サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

「e-hon」キャンペーン 本の購入でe-honポイントが4%もらえる ~7/31

「honto 本の通販ストア」サービス終了及び外部通販ストア連携開始のお知らせ
詳細はこちらをご確認ください。

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 27件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
新書

紙の本

ローラ・フェイとの最後の会話 (HAYAKAWA POCKET MYSTERY BOOKS)

著者 トマス・H.クック (著),村松 潔 (訳)

講演のためにセントルイスを訪れた歴史学者ルーク。しかし、会場には、再会するとは夢にも思わなかった人物が待ち受けていた。その名はローラ・フェイ・ギルロイ。20年前、遠い故郷...

もっと見る

ローラ・フェイとの最後の会話 (HAYAKAWA POCKET MYSTERY BOOKS)

税込 1,870 17pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

講演のためにセントルイスを訪れた歴史学者ルーク。しかし、会場には、再会するとは夢にも思わなかった人物が待ち受けていた。その名はローラ・フェイ・ギルロイ。20年前、遠い故郷でルークの家族に起きた悲劇のきっかけとなった女性だ。なぜいま会いに来たのか?ルークは疑念を抱きつつも、彼女とホテルのラウンジで話すことにした。だが、酒のグラス越しに交わされた会話は、ルークの現在を揺り動かし、過去さえも覆していく…。謎めいたローラ・フェイの言葉が導く驚愕の真実とは?巨匠の新たなる代表作。【「BOOK」データベースの商品解説】

歴史学者のルークは、20年前、故郷で彼の家族に起きた悲劇のきっかけとなった女性ローラ・フェイと再会する。彼女との会話は彼の現在を揺り動かし、過去さえも覆していき…。謎めいた彼女の言葉が導く驚愕の真実とは?【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

トマス・H.クック

略歴
〈トマス・H.クック〉1947年アラバマ州生まれ。作家。「緋色の記憶」でアメリカ探偵作家クラブ賞最優秀長篇賞、「緋色の迷宮」でマルティン・ベック賞を受賞。

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー27件

みんなの評価4.0

評価内訳

紙の本

彼女が過去を連れてやってくる。

2011/11/20 21:18

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:アヴォカド - この投稿者のレビュー一覧を見る

20年ぶりに再会したローラ。
彼女と話していくうちに、「わたし」は忘れようとしていた過去と対峙することになる。。。

『記憶』ものを書かせたら、この人の右に出る者はたぶんいない。
「死の記憶」「夏草の記憶」「緋色の記憶」「夜の記憶」「沼地の記憶」と、邦題に『記憶』を配したシリーズはどれも、読みやすさ、魅惑的な(時には何層もの)謎、単純ではない後味とで、常に読者の期待を裏切らない。

現在時に立って、過去のある時点に「あの時…」と思いを巡らせ、その時は気づかなかった事柄や、今になってわかる本音を少しずつ浮かび上がらせていく。
そして、本当は○○だったのではないか…と、一度は片付いているはずの過去の別の角度、別の姿を鮮やかに見せてくれる。
それが彼の作品の醍醐味と言っていいと思う。

行きつ戻りつ、記憶の澱みを点検していく過程は、時にまだるっこしさと紙一重だけれど、登場人物の記憶を洗い直していくその作業に付き合ううちに、読者は深みにはまっていく。

あれこれ出てくる引用句とそれにまつわる話や、ローラの口から出てくる映画やテレビ番組の話題が、キャラクターに色を添える。
ローラには、「白いドレスの女」の時のキャサリン・ターナーをイメージしながら読んだけれど、どうだろうか?

しかし、本作はこれまでの『記憶』シリーズと後味が大きく違う。
それが一番の驚きだった。
それは彼の年齢故なのか、経験故なのか、何か心境の変化なのか。
是非また次作で確認したい、と、またしても期待を抱かされながら、今までと違う余韻に浸るのも、また心地よいものであった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/10/14 14:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/10/27 08:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/12/10 09:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/12/23 22:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/11/15 20:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/11/27 08:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/12/01 14:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/02/01 23:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/01/18 22:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/01/22 00:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/02/21 11:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/02/24 23:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/02/26 02:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/04/24 12:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。