サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】講談社全品ポイント最大10倍キャンペーン(~10/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 経済・ビジネス
  4. 小予算で優良顧客をつかむ方法 マーケティング常識11のウソ 新版

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

小予算で優良顧客をつかむ方法 マーケティング常識11のウソ 新版

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 13件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2011.12
  • 出版社: ダイヤモンド社
  • サイズ:19cm/231p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-478-01732-6

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

小予算で優良顧客をつかむ方法 マーケティング常識11のウソ 新版

著者 神田 昌典 (著)

お客が来なければ会社は潰れる。なぜお客をつかむことができないのかという原因から説き明かし、リスクなしでお客が集まる画期的方法を紹介する。各章末に書き下ろしコラムを追加した...

もっと見る

小予算で優良顧客をつかむ方法 マーケティング常識11のウソ 新版

1,620(税込)

新版 小予算で優良顧客をつかむ方法

1,296 (税込)

新版 小予算で優良顧客をつかむ方法

ポイント :12pt / 紙の本より324おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

お客が来なければ会社は潰れる。なぜお客をつかむことができないのかという原因から説き明かし、リスクなしでお客が集まる画期的方法を紹介する。各章末に書き下ろしコラムを追加した新版。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

神田 昌典

略歴
〈神田昌典〉経営コンサルタント。株式会社ALMACREATIONS代表取締役。著書に「全脳思考」「60分間・企業ダントツ化プロジェクト」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー13件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (5件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (4件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

「復刻版」...いやいや「今」通用する教科書です

2012/06/07 10:23

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:のちもち - この投稿者のレビュー一覧を見る

マーケッター神田さんの原点との言える本書。1998年に出された物として読むとかなり衝撃的です。現在ではある程度は「セオリー」と言われていることが書かれていますが、これを14年前に書かれていた、というのはかなり驚く。
商売の本質、広告代理店の「事情」、顧客との接点で使う「ことば」。特にその時点では「ブランド(イメージ)広告」しか存在しなかった時代に、「ダイレクトレスポンス」を提唱していたのです。ここに提唱される「ツーステップ」広告とか、広告の効果測定、プランドゥシーのサイクル、などなど、ここ数年ではマーケティング担当者には随分浸透しています。その浸透のきっかけが14年前のこの本だと思って読むと、著者の「クリエイティビティ」に完全に惹かれてしまいますね。心酔する人が多いのもうなづけます。
全般を通じて読むと、テクニック的な要素と、心理的な要素が絡み合って、少々「矛盾?」と思える箇所もなくはない。ただそこは著者本人が感じていることでもあり「マーケターのジレンマ」という言葉で表現されている。つまり「煽りたてるような言葉を使った刹那的な広告」=短期的な現実的な利益訴求=と、「想いのこもったメッセージ広告」=長期的な将来的な利益訴求=との間に揺れる、ということ。現場はいつもこの間を揺れているといってもいい。短期的なものを求められるのが現実だが、そればかりだと疲弊してしまうこともある。先を見越した活動に時間が割けなくなる危険もある。
特に通信販売事業に関しては、この本に書かれているような活動は他の業界に比べて比較的に実行してきていると思われる(それはこの業界に神田さんに導かれた担当者が少なくないからであろう)。そして「今、そしてこれから」を考えると「テクニック<コミュニケーション」という流れが見える。著者自身も最近の著書で言っているが、マーケティングも「新しい」フェーズに入っていく(既に?)のは間違いないと思われる。
そんなときに、この本は14年前の本は役立つのか?役立ちます、確実に。まず、商売の本質を見ること。当たり前だけどできていないことあります。「今月の数値」だけ追っていることも少なくないはず。そしてになによりも、この本に書かれたことを今までやってきたかどうか、の確認です。「これからのマーケティングは今までとは違うから」これは正しいように聞こえますが、「今まで」を正しく愚直にやってきた人だけが言える言葉なのです。見直してみると、抜けている部分、あるかもしれません。
この本を読んで、この通りに実行して、必ず成功するとはいえません。でも、この通りにやってみないと成功には近づけないんです。14年前だから...と言う前に、14年分を追いつくためにもまずここからやってみなければ、実にそう思った本でした。通信販売、直販をやっている、やろうとしている人は必読です。

【ことば】結果を上げることを重視すれば、理想を完全に忘れるし、目標が達成できれば、うまくいった現実に耽溺する。そして大失敗してはまり込んだ泥沼の中で、再び理想を抱く。

現実を棚にあげて理想を追うのは正しくない。現実に向き合うことで、そこでもがくことで理想はカタチをなしてくるのだと思う。現実の(苦しい)中から理想がおぼろげに見えてきたら、そこにむかって現実と戦う。そして理想=夢に一歩一歩近づいていく。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

本質は色褪せない

2012/01/25 00:02

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:むらら - この投稿者のレビュー一覧を見る


今から14年前1998年に著者無名時代に初出版されたの本の新版とある。
当時はインターネットでビジネスが始まった時期とされ、
今現在とのギャップは大きいが、
追加コラムなど補足することでアップデートされている。

14年前ということを念頭に置きながら読むことで、
仮説(14年前)→結果(現在)を読み解くことができるので面白い。
その事実は古くはなってしまっているが、本質は変わらない、色褪せない。
これからの展望、仮説(現在)→結果(未来)を発想する、
その点でとても参考になった。

冒頭でマーケティングを現在生き抜くための武器としているが
その定義付けがゲリラ戦術のそれに相応しいと感じた。

ただ、やはり気になったのは「お客様」ではなく「お客」としているところ。
巻末に別の方が書かれているがそこには「お客様」と表現されている。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/06/24 20:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/01/30 01:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/01/14 15:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/06/01 23:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/12/12 22:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/05/25 12:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/12/24 19:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/03/30 00:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/08/05 21:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/07/20 10:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/11/26 13:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

経営実務 ランキング

経営実務のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む