サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー こんな気分に浸りたい!秋と寂しさを楽しむ60冊(~11/1)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. モダンタイムス 上

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

モダンタイムス 上(講談社文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 501件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2011.10
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社文庫
  • サイズ:15cm/339p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-06-277078-1

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

モダンタイムス 上 (講談社文庫)

著者 伊坂 幸太郎 (著)

恐妻家のシステムエンジニア・渡辺拓海が請け負った仕事は、ある出会い系サイトの仕様変更だった。けれどもそのプログラムには不明な点が多く、発注元すら分からない。そんな中、プロ...

もっと見る

モダンタイムス 上 (講談社文庫)

637(税込)

モダンタイムス(上)

486 (税込)

モダンタイムス(上)

ポイント :4pt / 紙の本より151おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

恐妻家のシステムエンジニア・渡辺拓海が請け負った仕事は、ある出会い系サイトの仕様変更だった。けれどもそのプログラムには不明な点が多く、発注元すら分からない。そんな中、プロジェクトメンバーの上司や同僚のもとを次々に不幸が襲う。彼らは皆、ある複数のキーワードを同時に検索していたのだった。【「BOOK」データベースの商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー501件

みんなの評価3.9

評価内訳

紙の本

怖い

2015/08/30 21:47

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:nazu - この投稿者のレビュー一覧を見る

怖いお話です。著者の作品は悪意と、それに立ち向かう普通の人たち(キャラクターの濃淡はともかく。)が描かれていることが多いけど、読後感は良い、という印象があったのですが、この作品は個人的にはちょっと消化不良でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

偶然に込められた作為

2015/09/30 15:55

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くまくま - この投稿者のレビュー一覧を見る

システムエンジニアである渡辺拓海の妻の佳代子は、非常に嫉妬深い。結婚してから知った事実によると、彼女には二度の結婚歴があり、夫の一人は死亡、もうひとりは失踪したらしい。その原因は彼らの浮気だという。
 四年前にも浮気を疑われた拓海は、妻が雇った謎の男に拉致され、腕を骨折した。そして今、残業から帰宅した彼の前にいる髭の男、岡本猛も、妻に雇われたらしい。彼に生爪を質に取られ、浮気相手の桜井ゆかりの名前を漏らしてしまう。それは、拓海がネットの占いに基づいて勧めた海外旅行で、彼女が日本にいないのを見越してのことだった。

 帰国までの一週間の猶予を得た拓海に降りかかってきたのは、先輩の五反田正臣の投げ出した、出会い系サイトの改修案件だった。後輩の大石倉之助と共に開発場所に向かった拓海は、その案件におかしなことがあることに気づく。
 そして、五反田の残したヒントに基づき、システムの不審点を暴くことに成功した拓海は、そのサイトが、とある単語の組み合わせでアクセスした相手を調べる機能を持っていることに気づくのだった。やがて、その単語の組み合わせを検索した後輩や上司に、不幸が襲いかかる。

 友人の作家、井坂好太郎らと共に、その情報を調べていく拓海は、国会議員の永嶋丈や、元首相の犬飼舜二、大富豪の安藤潤也という名前に突き当たっていく。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

好きか嫌いかで言うと

2017/02/09 19:29

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:るう - この投稿者のレビュー一覧を見る

伊坂幸太郎作品の中では珍しく嫌いな部類に入ってしまった。いつもの粋で思わずニヤリとしてしまう展開では無いせいかな?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ミニマムな世界と濃い登場人物たち

2017/10/18 18:41

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ミエル - この投稿者のレビュー一覧を見る

名前の字面も含め、日常のような非日常のような濃い登場人物たちが伊坂幸太郎らしくて気持ちよく読める。主人公(この作品風に考えると主人公ではないかも知れない)渡辺、ブラック企業一社員のデスク、ダイニングのイス、携帯電話に送られて来る占い、カバンに入れた漫画雑誌、マクロな世界には登場人物も情報も少ない。このミニマムな中に読者は夢中で入っていってしまうのだろう。
上巻を読んだら一気に下巻に進みたくなる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

伊坂節炸裂!

2012/02/02 17:19

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:tobio - この投稿者のレビュー一覧を見る

検索から始まるおぞましい事件とその裏に隠された陰謀を描いています。政府やその裏に潜む大きな組織があり、我々はいつも監視されているであろうことを暗示しています。軽妙な会話のやりとりや、伏線が絡み合い謎が謎を呼ぶ展開は伊坂氏特有の雰囲気を醸し出していて、面白く読み進められました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

非現実的な現実感

2015/05/08 12:39

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:らった - この投稿者のレビュー一覧を見る

作中で筆者の分身が言っている通り、著者の小説は読みやすいのが特徴だが、それでつい読み進んでいくと、あれっ?となることがあり、また前に戻って見る羽目になる。
上巻では数々の謎を提示したところで終わっており、下巻を読まざるを得ない。もともとセットを買うつもりが手違いで上巻のみ購入してしまい、下巻も続けて読みたいところだが、50%ポイントキャンペーンまで待つことにしたのでもどかしい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

下が気になる

2015/08/28 21:55

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:paguapgu - この投稿者のレビュー一覧を見る

「魔王」がとても面白かったのでその50年後を描いた本作をとても楽しみにしていた。魔王同様、好き嫌い別れる小説。続きがとても気になるので、早く下を読みたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/11/06 20:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/10/17 22:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/05/20 23:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/01/14 14:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/08/29 23:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/02/02 19:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/02/16 05:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/10/21 00:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

講談社文庫 ランキング

講談社文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む