サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

SS アウトレットブックポイント2倍キャンペーン ~1/31

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

橋本流中終盤急所の一手
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2011.11
  • 出版社: マイナビ
  • サイズ:19cm/222p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-8399-4081-2

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

橋本流中終盤急所の一手 (マイナビ将棋BOOKS)

著者 橋本 崇載 (著)

橋本崇載七段が、中盤の戦い方を基本的なことからやさしく解説するほか、勝つための終盤の戦い方を、方向性を示すことでわかりやすく紹介。読みの力を鍛えるための“次の一手”、自戦...

もっと見る

橋本流中終盤急所の一手 (マイナビ将棋BOOKS)

1,512(税込)

ポイント :14pt

現在お取り扱いができません

橋本流 中終盤急所の一手

1,210 (税込)

橋本流 中終盤急所の一手

ポイント :11pt / 紙の本より302おトク

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

橋本崇載七段が、中盤の戦い方を基本的なことからやさしく解説するほか、勝つための終盤の戦い方を、方向性を示すことでわかりやすく紹介。読みの力を鍛えるための“次の一手”、自戦解説も収録。【「TRC MARC」の商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

中終盤のヒント

2012/01/24 22:00

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ココちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

NHK将棋講座で「受け」をテーマに講義された橋本七段、
今作は指し手の方向性などの「考え方」本でした。

本書は橋本流中終盤急所の一手というタイトルですが、橋本七段の将棋からの出題はわずかであり、
難解な局面でのこれぞ橋本流の一着といった問題はなく、
プロならば容易な局面での最善手を探していきます。
具体的にはアマ級位者が指されて困る居玉棒銀の対処や駒落ちなどで、
完全にアマ向けの出題になっています。

第1~3章まではQ&A方式で「どうして居玉はダメなの?」など、テーマを挙げて解説されます。
第1章は中盤の分かりやすい戦い方で9テーマです。
中盤というよりは序盤の仕掛け辺りの局面が多い感じです。
アマが選んでしまいそうな手を何故ダメなのかきちんと解説してくれているので、
正解手の良さがより理解しやすいと思います。

第2章は終盤を乗りきる戦い方で6テーマです。
終盤は谷川九段の本など良い本がたくさん出ており、本書ならではといえる「考え方」もないのですが、
テーマ数が少ないため解説が多く、易しめなので理解しやすいはずです。
第1・2章はアマ有段者には物足りない問題もありますので、復習のつもりで挑むといいでしょう。

第3章は中終盤次の一手で12テーマで、今までのQ&A方式に加えて対話形式になります。
アマ四段の方の将棋が主な題材になっています。
ここからは難易度も上がり、プロならひと目でもアマが迷う局面の出題が多くなります。
戦型が相居飛車、対抗形、相振り飛車、駒落ちといろいろありすぎるので、
さすがに即戦力とはなりにくいでしょうが、急所を見抜く力はつくのではないでしょうか。

第4章は実戦編で4局です。初手から投了図まで解説されます。
ここまでアマ向けのテーマばかりだったのに何故いきなり橋本七段の自戦記になるのか…、
ページ埋めの香りがしますね(笑)。まあ本書にマッチしているかはともかく、
自戦記自体は語り口も面白くわかりやすいので楽しく読めました。

似たような形式・テーマの本に阿久津七段の「必ず役立つプロの常識」があるのですが、
そちらに比べると本書は難易度(易から難まで)・テーマ(序盤から終盤まで)・戦型(平手でいろいろ駒落ちも)が、
絞りきれてない印象を受けました。
「必ず役立つプロの常識」でも少しバラつきがあるなと思ったというのに(笑)。

第3章はあまり本で解説されないテーマが多いので、ここのテーマ数が多ければ良かったかなと思います。
阿久津七段の本が面白かった、または難しかったという方、本書にチャレンジされてみてはいかがでしょうか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/05/15 00:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

将棋 ランキング

将棋のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む