サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【HB】お店とネット利用で最大200ポイントプレゼントキャンペーン(~9/30)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

帝国解体 アメリカ最後の選択
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2012/03/29
  • 出版社: 岩波書店
  • サイズ:19cm/237p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-00-024037-6
  • 国内送料無料

紙の本

帝国解体 アメリカ最後の選択

著者 チャルマーズ・ジョンソン (著),雨宮 和子 (訳)

普天間基地を返還し、アメリカ帝国は解体せよ−。知日派、そしてCIAや米軍の内情にくわしい著者が、いまアメリカがなすべきことを説いた遺著。普天間への思いを綴った論文も収録。...

もっと見る

帝国解体 アメリカ最後の選択

2,160(税込)
本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年9月22日(金)~
2017年9月28日(木)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

普天間基地を返還し、アメリカ帝国は解体せよ−。知日派、そしてCIAや米軍の内情にくわしい著者が、いまアメリカがなすべきことを説いた遺著。普天間への思いを綴った論文も収録。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

チャルマーズ・ジョンソン

略歴
〈チャルマーズ・ジョンソン〉1931〜2010年。アメリカ生まれ。カリフォルニア大学バークレー校経済学部卒業。同校で政治学博士号取得。日本政策研究所を設立。著書に「アメリカ帝国の悲劇」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価3.8

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

軍事国家という帝国の終焉

2012/04/08 11:51

5人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:24wacky - この投稿者のレビュー一覧を見る

ここでいう「帝国」とは16~17世紀のヨーロッパの話ではない。冷戦崩壊後覇を競うもののいなくなった世界で一人勝ちをするアメリカを指す。その意味するところは、世界に張り巡らされた膨大な軍事基地のネットワークのことであり、それが新しい形態の帝国なのだと。

問題のひとつは、その事実を多くのアメリカ人が知らないか認めたがらないことだと著者はいう。ペンタゴンが公表しているその数自体が信用できない、いやペンタゴン自身が実はその正確な数を把握していないのではと、あきれるべきか戦慄するべきか迷う暴露話が本書では書かれている。

著者はそれら軍事基地で米軍がやってきたことを明らかにする。アメリカの政権が気に入らない外国政府を秘密裏に転覆させたり、他国の軍部に国家テロリズムのやり口を訓練したり、他国での選挙を不正操作したり、その他諸々。これらの不法工作に対して報復されることをCIA用語で「ブローバック」という。それをタイトルにした本を著者は2000年に発表したが、それが翌年現実となってニューヨークを襲った。その時、アメリカ人は自分たちが何ゆえに報復されるのか理解できなかった。自国の軍隊が国外でやってきた工作について知らされていなかったからだ。

本書は2004年から2010年までの論考がまとめられている。つまり、現実の「ブローバック」が起こった後、カウボーイ気取りのブッシュ政権後期から、それに対する変革が期待されたオバマ政権に代わってからの「帝国」の真相を、鋭い筆致で刻印している。それを最も的確に現しているのは、「アメリカとは民主主義の国ではなかったのか?」という素朴な疑問に答えている箇所。つまり、アメリカは世界では専制的な帝国主義であり、国内では民主主義であると。《アメリカが国内民主主義と外国での専制支配とを組み合わせようとするのは、どうしようもないほど矛盾しているし、欺瞞である。一国は民主主義でもありうるし、また帝国主義でもありうる。しかし同時に両方でいることはあり得ないのだ》。

ところでブッシュが浪費し尽した軍事費のつけは財政破綻となった。その課題を解決しなければならないのが現オバマ政権であるが、オバマに代わったからといってそう簡単に解決しそうにない。本書によれば、そもそも防衛支出の数字が信用できない。その上、上下両院議員は、防衛関係の企業や事業が自分たちの選挙区にあり、雇用も促進されるといった利権構造の下にあるため、国防総省を支持することが自分たちの利益になるというからくりがあるという。

著者は「ブローバック」を指摘し、軍事帝国ネットワークの存在を追う過程で、在沖米軍基地の実情を知る。保守派とみなされた著者がいかに自国が沖縄に対してひどい仕打ちを続けてきたかに心を傷めていたかは、夫人の味のある後書きを読むとよく分かる。本書では「最低でも県外・国外」と謳った鳩山民主党政権が結局辺野古合意に回帰したあのときに、著者が書き残した短い論考が加えられている。このメッセージが実現したとき、帝国は解体されているだろう。

「鳩山の行動は意気地なしで浅ましい。しかし私は、日本人をこのような屈辱的な袋小路の奥深く追い詰めたアメリカ政府の傲慢さは、もっと非難されるべきだと信じている。アメリカは軍事基地帝国を維持することに取り憑かれ続けている。そういう帝国を維持する経済的な能力をアメリカはもはや持っておらず、またそんな基地などいらないという国が増えてきたというのに。アメリカは傲慢な態度は捨て、普天間基地を(私の住まいの近くにあるキャンプ・ペンドルトンのような)アメリカ国内の基地に移し、六五年間も辛抱してくれた沖縄住民に感謝すべきだと、強く訴える。」

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/10/22 21:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/06/12 23:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/07/07 20:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/04/16 00:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

外国の社会・文化 ランキング

外国の社会・文化のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む