サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

BOOK FUN LETTER 2021~好きな誰かに、好きな本のこと、手紙を書いて伝えよう~(~5/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 22件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:小学生
  • 発売日:2011/11/28
  • 出版社: 小学館
  • サイズ:27cm/1冊(ページ付なし)
  • 利用対象:小学生
  • ISBN:978-4-09-179127-6
絵本

紙の本

泣いた赤鬼

著者 浜田 廣介 (文),浦沢 直樹 (画)

人間たちと仲良くなりたい、気のいい赤鬼。だが村人は赤鬼のやさしさがわからず逃げてしまう。腹を立てた赤鬼は、訪ねてきた仲間の鬼、青鬼に相談する。すると青鬼は、赤鬼のためにあ...

もっと見る

泣いた赤鬼

税込 1,540 14pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

人間たちと仲良くなりたい、気のいい赤鬼。だが村人は赤鬼のやさしさがわからず逃げてしまう。腹を立てた赤鬼は、訪ねてきた仲間の鬼、青鬼に相談する。すると青鬼は、赤鬼のためにある計画を立て…。【「TRC MARC」の商品解説】

浜田廣介の「泣いた赤鬼」に浦沢直樹が挑む

いつの時代かどこの場所か、村人たちとどうしても仲良くなりたい気のいい赤鬼。だが村人は赤鬼のやさしさがわからず、怖がって逃げまわるばかり。孤独と寂しさに耐えきれなくなった赤鬼は、悩みに悩んだ末、親友の青鬼に相談する。かしこい青鬼は赤鬼のために起死回生の策を授け、計略はまんまと成功。赤鬼は村人たちを自宅に招待し、みんなと心を通わせる。だがその幸せも束の間、赤鬼に思わぬ、そしてあまりにもほろ苦い結末が訪れる……。誰もが知っている浜田廣介の不朽の名作「泣いた赤鬼」に、浦沢直樹が40数点のカラ―挿絵をていねいに描き下ろした。漫画家ならではの、登場人物たちの喜怒哀楽の表情やユーモラスな動き、情感あふれる美しい風景、既存の絵本にはない奇抜であっと驚く世界観――特に、物語の最後に登場する青鬼のさわやかな笑顔、赤鬼の涙する表情は必見! 目頭が熱くなること必至! 子どもたちのみならず、誰にでも手に取ってほしい新しい絵本が誕生した。なお、2011年冬公開の注目映画「friends もののけ島のナキ」は、この「泣いた赤鬼」が原案本。こんなご時世だからこそ、赤鬼の涙に涙するブーム到来か……!?

【編集担当からのおすすめ情報】
「泣いた赤鬼」は小さい頃から読んでいて、とてもよく知っているはずなのに、浦沢直樹さんの描いた挿絵を見ていて、なぜか新しい絵本を読んだような感覚におそわれました。斬新な世界観や、鬼や村人の豊かな表情、雄大な風景画に、これまでの赤鬼にない発見や感動が必ずあるはず。ぜひぜひ親子で読んでいただきたい一冊です。【商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

ジュンク堂書店高崎店

みんなのレビュー22件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (10件)
  • 星 4 (7件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

昔懐かしい童話がこんな形で蘇るなんて

2012/02/12 18:59

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みなとかずあき - この投稿者のレビュー一覧を見る

2011年12月17日ロードショーのCGアニメーション『friends もののけ島のナキ』の原案となっているのが、大正から昭和に活躍した童話作家・浜田廣介の『泣いた赤鬼』だそうだ。映画自体も、あの『ALWAYS 三丁目の夕日』などを撮った山崎貴監督の脚本・監督であり、フルCGであり、3D版もあるというので面白そうだった(年末年始はいろいろとあり、結局未見になってしまった)が、その原案を改めて絵本(?)として刊行したのがこの本だ。
小学館の創業90周年記念企画と銘打っているが、それよりはやはり映画公開に合わせたものだろう。しかも、それを浦沢直樹の絵で出すなんて。
小学館はもともと児童書や学年雑誌を出していた出版社だからか、以前から時々思わぬ児童書(例えば、柴門ふみが絵を描いた童話とか)を出版してくれていたのだが、今回は浦沢直樹なんである。
表紙・カバー絵からすでに浦沢直樹の絵だ(当然と言えば当然なのだけれど)。中身は絵本というよりは絵物語風で、ページごとに浜田廣介の文章と浦沢直樹の絵が様々なレイアウトで収められている。絵はもちろんフルカラーだ。いつものマンガのようにコマ割りがされていないので、文と絵が対峙しつつ協調して読む者に迫ってくるようだ。そこに、これまでの絵本ならばいかにもらしい姿で描かれていたであろう鬼が、けっこう人間ぽく、青鬼にいたっては外人風の顔で描かれていて、少し意外だ。同じように、赤鬼の家を人間が訪れると、結構洋風になっている。これも意外な設定だ。
ただし、これは実はある面真実をついているのかもしれない。西洋の鬼はまた別であろうが、日本で言われている鬼の中には昔日本列島に漂着した異国人のイメージが表現されているという話がある。個人的には、子どもの頃に読んだ手塚治虫の『鬼丸大将』の印象が強いのだが、ともかくそんなイメージが語り継がれていく間に鬼というイメージになったというものだ。だから、鬼はけっこう洋風でもいいのかもしれない。
そんな意外性がいくつも見られる絵物語として作られているが、一番印象深いのはラストだろう。これはぜひ実際に読んでほしいと思うが、ここで取られているのは、実は浦沢直樹のいつものマンガの手法と言えなくはない。それがやはり効果的になっているからにくいなあ。
この本も他の浦沢マンガと同様に、長崎尚志プロデュースとなっている。長崎がこのラストを浦沢に描かせようと、ここにこそ力を入れたのではないかと思わせるラストになっている。
こんな絵をつけてもらえば、また改めて浜田廣介の童話を読もうと思う人が増えるのかもしれない。それとも、そんなことを思うのはやはり浦沢ファンだけ、いい歳をした大人だけかもしれないが。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

感動

2015/10/25 06:12

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ハム - この投稿者のレビュー一覧を見る

素晴らしい絵本です。小さいころに読んでもらったことがあったんですが大人になって改めて読むと話が深くて感動します。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2013/08/10 12:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/01/12 21:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/01/01 01:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/12/17 10:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/06/13 15:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/02/04 08:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/12/15 21:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/05/30 20:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/01/17 14:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/09/06 08:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/12/18 21:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/12/11 22:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/12/20 21:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。