サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー matching booktree ~今の気分で探す新しい本~ ポイント5倍キャンペーン(~5/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

心を癒すクラシックの名曲(SB新書)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2011.12
  • 出版社: SBクリエイティブ
  • レーベル: SB新書
  • サイズ:18cm/203p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-7973-6797-3
  • 国内送料無料
新書

紙の本

心を癒すクラシックの名曲 (SB新書)

著者 山崎 潤一郎 (著),南 ゆうき (監修)

気持ちよく目覚めたい朝、リフレッシュしたい昼のひととき、ゆったりと眠りたい夜…。様々な気分に合わせて楽しめるよう、クラシックの名曲101作品を、聴きどころやトリビアととも...

もっと見る

心を癒すクラシックの名曲 (SB新書)

918(税込)

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

気持ちよく目覚めたい朝、リフレッシュしたい昼のひととき、ゆったりと眠りたい夜…。様々な気分に合わせて楽しめるよう、クラシックの名曲101作品を、聴きどころやトリビアとともに紹介します。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

山崎 潤一郎

略歴
〈山崎潤一郎〉1957年生まれ。音楽制作業に従事するかたわら、おもにIT・ビジネス関連のメディアに寄稿するライターとして活躍。著書に「iPhone/Androidアプリで週末起業」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

きっと見つかる。

2012/01/24 06:53

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:セカンド・プラン レジェンド - この投稿者のレビュー一覧を見る

どこかで聞いたことがあるメロディー。
CMで流れてくる心地よいクラシック、
一番良いのフレーズを持ってくるので、
イメージの良さは心に残る。

ところが、その題名を調べて、手に入れた曲全体を聴くと、
いったい、いつになったら、その聞きたい所が出てくるのだろうというほど長い。
クラシックをとっつきにくくしている原因の一部はこれではないかと、ひそかに思っているのは私だけであろうか。

そこで本書はありがたい。
「有名なメロディーやパートを抜き出し、原典の曲想を尊重しつつ再アレンジ」したCD-ROMが付属している。「フェードインやフェードアウトといった形で短くするような処理は行なっていない」ので「聴後感もきわめて自然」だ。

曲を聴きながら、その曲にまつわるエトセトラを読むもよし、著者なりの感じ方に突っ込みを入れるもよし。他の読書をしながら聴くもよしだ。

初心者にとっては、あの曲はこういうタイトルだったんだ、という発見もある。
難解な用語はなく、親しみやすく書かれている点もありがたい。
とにかく聴いて、読んで、自分のお気に入りが一つでも見つかれば、うれしい。
101曲もあるのだから、きっと自分にあう曲が見つかるはずだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む