サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

修正:1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0720)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

帝王、死すべし
  • みんなの評価 5つ星のうち 3 13件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2011.11
  • 出版社: 講談社
  • サイズ:20cm/365p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-06-217370-4
  • 国内送料無料

紙の本

帝王、死すべし

著者 折原 一 (著)

野原実は、息子輝久の部屋に入り、机上に置かれた一冊の本を手に取った。『てるくはのる』。そのカバーを取ると、出てきたのは真っ白な本。その中に書かれていたのは、輝久が綴った、...

もっと見る

帝王、死すべし

1,836(税込)

ポイント :17pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年7月20日(木)~
2017年7月26日(水)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

野原実は、息子輝久の部屋に入り、机上に置かれた一冊の本を手に取った。『てるくはのる』。そのカバーを取ると、出てきたのは真っ白な本。その中に書かれていたのは、輝久が綴った、“帝王”によるいじめの記録だった。息子を狂気から守るため、実は己のすべてを懸けてひた走る。【「BOOK」データベースの商品解説】

野原実は、息子輝久の部屋で1冊の本を手に取った。カバーを取ると、出てきたのは真っ白な本。その中に書かれていたのは、輝久が綴った“帝王”によるいじめの記録だった…。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

折原 一

略歴
〈折原一〉1951年埼玉県生まれ。早稲田大学第一文学部卒業。編集者を経て「五つの棺」でデビュー。「沈黙の教室」で第48回日本推理作家協会賞長編部門を受賞。ほかの著書に「赤い森」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー13件

みんなの評価3.0

評価内訳

2013/04/21 22:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/12/01 10:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/07/06 02:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/01/08 00:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/11/30 23:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/12/01 14:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/05/03 11:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/05/13 04:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/12/01 16:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/08/09 08:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/06/04 21:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/07/13 21:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/10/11 10:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

日本の小説 ランキング

日本の小説のランキングをご紹介します一覧を見る