サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

修正:1,000円以上の注文で5%OFFクーポン(0915-21)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 自然科学・環境
  4. 動的平衡 2 生命は自由になれるのか

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

動的平衡 2 生命は自由になれるのか
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 76件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2011.12
  • 出版社: 木楽舎
  • サイズ:20cm/254p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-86324-044-5
  • 国内送料無料

紙の本

動的平衡 2 生命は自由になれるのか

著者 福岡 伸一 (著)

なぜ、多様性が必要か? 動物の必須アミノ酸は何を意味しているのか? 時間を止めて何が見えるか? 遺伝は本当に遺伝子の仕業か? さらなる深化を遂げた福岡生命理論の第2弾。【...

もっと見る

動的平衡 2 生命は自由になれるのか

1,646(税込)

ポイント :15pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販全品
5%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!5%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年9月15日(金)~
2017年9月21日(木)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

なぜ、多様性が必要か? 動物の必須アミノ酸は何を意味しているのか? 時間を止めて何が見えるか? 遺伝は本当に遺伝子の仕業か? さらなる深化を遂げた福岡生命理論の第2弾。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

福岡 伸一

略歴
〈福岡伸一〉1959年東京都生まれ。京都大学卒。青山学院大学教授。2007年「生物と無生物のあいだ」でサントリー学芸賞、中央公論新書大賞を受賞。ほかの著書に「フェルメール光の王国」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー76件

みんなの評価4.0

評価内訳

紙の本

研究者と一般読者のあいだ

2012/01/31 17:38

5人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:こーじこーじ - この投稿者のレビュー一覧を見る

前書「生物と無生物のあいだ」「動的平衡」と同様、とても楽しく読みました。
福岡氏は、科学読み物を執筆している研究者としては、文章構成力と表現力が秀逸ですね。
立花隆氏も科学読み物を書かれていますが、基本的に実験研究者ではないので
根底に流れるトーンがちょっと違っている様に思います。
(嫌いなわけではありません。「精神と物質」など、大変お勧めです。)
また森博嗣氏や瀬名秀明氏のように、科学的知識を小説に取り込んで面白味を出しているわけではなく、
科学的な話題をそのままで、これだけおもしろく書けるのは凄いと思うわけです。
福岡氏が過去にドーキンスの本などを翻訳していた経験が、活かされているのかも知れないなと思ったりもします。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

「生命」や「自由」にせまるのはなかなかに難しいですね。

2012/03/09 16:18

5人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:銀の皿 - この投稿者のレビュー一覧を見る

前略 福岡伸一様、

 「動的平衡2」を読みました。副題が「生命は自由になれるのか」。第一章は『「自由であれ」という命令』で、副題が「ー遺伝子は生命の楽譜に過ぎない」。「動的平衡」の上に現れる生命の存在にどんな形で「自由」の命令があるというのか、興味を持って開きました。

 いきなりで恐縮ですが、生物学を少々勉強した小生にとっては、これまで書いてこられたことはそれほど意外、新しいというわけではありませんでした。私だけでなく、学生時代の友人たちもかなり似たことを考えていた気がします。
 ですが、生物学の世界に馴染みの少ない読者には新鮮かもしれません。それらの考えを専門に学ばなかった人たちにもわかるように、と書くことができる才能には敬意を表したいと思います。

 本書ではこれまでのご著書よりも文章の角が取れ、よさが伝わりやすく感じられました。美しい文章ですと、少し言葉が足りなくてあいまいでも、雰囲気でわかった気になってしまう。そんな、文章の美しさに惑わされるような所がかなり少なくなった気がします。
 全体を見渡すと、基礎的な生物学知識の解説のような章がいくつかありますね。「第5章 バイオテクノロジーの恩人ー大腸菌の驚くべき遺伝子交換能力「とか「第6章 生命は宇宙からやって来たかーパンスペルミア説の根拠」とか。本書全体の理解に必要、と思われたのでしょうが、副題の「自由」にどうつながっていくのか、少しわかりにくかった章でした。
 個々のお説には異見もある、と感じることもありますが、映画や小説などの題材に実際の生物学的意味をつなげていくところなどは面白い解説だと思いました。でも、その「わかりやすい生物学」のような部分が浮いてしまって、まわりを回りながらも主題に近づいていく、、そんな気分にはなれなかったのが残念なところです。幾つかの新聞や本での連載をまとめなおしたとのことですので、それぞれのカラーがお互いなじみきっていないのかも。「まとめて一冊に」というのはなかなかに難しいものかもしれません。

 「生命」や「自由」にせまることも、またなかなかに難しいことです。「遺伝子は生命の楽譜に過ぎない」から「第8章 遺伝は本当に遺伝子の仕業か?-エピジェネティックスが開く新時代」「第9章 木を見て森を見ず」への流れがもう少しみえたらよかったと思います。第一章では『「遺伝子の中には自由であれという命令が含まれているのでは」。これが本書のあらたな課題だ。』とありましたが、提出された課題へのお考えの流れをもう少し字数をかけて説明していただいてもよかったと思います。
 小生といたしましては、遺伝子には「自由であれ」と書かれているわけではなく、「どっちでもいい」とその場に余地を残しているだけ、という気もするのですが。
 今後の著作で、またご説明くださることを楽しみにさせていただきます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/06/01 21:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/04/13 15:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/05/20 02:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/02/07 14:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/01/21 01:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/05/18 18:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/03/21 21:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/09/17 02:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/03/25 23:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/12/29 22:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/04/10 22:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/01/28 15:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/04/04 22:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

生物・生命読みもの ランキング

生物・生命読みもののランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む