サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

好評につき延長!2020年版カレンダー全品ポイント5倍キャンペーン(~11/30)

本の通販ストア OP 3%OFFクーポン(1115-17)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ちくま哲学の森 4 いのちの書(ちくま文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2011.12
  • 出版社: 筑摩書房
  • レーベル: ちくま文庫
  • サイズ:15cm/434p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-480-42864-6
文庫

紙の本

ちくま哲学の森 4 いのちの書 (ちくま文庫)

著者 鶴見 俊輔 (編),安野 光雅 (編),森 毅 (編),井上 ひさし (編),池内 紀 (編)

ちくま哲学の森 4 いのちの書 (ちくま文庫)

税込 1,320 12pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

収録作品一覧

おばあちゃん 金子光晴 著 8−10
私は百姓女/老いて 吉野せい 著 11−22
暁を見る ヘレン・ケラー 著 23−51

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

テーマごとの編集では、思いがけない作品に出会うこともある。

2012/01/24 16:57

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:銀の皿 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 書店の店頭で本書を見つけ、懐かしかった。本書が「ちくま哲学の森」シリーズの単行本で出たのは1989年。そのころ「ああ、こんな人がこんな作品を(も)書いている」と読んだことを思い出す。
 こういった、テーマごとに編集された本を読むのは、書店の店頭を眺めたり日替わりの書評を読むのと少し似ている。自分がいつも目を向けていないところにある本との出会いへの期待があるのである。

 本シリーズは哲学者の著作だけではなく、テーマに沿った文学作品も含んでいる。編者の好みによるであろう偏りも感じないではないが、それぞれのテーマでそれなりに良い作品が見つかる。この「いのちの書」には、冒頭の金子光晴「おばあちゃん」やオーウェル「絞首刑」のようにかなり直接的に「老いる、死に近づく」いのちを描いたものもあれば、梅崎春生「チョウチンアンコウについて」のような動物の生態の話もある。
 ヘレン・ケラー「暁を見る」は彼女の自伝の中の、水に手を浸しながら「ものにはみな名前がある」を知ったときを記したもの。自分が「ものには名前がある」と知ったときの記憶などはない。まして感動したかどうかなどわからない。彼女の「知ったときの感動」はそれが人間の仲間入りをするためにどれだけ大切なものなのかを考えさせてくれる。
 渡辺一夫「狂気について」は今回再読し、改めて感じるものが多かった作品。1948年に書かれたものであるが、現代でも静かな自警の言葉のように響く作品である。(この「狂気について」をタイトルにまとめた著者の評論選もある。)渡辺一夫は、こういう本で他の作品のついでにででも良い、もっと多くの人に読んで欲しいと思う。

 本書が文庫版になったことで、多くの方の目にとまることを期待したい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/07/13 23:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

ちくま文庫 ランキング

ちくま文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。