サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

honto7周年&会員500万人突破記念!hontoポイント最大7倍キャンペーン(~6/30)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー matching booktree ~今の気分で探す新しい本~第四弾 ポイント5倍キャンペーン(~6/30)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 小説・文学の通販
  4. 小説の通販
  5. 平凡社の通販
  6. 少年少女昭和ミステリ美術館 表紙でみるジュニア・ミステリの世界の通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

少年少女昭和ミステリ美術館 表紙でみるジュニア・ミステリの世界
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.6 10件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2011.10
  • 出版社: 平凡社
  • サイズ:27cm/159p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-582-83538-0
  • 国内送料無料
アート本

紙の本

少年少女昭和ミステリ美術館 表紙でみるジュニア・ミステリの世界

著者 森 英俊 (編著),野村 宏平 (編著)

幼き日のスリルと興奮が甦る! 少年探偵団、名探偵ホームズ、怪盗ルパンから名作全集、雑誌付録まで、昭和の子供たちをとりこにした児童ミステリの表紙を紹介。戦後児童向けミステリ...

もっと見る

少年少女昭和ミステリ美術館 表紙でみるジュニア・ミステリの世界

税込 4,104 38pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

幼き日のスリルと興奮が甦る! 少年探偵団、名探偵ホームズ、怪盗ルパンから名作全集、雑誌付録まで、昭和の子供たちをとりこにした児童ミステリの表紙を紹介。戦後児童向けミステリ全集リストも収録。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

森 英俊

略歴
〈森英俊〉1958年東京都生まれ。早稲田大学政経学部卒業。ミステリ評論・翻訳家。
〈野村宏平〉1957年東京都生まれ。早稲田大学文学部中退。ミステリ・東京・古書店・特撮研究家。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

著者/著名人のレビュー

ミステリ好きの人間に...

ジュンク堂

ミステリ好きの人間には、少年探偵団やルパンのシリーズを小学校の図書室で読み耽ったという過去を持つ人が大勢いることと思いますが、そんな人にとってたまらなく郷愁をかきたてられる本です。
ぼく自身がこの手の少年向けミステリを読んでいた昭和60年前後は、歴史的に振り返ればすでに「完訳主義」「原典主義」が児童書界でもハバをきかせ、胡散臭いリライト版は図書室からじょじょに駆逐されつつある時期でした。しかし、どちらが純粋に面白かったかといえば、圧倒的に胡散臭い方です。
本書は「表紙でみる」のサブタイトル通り、表紙絵の紹介が中心になっていますが、やっぱり子どもには怖い表紙の胡散臭い本が必要だと思いますよ! 少なくともウチの子には読ませますよ!
編者はミステリ古書ハンターとして名高いお二人で、掲載データの正確さは高いレベルで保証されていると思います。

みんなのレビュー10件

みんなの評価3.6

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

なつかしい、図書館で親しんだあの表紙をカラーで!

2017/05/26 22:34

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:こゆき - この投稿者のレビュー一覧を見る

小学校の図書館にあった少年ミステリシリーズ!!繰り返し借りては読んで、記憶にしっかり刻まれているあの表紙に再び会えるとは。
覚えがなくとも、なにやら独特の世界観が構築されており、眺めて内容を空想するのも楽しい。解説が気の利いた感じに挿入されており、懐かしさばかりではないプラスアルファを与えてくれる。

実は、中でも一番好きだったルパンシリーズはお年玉でほとんど揃えて、今ももっていますが、(生まれる前に刊行されていたシリーズなのに全然古さは感じられない…といってもルパンは第一次世界大戦に従軍していた昔の人なのだけど)大人向けのルパンの翻訳を読んでも、少年シリーズほどには面白くない。おかしい。こんなのだっけ?という謎は解けました。少年シリーズの著者、南洋一郎先生のセンスで書かれていたのが日本の少年向けに面白くして下さっていたのだと…。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/07/08 09:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/02/01 22:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/02/06 15:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/10/08 23:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/05/03 11:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/10/22 23:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/05/02 17:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/08/01 06:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/02/03 23:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。