サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

平成最後の読書一生分プレゼントキャンペーン(~12/9)

修正:レビューキャンペーン(1101-30)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

マンガでわかる源氏物語
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.6 10件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2011.11
  • 出版社: 池田書店
  • サイズ:21cm/271p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-262-15408-4
コミック

紙の本

マンガでわかる源氏物語

著者 砂崎 良 (著),上原 作和 (監修),亀小屋サト (マンガ),サイドランチ (マンガ)

光源氏の言行は、当時の人にとってどのような意味を持つものだったのか。艶やかな恋物語にして壮大な歴史フィクション「源氏物語」を、マンガとコラムを交えて解説。登場キャラクター...

もっと見る

マンガでわかる源氏物語

1,296(税込)

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

紙の本
セット商品

好奇心を楽しく育てるマンガでわかるシリーズ 6巻セット

  • 税込価格:8,85682pt
  • 発送可能日:購入できません

好奇心を楽しく育てるマンガでわかるシリーズ 6巻セット

  • 税込価格:8,85682pt
  • 発送可能日:購入できません

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

光源氏の言行は、当時の人にとってどのような意味を持つものだったのか。艶やかな恋物語にして壮大な歴史フィクション「源氏物語」を、マンガとコラムを交えて解説。登場キャラクターの関係図も収録。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

砂崎 良

略歴
〈砂崎良〉東京大学文学部卒業。古典文学に現れる7〜15世紀の香料文化史、交易史を研究。教育・文化系のライター。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー10件

みんなの評価3.6

評価内訳

紙の本

学校で薦められて購入しました

2016/06/26 16:12

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:あきぽん - この投稿者のレビュー一覧を見る

学校の先生がこの本ならすごく読みやすくて理解できやすいと勧めてくださったので購入しました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

「あさきゆめみし」を読んだら次はこれ!

2016/02/15 01:50

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みーま - この投稿者のレビュー一覧を見る

タイトルは「マンガわかる」ですが、漫画の部分は本当にざっくりとしたあらすじだけなので、源氏物語の内容を全く知らずに読んでも、今一つ面白さやイメージがつかめないかもしれません。
「源氏物語がどんな話なのか一から知りたいけど、長い文章を読むのは敷居が高い」という場合は、
まずかの名作漫画「あさきゆめみし」を読むほうが、
わかりやすく、かつ物語としての面白さを味わうことができると思います。

ただ、一度でも物語の筋に触れたあとは、ぜひこの本を読まれることをお勧めします。
平安時代の習慣、当時の人のものの考え方、政治権力の在り方、人と人との関係、何故あの時、この人物はこう思ったのか、こう動いたのか……
わかったようでわからなかった部分が、謎解きのようにすっきりわかります。
図や表の用い方や紙面構成がうまく、着目の場面だけに絞った人物関係図が随所にあるなど、情報がよく整理されています。
文章も堅苦しくなく、それでいて冗長でもなく読みやすいです。
何冊か解説本は読みましたが、こんなに説明がわかりやすく面白いのは初めてで、感動しました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2017/12/09 23:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/07/28 15:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/05/11 20:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/12/12 20:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/08/26 07:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/03/22 03:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/08/24 08:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/11/02 16:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

古典文学・文学史・作家論 ランキング

古典文学・文学史・作家論のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む