サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

	ブックオフ宅本便ページ修正

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

復興増税の罠(小学館101新書)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

ブラウザで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 7件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2011.12
  • 出版社: 小学館
  • レーベル: 小学館101新書
  • サイズ:18cm/190p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-09-825122-3

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
新書

紙の本

復興増税の罠 (小学館101新書)

著者 河村 たかし (著)

震災で打撃を受けている市場や市民に対し、政府は「復興」という名目でさまざまな増税政策を押し進めようとしている。市民税10%減・議員報酬半減をマニフェストに掲げる著者が、増...

もっと見る

復興増税の罠 (小学館101新書)

756(税込)

復興増税の罠(小学館101新書)

540 (税込)

復興増税の罠(小学館101新書)

ポイント :5pt / 紙の本より216おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年8月18日(金)~
2017年8月22日(火)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

震災で打撃を受けている市場や市民に対し、政府は「復興」という名目でさまざまな増税政策を押し進めようとしている。市民税10%減・議員報酬半減をマニフェストに掲げる著者が、増税不要の根拠と日本再生の選択肢を示す。【「TRC MARC」の商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー7件

みんなの評価3.8

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (1件)

紙の本

感情、ムード、そんなものが大事なのかもしれない。

2011/12/25 14:41

3人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:のちもち - この投稿者のレビュー一覧を見る

以前はよくテレビで見かけた著者。「減税日本」という、単刀直入なネーミングの地域政党の代表として、また「出直し」ばかりが話題になった名古屋市長として、「異端児」のイメージが先行する。
初めてその著作を読んだ。テーマがタイムリーなだけではないだろう、非常に「分かりやすい」。官僚や国会議員の批判はまあ置いておいても、なぜに「増税」ではなく「減税」なのか。著者が主張する論拠が非常に明確である。

著者として、一般の人の目に触れることを想定して、「より」わかりやすく、問題点をシンプルにしているとは思うが、国会議員や役人の「わかりにくさ」とはあまりにも対照的だ。
著者が繰り返すように、増税しないと...というムードを高めているのは、「税金でメシを食っている」センセガタであり、自らの給料である「税金」を減らす=減税という策はよもや考えつかないだろう。ホントに彼らが「自分たちのために」増税やむなし、という空気を作り上げているのかどうかは分からないが、著者の言うところの、

減税→消費ムードの高まり→消費、投資の増加→結果として税収の増加

というのは、数値の試算だけではでてこないスキームかもしれないが、非常に分かりやすい流れである。消費者側から考えれば、税金が減れば、すなわち可処分所得が上がると、特に「サラリーマン」は、気持ちが大きく変わる。もはや明細を見る動機すらなくなっているサラリーマンにとって、「可処分所得の増加」は、前向きなニュースだ。

すべてが「行動」に結びつくかはもちろん言明できないにしても、その「気持ち」が景気を押し上げる可能性は極めて高いと思われる。政治家、官僚の試算では、こういう「気持ち」は試算できないであろうけれど、かつて「ビジネスの世界」に属した著者だからできる視点は、とても大事な点だと思う。
これは、「国民の代表」たる公務員の仕事であれば当然もっているべき視点であろうけれど、現実的には、「職業としての公務員」、「税金が給料である職員」という彼らにその意識はない。

そしてもうひとつ「コロンブスノタマゴ」的な視点の切り替えを得られたのは、「国債」の話。マスメディアはしきりに「借金」という見方一本やりだが、確かにその増え続ける額には驚異を覚えるが、その「債権者」が国民である、というのは...「借金」の側面と逆側の「貸し手」という視点を提示しているメディアは、著者の指摘するように、確かに無い。それに「違和感」を感じなかった自分だけれども、本書の読後は、新たな視点が持てるようになっている。程度の差はあれど、「国債」がすなわち悪という一方的な見方は辞めにしたい。


著者が言うことが全面的に正しいかどうかは分からない。ちょうど、本書を読み終わった日の朝刊には「借金が歳出の半分」「忍び寄る危機」という扇動的な見出し。「増税やむなし」を高める一旦なのか?そういう疑問を以て読むのと、何も考えずに読むのと、社会の見方が変わってくるはずだ。

それから、これも著者が憤りを感じている「背番号制度」。国民を番号で「管理」するシステムの導入である。「番号」で管理することによって、「脱税」を失くす...本当でしょうか?仮に「本当」であったとしても、国民を「番号」で管理統制するのは、つまり感情を持たない「ID」として「管理する」という発想から生まれているのでしょう(その導入に絡む利権の発生等については、もはや興味関心すらありません)。自ら一方では消費者であることを忘れているような「オカミ」の動き、アヤシイですねー。


メディアの報道に対して、疑問を持つこと。言われているけれどできていない自分。本書の内容は、結構刺激的で、そして、身近な問題で、また、連日報道で目にする話題である分、近づきやすいし、また「税」という切実な話題でもある。
自分の身は自分で守る、本当の意味での「幸せ」を見つける。改めてその重要性を思う。

【ことば】財源不足を増税で埋めるなら、だれでもできる。それが「勇気ある決断」というなら、総理大臣なんてだれでもなれる。

実際に、市民税を減税し、それに伴う税収不足を補って余りある行政改革を実施した市長の発言だけに、重みがある。というか、この「市民税10%減税の話」をメディアはもっと取り上げてもいいのではないかと思う。これが国政にも通用するかどうか、という議論があって、その後に「増税」ならまだしも...必要な増税なら逃げるつもりはないけれど、諸々「オープン」にしてほしいのだなあ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/02/17 03:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/02/06 00:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/04/03 15:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/12/28 16:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/08/20 21:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/01/07 01:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む