サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】アウトレットブックポイント2倍看板・バナー改修(~8/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 経済・ビジネス
  4. 金はどうして騰がるのか

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

金はどうして騰がるのか
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.4 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2011.12
  • 出版社: 宝島社
  • サイズ:19cm/221p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-7966-8762-1
  • 国内送料無料

紙の本

金はどうして騰がるのか

著者 豊島 逸夫 (著),亀井 幸一郎 (著)

この10年で8倍になった金価格。日本経済や世界、金融市場に起こる出来事とは? 金のスペシャリストである豊島逸夫と亀井幸一郎が、金高騰の裏に潜む様々な問題、そして金の世界か...

もっと見る

金はどうして騰がるのか

1,440(税込)

ポイント :13pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年8月23日(水)~
2017年8月29日(火)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

この10年で8倍になった金価格。日本経済や世界、金融市場に起こる出来事とは? 金のスペシャリストである豊島逸夫と亀井幸一郎が、金高騰の裏に潜む様々な問題、そして金の世界から見た経済について語り合う。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

豊島 逸夫

略歴
〈豊島逸夫〉1948年東京生まれ。一橋大学経済学部卒。マーケットアナリスト。
〈亀井幸一郎〉和歌山県生まれ。中央大学法学部卒。金融・貴金属アナリスト。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価3.4

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

金の行方。

2012/01/30 12:29

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:リーマン・シスターズ - この投稿者のレビュー一覧を見る

去年、上昇している時には、これから下がるかもといい、
今年、下降しだしたら、これから上がるかもという。
これでは、他の金融商品とかわらない。
まさに相場だ。

ただここで、現物とペーパー上の金を区別しておく必要がある。
金価格上昇は実需ではない。もちろん運用の需給関係だ。買ったものは売り手仕舞いされ、カラ売ったものは買い戻される。株式や商品先物のカラ売りと違って、現引きなどということはまずない。そもそも現物で引き取りたくてもできないほど、とてもじゃないが追いつかないほどのレバレッジがかかって取引されてる。
一方、そうであるのに対して、金製品を買い取る店があちこちにでき始めている。
ペーパ上の(いまやコンピューター上の、いやもっとすすんでネット上の)価格を参考に現物が取引されているためとは知りつつも、不思議に思って、本書に当たってみたのだが。

例えば原油価格の構造も似ているようなものだが、決定的に違うのは現物が消費されてしまうかどうかという点だ。金は消えてなくならない。本書で言うところの「金は食べられるわけではない(=価値を生み出さない)」したがって、永遠のロング(買い持ちの末、消費してしまうこと)にはなりえず、買いが圧倒的優位ということもない。そこで改めて金の不思議に魅せられた。

ところが、本書は対談形式とはいえ、私には非常に分かりにくかった。
去年までの解説、金の周辺事情は理解できるが、タイトルに対する答が見えなかった。
もちろん自分の読解力のなさだとは思うが、金に対する書籍情報が少ないのも事実だ。
ネット情報も、それなりのものは少ない。あまり、なじみがないせいか、現物小額の積立の話ばかりだ。

そういえば、書店の投資コーナーも縮小気味だ。
FXに対する勧誘広告的なものは散見されるが、平積みもなくなりつつある。
これは、何を意味しているのだろうか。
そんな中、出版されたことに敬意を表しながらも、もう少し頑張ってほしいという意味をこめて星2つ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/03/05 15:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る