニートラップとはこんな感じかなっておもいました。木崎の野望がわかる続編がでればかいます

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/08/16 09:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/03/26 20:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/01/06 16:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/02/25 04:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/03/23 19:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/02/08 17:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/12/14 09:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/12/19 06:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/10/02 08:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/06/30 00:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/04/18 01:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/02/23 00:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/02/18 19:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。