サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0922-28)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. ライトノベル
  4. 僕は友達が少ない ゆにばーす 1

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

僕は友達が少ない ゆにばーす 1(MF文庫J)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 22件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2011.11
  • 出版社: メディアファクトリー
  • レーベル: MF文庫J
  • サイズ:15cm/253p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-8401-4306-6
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

僕は友達が少ない ゆにばーす 1 (MF文庫J)

著者 平坂 読 (著),裕時 悠示 (著),渡 航 (著),志瑞 祐 (著),さがら 総 (著)

『僕は友達が少ない』の世界を、いま大注目の人気作家たちが描き上げる。さらに平坂読&ブリキの原作コンビも参加した超豪華版。フレッシュだけどやっぱり残念、「はがない」初の公式...

もっと見る

僕は友達が少ない ゆにばーす 1 (MF文庫J)

626(税込)

ポイント :5pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年9月22日(金)~
2017年9月28日(木)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

『僕は友達が少ない』の世界を、いま大注目の人気作家たちが描き上げる。さらに平坂読&ブリキの原作コンビも参加した超豪華版。フレッシュだけどやっぱり残念、「はがない」初の公式アンソロジーノベル。【「BOOK」データベースの商品解説】

収録作品一覧

「ふふん夜空、あたしに友達ができたわ!」「あ?ぞ?」 裕時悠示 著 11−57
ぼっちは変化球が投げられない 渡航 著 59−107
三二四駆 志瑞祐 著 109−159

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー22件

みんなの評価3.8

評価内訳

原作者+複数作家によるアンソロジーノベル。

2012/01/24 13:51

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:霜柱 - この投稿者のレビュー一覧を見る

MF文庫Jの人気ライトノベル・僕は友達が少ないのアンソロジーノベルです。

作家陣は順に。

・裕時悠示『俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる』&るろお 
・渡航『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている』&ぽんかん(8)
・志瑞祐『精霊使いの剣舞』&桜はんぺん
・さがら総『変態王子と笑わない猫』&カントク

+原作コンビの平坂読&ブリキ、になっています。

内容としましては初めの注意書きに『本書、『僕は友達が少ない ゆにばーす』はアンソロジーノベルです。収録されているお話は『僕は友達が少ない』本編とは関係のないifの物語ですので、ご注意の上、お楽しみください。』とあるので、物凄くフリーダムな内容なのかと思いきや、大体どれも違和感なく本編風でしたねー 少し肩透かしだった気も。
もう少しはっちゃけてても良かったですねー

というか、原作者本人が一番フリーダムで良い意味で酷かったですね(笑)
作者自身が小鷹の鈍感をネタに使ってたりするのは、ある意味反則でよろしゅうございました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/03/18 10:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/04/29 00:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/11/30 00:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/04/16 20:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/11/24 04:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/01/03 00:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/03/29 15:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/11/28 11:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/12/20 00:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/12/11 14:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/03/03 09:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/09/01 15:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/06/15 01:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/02/07 11:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

MF文庫J ランキング

MF文庫Jのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む