サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

アウトレットブック ポイント5倍キャンペーン ~5/31

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

美しい書物
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.8 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2011.12
  • 出版社: みすず書房
  • サイズ:20cm/205p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-622-08096-1
  • 国内送料無料

紙の本

美しい書物 (大人の本棚)

著者 栃折 久美子 (著)

名ブック・デザイナーにして名文章家である著者が、装幀やルリユール(製本工芸)、様々な出会いなどについて、ひとつひとつの出来事を、丁寧に、丹念に、確かめるように綴った40篇...

もっと見る

美しい書物 (大人の本棚)

2,808(税込)

ポイント :26pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

本の通販ストア
アウトレットブック
ポイント 5倍キャンペーン
こちらは「アウトレットブック ポイント5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間

2018年5月27日(日)~2018年5月31日(木)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

紙の本
セット商品

シリーズ大人の本棚既刊セット 70巻セット

  • 税込価格:194,6161,802pt
  • 発送可能日:購入できません

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

名ブック・デザイナーにして名文章家である著者が、装幀やルリユール(製本工芸)、様々な出会いなどについて、ひとつひとつの出来事を、丁寧に、丹念に、確かめるように綴った40篇を収録する。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

栃折 久美子

略歴
〈栃折久美子〉東京生まれ。東京女子大学卒業。筑摩書房で編集・造本・装幀を手がけ、退社後フリーのブックデザイナーとなる。国際製本工芸家協会マイスター。国井喜太郎賞受賞。著書に「モロッコ革の本」他。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.8

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

もうひとつの「火の魚」

2012/02/05 10:40

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:野々宮子 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 栃折久美子のエッセイ集が、「大人の本棚」というシンプルで美しい装幀のシリーズに加わったことを喜びたい。

 2009年に渡辺あや脚本、尾野真千子主演で、広島を舞台にドラマ化された室生犀星の小説「火の魚」。ヒロイン折見とち子のモデルになったのが、栃折久美子だ。ドラマでは、へんくつな初老の作家と若い女性編集者の丁々発止のやりとりが見ものだった。そして、ヒロインの造形美術の才能がきわめて魅力的に披露された。

 室生犀星に出会った頃、著者は編集者をしながらブックデザインをてがけており、その後、修行をつんで装幀家(ルリユール)に転じた。
 文学のよい読者であると同時に、形ある物としての本を客観的にとらえる目も持っている。文学作品をよりよいかたちで読者の手元に届ける。それはデザインにとどまらず、造本全体を大事に考えるということだ。
 装幀という仕事について綴った文章は、IT時代に紙の本を読むわたしたちにさまざまなことを考えさせる。何より、本を愛し仕事をゆるがせにしない姿勢がすがすがしい。

 そしてやはり、冒頭に置かれた室生犀星の回想二編は白眉である。敬愛する犀星の人となり、犀星のまわりに集った人たちのことまで、よい目で見て率直に書いている。
 犀星文学の愛読者や、ドラマ「火の魚」を見た人にも、ぜひ読んでもらいたい。ドラマは病床のヒロインを老作家が見舞うところでおわっていたが、実際には栃折さんが作家の死を見送っている。
 大江健三郎や小川国夫との交流を綴った文章「展覧会のサイン帖」も興味深い。
 そそっかしいところもあるが、聡明で打てば響くような若い日の著者を彷彿とさせる文章ばかりだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2018/01/14 02:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る