サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

好評につき延長!2020年版カレンダー全品ポイント5倍キャンペーン(~11/30)

好評につき延長!2020年版カレンダー全品ポイント5倍キャンペーン(~11/30)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

アヴェロワーニュ妖魅浪漫譚(創元推理文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 7件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2011.12
  • 出版社: 東京創元社
  • レーベル: 創元推理文庫
  • サイズ:15cm/424p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-488-54104-0
文庫

紙の本

アヴェロワーニュ妖魅浪漫譚 (創元推理文庫)

著者 クラーク・アシュトン・スミス (著),大瀧 啓裕 (訳)

彫刻家の暗い情念のこもった怪物像が生気を帯びて恐怖をもたらす「怪物像をつくる者」、修道士たちがなまめかしいウェヌス像の魔力に翻弄される「ウェヌスの発掘」など、緑なす森が広...

もっと見る

アヴェロワーニュ妖魅浪漫譚 (創元推理文庫)

税込 1,320 12pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

彫刻家の暗い情念のこもった怪物像が生気を帯びて恐怖をもたらす「怪物像をつくる者」、修道士たちがなまめかしいウェヌス像の魔力に翻弄される「ウェヌスの発掘」など、緑なす森が広がる神秘の地アヴェロワーニュの年代記に加え、異様な死をとげた作家の日記が明かす、神に背いて禁忌の術を用いた神官の物語「アフォーゴモンの鎖」他、降霊術にまつわる綺譚を併せた18篇を収める。【「BOOK」データベースの商品解説】

収録作品一覧

アヴェロワーニュ 11−14
怪物像をつくる者 15−36
アゼダラクの聖性 37−70

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー7件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

怪奇小説と言うより、架空の中世フランスを舞台にした、幻想小説という趣

2012/01/04 23:05

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ミルシェ - この投稿者のレビュー一覧を見る

ずっと以前から、刊行を心待ちにしていた、スミスの作品集です。
全体的に、怪奇小説と言うより、幻想小説といった趣が強いです。
話自体は、大体展開が予想がついてしまう、予定調和的な話が多く、
以前の「ゾティーク」や「ヒュペルボレオス」のシリーズよりも、
奇想天外・奔放なイメージに感心するというのは、
なかったのですが、細やかな情景描写や、全体的な雰囲気自体は、とても良いと思います。
また、さすが美男の詩人・作家として、恋愛経験豊富だったスミスらしく、
恋愛感情の高まり・情感などが、巧みに描かれています。
しかし、「蟾蜍のおばさん」の、魔女の描写が容赦なく、何かスミス個人の不快な体験でも、
投影されているのではないか?とすら、思えてしまいました。
「イルゥルニュ城の巨像」は、まるで、パニック映画のような印象で、あまり怖くはないかも。
全体的に、これまでの作品のように、奇想天外なストーリーを楽しむというよりも、
神秘に彩られた幻想の地アヴェロワーニュの妖異と、散りばめられたロマンス色を楽しむ
作品なのかな?と感じました。
それから、いわゆる「アヴェロワーニュ年代記」関連作品の後に収録されていた一編の内の
「アフォーゴモンの鎖」は、これは趣が変わり、タニス・リー的な、
連環する時の輪の中で繰り返される悲劇という、東洋的なイメージを感じさせる作品であり、
これはこれで、良かったと思いました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/02/22 21:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/01/10 08:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/02/29 18:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/03/14 22:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/09/03 11:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/07/18 23:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

創元推理文庫 ランキング

創元推理文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。