サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ブックオフ宅本便ページ修正(2018/1/1~1/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 社会・時事・政治・行政
  4. 治安・警察・消防
  5. 昭和堂
  6. 京都の町家と火消衆 その働き、鬼神のごとし

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

京都の町家と火消衆 その働き、鬼神のごとし
  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:研究者
  • 発行年月:2011.12
  • 出版社: 昭和堂
  • サイズ:22cm/481p
  • 利用対象:研究者
  • ISBN:978-4-8122-1154-0
  • 国内送料無料
専門書

紙の本

京都の町家と火消衆 その働き、鬼神のごとし

著者 丸山 俊明 (著)

江戸時代、京都の町を火事から守ったのは誰だったのか。多数の史料を交えて解き明かすとともに、町家の建築的特徴の変遷を通し、江戸時代から近代までの消防政策や京都特有の行政体制...

もっと見る

京都の町家と火消衆 その働き、鬼神のごとし

7,560(税込)

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

江戸時代、京都の町を火事から守ったのは誰だったのか。多数の史料を交えて解き明かすとともに、町家の建築的特徴の変遷を通し、江戸時代から近代までの消防政策や京都特有の行政体制を概観する。【「TRC MARC」の商品解説】

目次

  • 〈序章〉江戸時代の京都の火事
  • 〈第一章〉京都の消防指揮権
    • 第一節 大名火消は京都の消防司令官だったのか?
    • 第二節 所司代−町奉行−町奉行所の消防
    • 第三節 町奉行の指揮権の検証
    • 第四節 まとめ、火事場の指揮官は月番町奉行
    • 付記 愛宕さんの火難除け
  • 〈第二章〉京都の町火消
    • 第一節 京都の町火消はいつも逃げ隠れ?
    • 第二節 江戸時代初期町火消の成立

著者紹介

丸山 俊明

略歴
〈丸山俊明〉京都工芸繊維大学大学院博士課程修了(学術博士)。住環境文化研究所代表。一級建築士、日本建築学会正会員。京都建築大学校講師。著書に「京都の町家と町なみ」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー0件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

日本史 ランキング

日本史のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む