サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

7/1【HB】hontoポイントおかわりキャンペーン(~7/31)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー 猫との暮らし ポイント5倍キャンペーン(~7/29)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ソ連史(ちくま新書)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 28件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2011.12
  • 出版社: 筑摩書房
  • レーベル: ちくま新書
  • サイズ:18cm/253p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-480-06638-1

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
新書

紙の本

ソ連史 (ちくま新書)

著者 松戸 清裕 (著)

いまだに「冷戦の敗者」「失敗した社会主義国」「民意を無視した全体主義国家」といったイメージで語られることが多いソ連の歩みを内側から検証。さまざまな試行錯誤が行われてきたソ...

もっと見る

ソ連史 (ちくま新書)

886(税込)

ソ連史

756 (税込)

ソ連史

ポイント :7pt / 紙の本より130おトク

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 4.9MB 無制限
Android EPUB 4.9MB 無制限
Win EPUB 4.9MB 無制限
Mac EPUB 4.9MB 無制限

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

いまだに「冷戦の敗者」「失敗した社会主義国」「民意を無視した全体主義国家」といったイメージで語られることが多いソ連の歩みを内側から検証。さまざまな試行錯誤が行われてきたソ連の歴史を解説する。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

松戸 清裕

略歴
〈松戸清裕〉1967年生まれ。東京大学大学院人文社会系研究科博士課程単位修得退学。専攻、ソ連史。北海学園大学法学部教授。著書に「歴史のなかのソ連」がある。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー28件

みんなの評価3.9

評価内訳

紙の本

ソ連崩壊後20年。ソ連70年の歴史を一体のものとして理解する距離感がようやくできてきた

2011/12/24 18:21

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:サトケン - この投稿者のレビュー一覧を見る

 「かつてソ連という国があった。いまはもうない」。こんな語られ方がするようになるとは、かつて誰が想像しえただろうか。

 1991年12月25日のソ連崩壊から20年。ソ連70年の歴史を、そのはじまりから終わりまで一体のものとして理解する距離感がようやくできつつあるといえよう。全体を見渡すことで、なぜソ連という国が誕生し、そして解体し崩壊したかを考えるヒントを得ることができるからだ。

 本書は、えらく素っ気ない印象の本である。タイトルだけでなく、本文には写真も地図も一枚も挿入されておらず、淡々とした記述のみが続いている。だが、読み進めていくうちに、だんだん面白くなってくるのを覚えることになる。「ソ連史」のとくに後半、「第4章 安定と停滞の時代」であったブレジネフ時代から以降について振り返ることが、バブル崩壊後の日本の過ぎこし方と行く末について考えるための好材料になっていることに気がつくからだ。

 世代によってソ連のイメージはまったく異なるので、どういった感想やコメントを抱くのかは、読者によってまったく異なるのは当然だが、「安定と停滞」期を経た後のソ連が、その体制と国民生活とのあいだのギャップや矛盾が拡大し、ついには崩壊するにいたった歴史をフォローしていくと、どうしても日本と比較してしまうのである。

 「ソ連は国力に見合わないほどの過剰な福祉国家だったのであり、そのことが国家にとって大きな負担となったとの指摘がある」(P.222)。まるで日本のいまの財政状況そのものではないか! 本書を読むと、われわれがイメージしてきた、あるいはイメージをもたされてきたオーウェルの『1984』的な全体主義国家とは大きく異なる実態が浮かび上がってくる。だからこそ、ソ連史はけっして他人事ではないのである。

 最終的にソ連を解体させることになるゴルバチョフ元書記長の回想録からのエピソードの引用が、無味乾燥に陥りがちな歴史記述を生き生きとしたものにしている。ゴルバチョフが政治の表舞台に登場したのは1985年のことであったが、1931年生まれのゴルバチョフが回想する1950年代、1960年代、1970年代のソ連社会の具体的な姿はじつに興味深い。

 ソ連が崩壊して今年で20年。ソ連末期の状況すら、もはや記憶から消えて久しい状況だろう。だが、1986年のチェルノブイリ原発事故から6年で崩壊したソ連のことを考えれば、けっして対岸の火事とはいえないのではないか? 戦後のソ連史に記述の重点を置いた本書はその意味でも読む価値のある本だといってよい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ソ連の歴史。

2011/12/08 00:39

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:オタク。 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 つい20年前まで存在していたソ連の歴史を書いた表題通りの本だが、スターリン死後の方が長い。投書や批判的に書かれた記事を通して、社会主義ソ連なりに「停滞の時代」と言われた時代でも試行錯誤した過程が書かれていて面白かった。同じような「内側から見る視点」でレーニンやスターリンの生きていた時代も書かれていれば、よかったが。
 この本の中にドイツ軍占領下について書かれた箇所があるが、ドイツ軍占領下のロシアについて書かれた本は以外とないものだ。ヴラーソフ将軍のロシア解放軍についてはドイツ軍についての逸話集に出て来る程度で、ドイツ軍を歓迎してドイツ軍占領下の警察やドイツ軍に参加した人々や協力しなかった人々、ドイツ軍占領下にあった地域に多く住んでいたユダヤ人達の運命が如何なるものだったか、誰か書いてほしいものだ。
 ただ2点ほど気になった箇所がある。
 1920年のポーランド戦争の際にボリシェヴィキに協力しなかった旧ロシア軍の軍人達が「政権に与した」(22頁)とあるが、国内戦の際に赤軍に動員されたロシア軍の軍人達が、当時の赤軍の「軍事専門家」だった。この本は国内戦について書かれた箇所は少ないが、ポーランド戦争で赤軍に協力した軍人もいるにしても、トゥハチェフスキー元帥のようなロシア軍の将校出身者が当時の赤軍では珍しくなかったのが実情では。
 223頁に朝鮮戦争以来国交が途絶えていた韓国とソ連が「国交回復」したとあるが、ソ連は朝鮮民主主義人民共和国を承認して韓国の存在を認めていなかったはずだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2013/04/29 20:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/01/21 01:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/01/11 18:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/05/11 12:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/01/10 19:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/03/04 22:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/11/05 06:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/09/09 10:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/09/30 18:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/08/04 22:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/12/21 20:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/02/24 13:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/01/05 16:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む