サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン(~10/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. スポーツ
  4. ボクシングの文化史

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ボクシングの文化史
  • みんなの評価 5つ星のうち 3 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2011.12
  • 出版社: 東洋書林
  • サイズ:21cm/570,18p 図版32p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-88721-786-7
  • 国内送料無料

紙の本

ボクシングの文化史

著者 カシア・ボディ (著),稲垣 正浩 (監訳),松浪 稔 (訳),月嶋 紘之 (訳)

オデュッセウス、エペイオス、ブロートン、アリ、タイソン…。観衆の熱狂に翻弄され、肉体と魂を犠牲にしても、過酷な競技場へと上がり続ける男たち。本能と理性のはざまに舞う、美し...

もっと見る

ボクシングの文化史

5,184(税込)

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

オデュッセウス、エペイオス、ブロートン、アリ、タイソン…。観衆の熱狂に翻弄され、肉体と魂を犠牲にしても、過酷な競技場へと上がり続ける男たち。本能と理性のはざまに舞う、美しき半獣神の系譜を読み解く。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

カシア・ボディ

略歴
〈カシア・ボディ〉ケンブリッジ大学Ph.D.。ロンドン大学、ダンディー大学、ヨーク大学でメディア論、文化論、現代英米文学の教鞭を執る。『デイリー・テレグラフ』紙への寄稿など著述家としても活動。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

野蛮?それとも高貴なスポーツ?絶えずイメージ化されるボクシングを問う一冊。

2012/02/05 12:28

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:書痴 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 古代ギリシアから現代まで、ボクシングが、社会や芸術に与えた影響を、文化史の視点から解説した本書、読みでがありました。
 ボクシングといえば、その試合内容やボクサー自身(個性や闘い方など)に注目が集まりがちですが、本書は、絵画、彫刻、文学、写真、TV、映画などのメディアを通して、ボクシングやボクサーが、クリエイターや観衆に、時代ごとにどのようなイメージを与えてきたか、特に英米の人種問題を提起し論じている点が特徴です。
 論拠として、ボクシングを題材にした小説や映画を、数多く引用しているので、一種のガイドブックとしても読めます。
 19世紀のイギリスでは、紳士階級やパブリックスクールにおいて、剣などの武器を手にして闘うのは、軟弱な外国人と思われ、ボクシングを尊重、奨励する気風があったことを理解すると、シャーロック・ホームズがボクシングをたしなんでいた理由にも肯けます。ギリシア・ローマの健全な肉体美の象徴として、表紙カバーの彫像のモデルとなったボクサーが、ユダヤ人だったという事実は、その後の人種問題や階級対立を想起させます。
 20世紀から現代までのアメリカでは、白人と黒人の人種対立に、ボクシングも利用され、政治思想やイデオロギーを代弁しているボクサーとして、モハメッド・アリが出現。黒人チャンピオンに対して、白人が長い事望んだ『白人の期待の星』(白人チャンピオンの出現)は、人種対立の皮肉ともとれます。
 豊富な図版とあわせて、ボクシングが持つざまなイメージの変遷を、興味深く読みましたが、ただひとつ不満に感じたことは、対象が英米に限定され、それ以外の日本を含めた世界に関しては、一切触れられていないことです。例えば、中国の義和団の乱(英訳はボクサー・レべりオン)や、日本のコミックなどにも言及していれば、より面白く読めたのではないかと思います。
 

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する