サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

3日間限定!5周年記念!5倍ポイントキャンペーン(0522-0524)

5周年記念!5倍ポイントキャンペーン(0522-0524)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

3.11以後
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.2 8件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2011.11
  • 出版社: 中央公論新社
  • サイズ:20cm/201p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-12-110001-6
  • 国内送料無料

紙の本

3.11以後 (中公選書)

著者 茂木 健一郎 (著),竹内 薫 (著)

「3.11以後」の日本はどこへ向かおうとしているのか? 古典的情緒は継承されるのか、ヒューマニズムは変質していくのか。科学と哲学、そして人間の意味を問い直す。【「TRC ...

もっと見る

3.11以後 (中公選書)

1,296(税込)

ポイント :12pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「3.11以後」の日本はどこへ向かおうとしているのか? 古典的情緒は継承されるのか、ヒューマニズムは変質していくのか。科学と哲学、そして人間の意味を問い直す。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

茂木 健一郎

略歴
〈茂木健一郎〉1962年東京生まれ。ソニーコンピュータサイエンス研究所シニアリサーチャー。慶應義塾大学大学院教授。
〈竹内薫〉1960年東京生まれ。サイエンス作家。Ph.D.(高エネルギー物理学)。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー8件

みんなの評価3.2

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (4件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

3.11 以降のネットメディアを批判する対話

2012/04/18 23:01

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Kana - この投稿者のレビュー一覧を見る

この本は 茂木 健一郎 と 竹内 薫 という 2 人の科学者とサイエンス・ライターとの対話で構成されている. 東日本大震災では Twitter などのネットメディアが重要なやくわりをはたしたが,その反面,妥当でないことを執拗に主張するひとがいることがとりあげられている. そこでとりあげられているひとつの視点は「パターナリズム」 つまり,こどものように受け身で国の対策をもとめる姿勢だ.

あとがきには,科学で一番重要なのは対話をすることであり,その際,ことなる意見を比較することが科学の方法論の神髄だと書かれている. そうかもしれないが,この本の内容は哲学的対話だとしても,科学的対話だとはとてもおもえない.

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/01/06 10:04

投稿元:ブクログ

エリート対談。
震災について、原発について、真摯に語り合う。そして科学ジャーナリズムについても言及する。インターネットの課題についても、話は分かった。
しかし、哲学的に思考することが困難な時代に突入している論がとりわけ共感できた。
私たちは今という未来しか生きられないのだから、もっとみんなで考えなくてはならないのだろう。

2011/12/22 22:54

投稿元:ブクログ

私が震災直後に感じた違和感のようなものについて触れらていた。また一方で震災直後に抱いた希望のようなものについても触れらている。今になって思うと、そんなものやっぱりなかったのだが。。

2012/05/22 19:00

投稿元:ブクログ

読了日は,ちょうど震災から1年と1日後の3月12日っていうのがなんか間抜けな感じがするけども・・・

大学の同級生である科学者の2人.竹内薫氏,茂木健一郎氏の「3.11以後」の世界についての対談.「3.11以後」の世界では,科学に関わる重要問題が,そろって解決を迫られるものとして先鋭化.震災後,知性や理性では議論せず,非常に感情的で一方的な物言いをする人たちが増えたと2人は指摘.2人は,現在の日本に蔓延するイデオロギー(思想)の危険性を指摘.思想の前に哲学(知)があるべきなのに,科学,論理,哲学という言葉は全て,イデオロギーの前提であり,土台であり,決しておろそかにしてはならない,思想と哲学の順序が違うと警鐘を鳴らす.

日本の科学教育の不十分性に触れ,フランスやドイツの科学に対する態度,日本との差異についての話は特に興味深く読んだ.
ドイツはヨーロッパの中では近代化がやや遅れ、「追いつけ追い越せ」で鉄血宰相ビスマルクがドイツ帝国を統一。日本も明治になってから「追いつけ追い越せ」であった。その結果、科学技術を急速に導入した。
科学技術の先陣を切ったのはやはりフランス。なぜフランスという国は原発が80%も占めているかというと、理性に基づく「科学主義」の国民性があり、それを自分たちで作り上げてきた信頼があるから。
アメリカでは独立戦争が起こり、イギリスでは、産業革命が起きて、先んじて科学技術を取り入れる。科学主義とも重なるが、イギリスの経験主義もすごいところがあり,そのすごさというのは、絶えず経験に基づいて冷静にものを考える、大げさに物事を捉えないという伝統。東日本大震災の福島原発の事故に対するリアクションを見ても一目瞭然で、イギリス人はとても冷静な考え方していた。みたいな話とか.

2013/06/25 11:33

投稿元:ブクログ

科学者同士の対話ということで期待して読んでみたけど、私が知りたかったことは書いてなかった。
とても上から言ってる印象を受けて、いまひとつだったかな。
そういうことはあるよな〜って思えることもあったけども。

2012/04/28 23:58

投稿元:ブクログ

人は混乱や大きなショックに見舞われると、冷静な判断が困難になり、またそうしようとする意思もなくなり、単純な二項対立でものを判じようとする。

2013/05/06 01:20

投稿元:ブクログ

感情的な判断(イデオロギー)に流されやすいことへの警鐘。科学的思考の重要性を説いている。本書の対談の趣旨については、概ね同調できた。

2012/09/08 10:19

投稿元:ブクログ

⒊11本のような題名だが、だいぶ違う読了感。
主張としては以前から言われていた事、日本人は感情で動く事が多い、その考え方を変える訓練をしないとより大きな危険が潜んでいる。

確かに今回の地震後に非常に私が怖いとおもったのはその点だ。メディアが煽る視聴率が欲しいからか?怖いと喚くと伝染する。自分で考える事をやめて、他を非難する。
父権主義的にお上に全て任せ、護ってくれない、隠してるにちがいない、だからといって変わりに自分がやるにはならない。ああ、それって私だ。

100%の安全はない、それを理解した上でリスクマネージメントをしながら、さまざまな計画をたてる必要がある。

日本の小説 ランキング

日本の小説のランキングをご紹介します一覧を見る