サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

ほしい本登録で100ポイントキャンペーン(~6/30)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 社会・時事・政治・行政
  4. 太平洋戦争最後の証言 第2部 陸軍玉砕編

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

太平洋戦争最後の証言 第2部 陸軍玉砕編

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

ブラウザで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.8 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2011.12
  • 出版社: 小学館
  • サイズ:20cm/331p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-09-379829-7

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

太平洋戦争最後の証言 第2部 陸軍玉砕編

著者 門田 隆将 (著)

年を経るごとに「歴史」となりつつある太平洋戦争。その主力として戦った元兵士を日本全国に訪ね歩き、彼らの証言をもとに事実を忠実に再現する。第2部は、玉砕の戦場を生き抜いた元...

もっと見る

太平洋戦争最後の証言 第2部 陸軍玉砕編

1,836(税込)

太平洋戦争 最後の証言 第二部 陸軍玉砕編

1,102 (税込)

太平洋戦争 最後の証言 第二部 陸軍玉砕編

ポイント :10pt / 紙の本より734おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全商品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年6月22日(木)~2017年6月28日(水)23:59

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

年を経るごとに「歴史」となりつつある太平洋戦争。その主力として戦った元兵士を日本全国に訪ね歩き、彼らの証言をもとに事実を忠実に再現する。第2部は、玉砕の戦場を生き抜いた元陸軍兵士たちの「遺言」を伝える。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

門田 隆将

略歴
〈門田隆将〉1958年高知県生まれ。中央大学法学部卒。雑誌メディアを中心に、政治、経済、司法、事件、歴史、スポーツなどの幅広いジャンルで活躍。著書に「風にそよぐ墓標」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価4.8

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

戦陣に散った祖先の証

2012/02/09 16:13

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:不図滅入 - この投稿者のレビュー一覧を見る

大東亜戦争を描いた予定3部作のうちの第2部。相変わらず読みやすい文体で、一気に
読み終えてしまいました。
従軍をされた方が高齢のため「草葉の陰」へと旅立っていくなか、著者の渾身を込めた
取材により、眠っていた事実が新たに掘り出されています。
ガダルカナル、サイパン、硫黄島など激戦区で繰り広げられた人間の生き模様。
特に占守島でのソ連軍への抵抗を読むと、この戦いがなかったら、
 北海道はどうなっていたのだろう?
 日本の国は米ソにより分断統治となっていたのか?
 自分という存在は生まれてきたのだろうか?
と様々な思いが巡ります。読書の途中で姿勢を正し、涙を流しながら合掌をしました。
また、フィリピンで
 「どんなことをしてでも(=捕虜になってでも生きよ)」
と命令を下した上官を偲び今でも拝礼を怠らない方が台湾にいることを知り、異国で脈々
と伝えられていく素晴らしい日本人の存在を誇りに思いました。
生き残った方々が共通して語る
 「(生き残ったのは)運命としたいいようがない」
という言葉が、いつまでもいつまでも頭に刻まれています。
第3部が楽しみです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/09/19 23:38

投稿元:ブクログ

陸軍の話は本当に悲惨。…という一言ではとても間に合わないです。証言者の方々は、その死と隣り合わせが普通だった、覚悟して出征してきたから死ぬのはこわくなかった、自分が生き残れたのは運命としか思えない、と口々に語っている。それを普通としなくてもよい今の世の中が本当に有難い。

巻末にある、終戦後のソ連の侵攻というのが大変勉強になった。だから北方領土問題があるのかと納得した。

読みやすいし、わかりやすいしで、小学校高学年程度でも読めるでしょう。辞書片手に読ませてもいいと思う。もっと早く読みたかった。次の「大和沈没編」を早く読みたい。

2012/12/17 00:20

投稿元:ブクログ

三部作の第二部。第一部では空の特攻を中心に、この第二部では陸の玉砕を中心にその「戦史ではなく体験」と「記録ではなく証言」を描いた作品。

第二部まで拝見させて戴き、生の証言に圧倒され、戦争の現場の表現しきれない凄惨さを垣間見ています。特に陸の凄惨さは言語に絶します。これら極限の状態で発揮される「愛国心」「ユーモア」「人間の情」「誇りと勇気」「人間のさが」「運命」・・・。

私自身の言葉でこれらの体験・証言の感想を綴るのは難しいです。本書第九章「ソ連軍急襲「占守島」の激闘」で、北海道分割統治を「終戦後に」命をかけて防いだ体験・証言が記されています。その証言の一部をここに紹介させて戴き、感想にかえます。バトンを受け取り、次の世代へつなげる役割の一部を担うことを誓って。

(占守島について)私たちは終戦後に戦ったわけですから、無駄死にだったという人もたくさんいました。しかし、やはりあの戦いには意味があったということが最近わかってきて、ああ、俺たちが頑張った甲斐があったんだ、と思うようになりました。やはり今の平和というのは、あの時代に戦った人たちの犠牲の上にあることは間違いないと思います。今の平和自体が、戦友が無駄死にでなかったことの証明でもあると私は思うんですよ。死んでいった戦友たちに対する最大の慰霊とは、そういう事実を、子や、孫や、そういう世代に知ってもらい、その思いを引き継いでいってもらうことだと思うんですよ。【帝国陸軍少尉 武蔵哲】

---以下、第一部の読了時感想---
現代日本 ・現代に生きる我々の礎となり、あの戦争を自ら戦って頂いた先輩達が、我々後生の日本人に託した想いを正確に知りたい。そういう想いでこれまでも、それなりの数の書物を手に取らせて戴いてきました。本書は、それらの書とは少し違っていました。
本書は著者自ら本書で著しているとおり、「末端の兵士たちの実際の体験や思い」に焦点をあて、「当時主力として戦った元兵士を日本全国に訪ね歩き、その痛烈なそれぞれの体験を忠実に再現したノンフィクション」です。
著者の高い取材能力・事実と知識を区別するジャーナリストとしての誇り・質の高い文章力が「家族と祖国のために自らの命を捧げた若者たちに対する、後生の日本人としての尊敬と感謝を込めた鎮魂歌」とするに相応しい一冊を生み出しています。
諸先輩が後生に託した想いを理解し、それを引き継ぎ、それに少しでも報いることができるように行動し、それを次世代に伝える。一生をかけて取り組むに相応しいテーマだと思います。
本書は、この取り組みを具体的に助けてくれる良書です。

2014/12/28 15:27

投稿元:ブクログ

戦場では、死のうと思って死ねるもんでもないし
生きようと思っても生きられるもんでもない
とのこと

ウインド・トーカーズを見てサイパン戦のことを
知りたくなり読む

戦後に始まった占守島でのソ連軍との戦いも激烈

英国人の卑劣な行為に驚く
現地人、塹壕に足を繋いで逃げられないようにして
闘わせたとか、病院の日本兵たちを焼殺したとか

機関銃とか、持っている薬とか戦力さにもかかわらず
日本兵はよく闘った

18 ガダルカナル、米と豪との線上
52 グアムでの米兵捕虜第一号、日本との戦争知らない
59 ポートモレスビー、マッカーサー捕獲を狙う

69 敵兵の肝をすする
74 ガダルカナルの兵隊、パラオで栄養とらせて帰国。そのままの姿だと負け戦とすぐ判明するから
84 米軍のバター、機関銃に塗ったら塩分で錆びる

104 インド兵への扱い。塹壕に鎖。前線はグルカ兵
120 悪い靴が当たったら歩兵はだめ。裸足では歩けない、インパール作戦
133 戦車の差

146 米軍、逃げる者は女も子供も撃つ。投降には寛容
174 サル、へびを食べたレイテ
187 レイテ、死にに行ったようなもの

248 ピアノ線、触れると蛍光物質が服につき撃たれる

第2次世界大戦・太平洋関連 ランキング

第2次世界大戦・太平洋関連のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む