サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

アウトレットブックポイント2倍キャンペーン  ~12月31日

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

忠誠の代償 聖なる絆(リンクスロマンス)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 12件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
新書

紙の本

忠誠の代償 聖なる絆 (リンクスロマンス)

著者 六青 みつみ (著)

魔獣に脅かされるラグナクルス帝国—唯一魔獣を倒すとされる聖獣と誓約を結び、人々は自らを守るために戦闘を繰り返していた。皇子ヴァルクートは、最高位の聖獣と絆を結ぶ前に、長兄...

もっと見る

忠誠の代償 聖なる絆 (リンクスロマンス)

923(税込)

忠誠の代償

900 (税込)

忠誠の代償

ポイント :8pt / 紙の本より23おトク

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

紙の本
セット商品

忠誠の代償 (リンクスロマンス) 4巻セット

  • 税込価格:3,71034pt
  • 発送可能日:7~21日

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

魔獣に脅かされるラグナクルス帝国—唯一魔獣を倒すとされる聖獣と誓約を結び、人々は自らを守るために戦闘を繰り返していた。皇子ヴァルクートは、最高位の聖獣と絆を結ぶ前に、長兄の謀略によって辺境に追いやられてしまう。荒くれた警備兵を率いながら、監視の仕事に明け暮れていたとき、思いがけず野良聖獣キリハの繭卵を見つける。キリハに呼ばれるように、誓約を交わすことになったヴァルクートだったが…。【「BOOK」データベースの商品解説】

皇帝の末子ヴァルクートは、長兄の皇太子の陰謀により、辺境で警備兵を率いる日々を送っていた。ある日、予期せぬ場所で野良聖獣の繭玉を見つけて拾い、成り行きで“対の絆”の契約を交わすことになった。孵化した幼聖獣・キリハは、ヴァルクートと警備兵たちに可愛がられて育ってゆく。キリハが成獣になった年、父皇帝から帝都への帰還命令が届き、ヴァルクートはキリハとともに帝都を目指す。帝都の地で、ヴァルクートが本当はキリハ以外のインペリアルと契約を交わすはずだったという噂を聞いたキリハが、激しく動揺し…!?【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー12件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (7件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

六青さんらしいどっぷり浸れるファンタジーモフモフ。

2013/10/23 22:47

4人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:さぁーこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

面白くって一気読み!!二段組み新書の分厚さが物足りないと感じる位、濃厚なファンタジーの世界観に浸れました。そして、幼いキリハの可愛さ!!周りのむさくるしい大人に溺愛されてすくすくと成長を見せる場面は微笑ましくて癒されました。なにより、六青作品につきものの肉体的な痛みが皆無で、後半のみにくいあひるの子設定で心を痛める二人のやりとりにはハラハラしつつも、一貫して攻めのヴァルが大らかでありつつも皇子としての資質を備えたいい男だったことで、読んでて爽快感すらありました。次作のリュセラン編は少し覚悟して読まねば。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

もっと早く読めばよかった。

2017/03/10 17:40

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:冬みかん - この投稿者のレビュー一覧を見る

このシリーズはこの本以外すべて読んでいるのですが、なかなか手に入らず後手に・・・。キリハとヴァルの出会いを読むことができてよかった。いろいろ腑に落ちました。涙腺崩壊注意。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/01/27 13:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/02/21 00:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/05/19 21:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/10/10 21:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/07/14 13:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/08/05 01:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/06/12 10:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/05/04 23:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/12/30 20:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/07/23 16:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る