サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

10/1【HB】読みたい本がもらえるかも?!ほしい本登録キャンペーン(~10/31)

アウトレットポイント5倍キャンペーン 10/31

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

美術の物語 ポケット版
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 10件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2011.10
  • 出版社: ファイドン
  • サイズ:19cm/1046p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-86441-006-9

紙の本

美術の物語 ポケット版

著者 E.H.ゴンブリッチ (著),天野 衛 (ほか訳)

原始の洞窟壁画から現代の実験的な芸術にいたる、美術の全体を論じた入門書。色々な名前や時代や様式がわかりやすく整理できるように工夫し、物語としての美術史を目に見えるように描...

もっと見る

美術の物語 ポケット版

2,268(税込)

ポイント :21pt

現在お取り扱いができません

ほしい本に追加

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

原始の洞窟壁画から現代の実験的な芸術にいたる、美術の全体を論じた入門書。色々な名前や時代や様式がわかりやすく整理できるように工夫し、物語としての美術史を目に見えるように描き出す。【「TRC MARC」の商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー10件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (7件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

美術入門者です

2016/03/15 20:55

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:DISH - この投稿者のレビュー一覧を見る

某サイトで、美術のイントロにはこれ、との記事を読んで購入したものです。
とても読みやすい。
筆者のポリシーとして、専門用語はなるべく使わない、というのがあります。
さらに、日本語も平易なので、初めて美術の世界に足を踏み入れましたが、迷子になることなく読み切ることができました。
図版も豊富です。手に取って、厚さに圧倒されるかもしれませんが、半分は図版なので、ご安心を(笑)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

退屈な「美術の歴史」よさらば!

2017/02/21 15:18

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:燕石 - この投稿者のレビュー一覧を見る

この「美術の物語」は、世界の美術の歴史を、原始時代の壁画から現代までの広い範囲を通して説明している。もちろん、ジャンルも、絵だけではなくて、彫刻・建築も含めて、幅広い範囲の美術を紹介しており、原始、ギリシャ、エジプト、ローマ、中世、ルネサンス、バロック、近代、印象派、現代、と時代も洋の東西も超え、これらが豊富な図版とわかりやすい文章によって紹介されている。
この本の魅力は、第一に図版が豊富なこと。約400のフルカラー図版で、パルテノン神殿、ミロのビーナス、モナ・リザ等々時代が分かる様々な美術作品が掲載されている。お陰で、とにかく沢山の美術に触れることができ、その変遷を知ることができる。
そしてこの本の第二の魅力は、文章がわかりやすく、読ませること。
「その時代や社会において、作品がどのような位置を占めていたか」に焦点が合わせられている。今でこそ美術館や博物館に陳列されている作品は、儀式を執り行うための呪術具であったり、文字の読めない人々に教義を説く舞台装置だったり、視覚効果の実験場として扱われていた。このように、「美術だけの歴史」として語ってるわけではなく、様々な歴史的な要素と絡み合って美術が発展してきたことをわかりやすく説明しており、キリスト教のローマ帝国での公認後における美術作品の多くは宗教の教えや聖書の内容を説明するために作られたこととか、その後も様々な要請を受けて作られたこととか、ルネサンス後の美術の停滞と再生の繰り返しとか、時代と美術の密接な関係を、正に「物語」として語っている。
時代や当時の社会という文脈から切り離されたところで、美術を語ることはできないという。つまり、それぞれの要請に対して、画家や彫刻家たちが、置かれている状況や前提、制度、そして流行に則ってきた応答こそが、「美術の物語」足り得るというのだ。「これこそが美術だというものが存在するわけではない。作る人たちが存在するだけだ。男女を問わず、彼らは形と色を扱うすばらしい才能に恵まれていて、『これで決まり』と言えるところまでバランスを追求する」。
訳も良い。訳者の一人に長谷川宏氏が加わっている。なるほど、と思う。
★5つでは足りない。6つか7つをつけたいくらいだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/04/16 06:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/01/28 23:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/01/16 07:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/03/11 09:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/03/30 16:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/02/15 22:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/06/20 23:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/05/24 23:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

芸術・美術 ランキング

芸術・美術のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む