サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

好評につき延長!2020年版カレンダー全品ポイント5倍キャンペーン(~11/30)

好評につき延長!2020年版カレンダー全品ポイント5倍キャンペーン(~11/30)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

死者のための音楽(MF文庫ダ・ヴィンチ)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 52件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
文庫

紙の本

死者のための音楽 (MF文庫ダ・ヴィンチ)

著者 山白 朝子 (著)

教えたこともない経を唱え、行ったこともない土地を語る息子。古い井戸の底に住む謎の美女。すべてを黄金に変える廃液をたれ流す工場。身元不明の少女に弟子入りされた仏師。山に住む...

もっと見る

死者のための音楽 (MF文庫ダ・ヴィンチ)

税込 576 5pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

教えたこともない経を唱え、行ったこともない土地を語る息子。古い井戸の底に住む謎の美女。すべてを黄金に変える廃液をたれ流す工場。身元不明の少女に弟子入りされた仏師。山に住む鬼におびえて暮らす人々。父を亡くした少女と、人が頭に思い浮かべた物を持ってくる奇妙な巨鳥。生まれつき耳の悪い母が魅せられた、死の間際に聞こえる美しい音楽。親と子の絆を描いた、懐かしくも幽幻な山白朝子の怪談7篇。【「BOOK」データベースの商品解説】

収録作品一覧

長い旅のはじまり 7−41
井戸を下りる 43−70
黄金工場 71−93

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー52件

みんなの評価3.8

評価内訳

紙の本

まるで語り継がれる昔話。

2012/04/05 17:57

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:真愛 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 先に書評を書かれた方が記載してしまいましたが著者「山白朝子」は「謎の女性怪談作家」とされていますが乙一の別名義の一つ。怪談と言っても恐怖より昔どこかの町であった昔話を母、その母、そのまた母。。。と語り継がれた様な懐かしく不思議な感覚を覚えます。また読んでいると時々おばあさんが語るお話を聞いている様な錯覚を何度も感じました。
 
 この書は表題を含む全7話の短編集。
読めば読む程女性が書いた優しくて柔らかいが、どことなく女性特有の残酷さの描写もあり、だが乙一の影は見当たりません。
 
 個人的には、何度も何度も完全なる木の仏像を彫り続ける少女の『未完の像』、黒く大きな鳥が頭に望んだ事を持ってくる『鳥とファフロッキーズ現象について』、表題にもなっている死の淵で心地よい音楽が聞こえる『死者のための音楽』。。。それらが特に印象強いです。

 ずっと文庫化を願っていたので読めた嬉しさ以上に不思議な感覚を何度も味わえた事も出会えて良かった書と思います。
きっと山白朝子という作家は大きな愛を持っているのでしょう。懐かしさ、安堵、何より優しさに幾度と無く触れられるのですから。また逆に大きな愛があるからこそ失った際の喪失感、憎悪もゾッとする凄みが感じられる。
 乙一と念頭に置いて読んでもそれはいつしか忘れ、尚且つ山白朝子という女性作家をどの様な人かと考えてしまう。改めて乙一の秀逸さを感じさせる一冊です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

高橋葉介さんに漫画化して欲しいです

2012/03/02 22:20

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:お月見 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 こちらの書評で、乙一さんの別ペンネームでの著作ということを知り、購入しました。最近、乙一さんの新刊があまり出ないなあと思っていたら、3つのペンネームを使い分けていたんですね。 

 冒頭の、「長いたびのはじまり」は、読んでいるあいだじゅう、ずっと何処かで誰かの、意味不明の話し声が聞こえているようなざわざわとした気持ちになりました。それから印象に残ったのが、村の和尚様の冷静さです。すごく、力のある人のような気がします。お宮のお父さんも、話しぶりからただ者ではないような。
 「井戸を下りる」。この不条理感、いいですねえ。最後はなんだかギリシア神話のような・・・ネタバレになるのでこれ以上は自粛しますが、私は、主人公はこの結末で満足だったのだろうな、と思いました。
 「黄金工場」、これは、ぜひとも高橋葉介さんにコミカライズして欲しいですねえ。そんなことを言うと、それだけであらすじがばれてしまいそうなぐらい、ガチ「ヨウスケの奇妙な世界」です。だからといって、影響をうけたのか?、とかそういうことではなくて、作者の幻想世界がもともとリンクしていた、という嬉しいシンクロなのでしょう。
 「未完の像」。夏目漱石の「夢十夜」を思い出しますね。これもまた、同じ話というのではなくて、夢十夜が、仏像を彫るということの才や技、芸術について語っているのだとすれば、こちらは、人の身にあまる技ゆえに悪気に満ちた神業、というのか、卓越した技を持ちながらも、もてあます(それゆえに美しい)はかなさが語られています。
 「鬼物語」はですね、「黄金工場」が高橋葉介の漫画なら、こちらは「進撃の巨人」を思い出してしまったのでした。
背景が「日本むかしばなし」なのに、進撃の巨人!・・・最後がとてもせつなくて、いつまでも双子のきょうだいのことが心に残りました。
 「鳥とファフロッキーズ現象について」。不条理と復讐譚。復讐、は、この短編集をつらぬくテーマでもあるような気がします。変な感想かもしれませんが、私は、この鳥、好きです。(家族、というのもテーマのひとつかもしれません。)
 「死者のための音楽」
 私の読み方が下手なのか、交互に語られる、どっちの語りがおかあさん?娘さん?と混乱する場面もあったのですが、おかあさんは、もともと「何か」に魅入られてしまって、身体の一部分は「あちら側」に逝ってしまった人だったんだろうな。と思いました。こちらに繋ぎとめていたのは家族の存在なんだけど、おかあさんにとっては、むしろこちら側が仮の生だったのかもしれません。

 私は、先に正体がわかったうえで読んだので、乙一さんの世界だな、と思いながら読んでいたのですが、覆面作家のままで読んでいた方はまた、違った味わいがあったのでしょうね。確かに、今までの乙一さんよりも、もっと土着的というか、どっしりとした読後感のある短編集でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ホラーというよりは幻想文学

2012/02/08 02:57

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:さとる - この投稿者のレビュー一覧を見る

乙一氏の別ペンネームであるとのこと。
ホラー・幻想文学とも言うべき作品が集められている。
『黄金工場』『鳥とファフロッキーズ現象』に見られるおぞましさ、得体の知れなさにそれらしさを感じ、とてもクセになる。
最近はすっかり中田永一名義での恋愛小説の印象が強くなっているけれども、こういった仄暗い作品ももっと読ませて欲しいと思わずにはいられない。
このクセのある恐怖や感覚の異常というものも、氏の作品の驚異的な点であったと、デビュー作を思い出さずにはいられない。
山白朝子名義での更なる活躍を期待せずにはいられない作品集である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/05/08 12:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/03/04 15:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/02/08 19:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/09/13 23:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/01/07 21:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/02/05 13:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/04/28 18:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/04/22 17:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/08/16 13:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/01/29 19:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/01/16 22:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/10/17 16:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。