サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

2020年年間ランキング  ~3/31

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 14件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2011/10/14
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社文庫
  • サイズ:15cm/509p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-06-277077-4

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

文庫

紙の本

間宮林蔵 新装版 (講談社文庫)

著者 吉村 昭 (著)

19世紀初頭、世界地図の中で樺太は唯一謎の地域だった。樺太は島なのか、大陸の一部なのか。樺太調査に挑んだ間宮林蔵は、苛酷な探検行の末、樺太が島であることを確認する。その後...

もっと見る

間宮林蔵 新装版 (講談社文庫)

税込 990 9pt
30%OFF

新装版 間宮林蔵

12/17まで通常990

税込 693 6pt

新装版 間宮林蔵

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
iOS EPUB 4.3MB
Android EPUB 4.3MB
Win EPUB 4.3MB
Mac EPUB 4.3MB

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

19世紀初頭、世界地図の中で樺太は唯一謎の地域だった。樺太は島なのか、大陸の一部なのか。樺太調査に挑んだ間宮林蔵は、苛酷な探検行の末、樺太が島であることを確認する。その後、シーボルト事件に絡んで思いがけない悪評にさらされ、さらには幕府隠密として各地を巡った、知られざる栄光と不運の生涯を克明に描く。【「BOOK」データベースの商品解説】

19世紀初頭、世界地図の中で樺太は唯一謎の地域だった。樺太は島なのか、大陸の一部なのか。樺太調査に挑んだ間宮林蔵は、苛酷な探検行の末、樺太が島であることを確認する。その後、シーボルト事件に絡んで思いがけない悪評にさらされ、さらには幕府隠密として各地を巡った、知られざる栄光と不運の生涯を克明に描く。(講談社文庫)


19世紀初頭、世界地図の中で樺太は唯一謎の地域だった。樺太は島なのか、大陸の一部なのか。樺太調査に挑んだ間宮林蔵は、苛酷な探検行の末、樺太が島であることを確認する。その後、シーボルト事件に絡んで思いがけない悪評にさらされ、さらには幕府隠密として各地を巡った、知られざる栄光と不運の生涯を克明に描く。【商品解説】

著者紹介

吉村 昭

略歴
1927年東京生まれ。学習院大学国文科中退。66年『星への旅』で太宰治賞を受賞する。徹底した史実調査には定評があり『戦艦武蔵』で作家としての地位を確立。その後、菊池寛賞、吉川英治文学賞、毎日芸術賞、読売文学賞、芸術選奨文部大臣賞、日本芸術院賞、大佛次郎賞などを受賞する。日本芸術院会員。2006年79歳で他界。『三陸海岸大津波』『関東大震災』『陸奥爆沈』『破獄』『ふぉん・しいほるとの娘』『冷い夏、熱い夏』『桜田門外ノ変』『暁の旅人』『白い航跡』など多数の著書がある。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー14件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (9件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

吉村作品の登場人物たちとの接点など、読みどころが随所に

2019/09/26 14:53

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ニック - この投稿者のレビュー一覧を見る

江戸後期の北方探検家として知られる間宮林蔵の生涯を描く。幕府の隠密としての活動や、吉村作品の登場人物人物たちとの接点など、読みどころが随所に。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

史料的価値も高く、冒険的ストーリーも面白く、充実した内容

2015/11/12 09:32

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:大阪の北国ファン - この投稿者のレビュー一覧を見る

樺太からシベリアに住む北方民族の生活に触れられるかと思い読み始めました。
資料や実見に基づく徹底取材をする著者との評に違わず、史料的な価値も大変高いと感じました。また千島エトロフ譚を経て樺太東岸から西岸へ、さらに北へ、そして対岸の地を奥深くへ との展開には息つく暇もなく夢中で読み進めることができました。それらの地に住む 幾つかの民族の生活や思考法にも触れることができ、当初の目的への満足感も感じました。
終局は探検を終えた主人公の、それからの生きざまが語られていきますが、ここもサスペンスものの様な面白さでした。 ただ、相前後して読了した『中島欣也/幕吏松田伝十郎のカラフト探検(新潮社)』で、アイヌとの友情を育てながら、林蔵とほぼ同時期に黙々とお役目に励んだ伝十郎の人柄に心打たれていた私は、林蔵の出世欲・名誉欲が全面に出た生き方にはやや引いてしまったというのが偽らざる感想です。 しかしその生き方を、生身に感じさせる著者の描写には只々脱帽しました。
面白かったです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

探検家

2020/07/28 05:34

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:七無齋 - この投稿者のレビュー一覧を見る

身分制度が緩くなってきたとはいえ卑賎の身からたたき上げてきた林蔵の足跡は後々まで語られることがい多い。謎もある彼の功績を物語る。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2020/02/22 16:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/05/04 05:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/10/13 18:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/09/30 08:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/05/03 00:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/04/30 23:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/11/03 16:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/04/09 01:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/08/23 13:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/11/10 06:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/08/23 23:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。