サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

アウトレットブック ポイント4倍キャンペーン(~2/28)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 竹書房
  4. 竹書房ラブロマン文庫
  5. 蜜情の宿 ふしだら若女将 書き下ろし長編官能小説

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

蜜情の宿 ふしだら若女将 書き下ろし長編官能小説(竹書房ラブロマン文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2012/03/29
  • 出版社: 竹書房
  • レーベル: 竹書房ラブロマン文庫
  • サイズ:15cm/292p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-8124-4809-0

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

蜜情の宿 ふしだら若女将 書き下ろし長編官能小説 (竹書房ラブロマン文庫)

著者 葉月 奏太 (著)

藤島紗和は信州の老舗温泉旅館「藤島屋」で、清楚で美人の若女将として宿を切り盛りしていた。しかし、夫の孝志が突然失踪してしまう。夫が帰ってくるのを待ちながら、若女将として気...

もっと見る

蜜情の宿 ふしだら若女将 書き下ろし長編官能小説 (竹書房ラブロマン文庫)

700(税込)

ポイント :6pt

現在お取り扱いができません

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

藤島紗和は信州の老舗温泉旅館「藤島屋」で、清楚で美人の若女将として宿を切り盛りしていた。しかし、夫の孝志が突然失踪してしまう。夫が帰ってくるのを待ちながら、若女将として気丈に働く紗和だが、失踪から二年が経過し、心も体も淋しさが募っていた。そんな時、紗和は地元企業の社長である倉澤敦夫から口説かれ、淋しさからつい抱かれてしまう。さらに夫の弟である和樹から、「ずっと義姉さんが好きだった」と迫られ、押し倒されて…。淑やかだった温泉宿の若女将が、未亡人状態の淋しさから男たちに体を許してしまい、しだいに快楽の虜になっていく姿を描いた、淫惑の美熟女エロス。【「BOOK」データベースの商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

デビュー作を踏襲した「迫られ系」な3作目

2012/12/19 23:34

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:DSK - この投稿者のレビュー一覧を見る

基本構成はデビュー作『[[ASIN:4812444780 蜜会−濡れる未亡人]]』と同じな3作目。登場人物の設定や関係性も似ている。無碍に断ることもできない2人の男に迫られ続けるヒロインの物語である。ただ、今回は失踪中の夫を気遣う人妻なため、憂いに暮れつつ、それでいて熟れた体を持て余しているところをつけ込まれる背徳感が増している。何とも言えない密戯の淫靡さがあり、実に素敵な表紙カバーイラストも艶っぽく貢献している。

鄙びた老舗旅館の窮地を救ったお得意様の紳士と義理の弟から交互に、そして最後は同じ日の昼と夜に迫られる全5章立てにより男の配分はほぼイーブン。肉欲のみではなく深い愛情も示す迫りで若女将たる人妻を悩ませる。もし、夫が失踪したまま見つからなければ……という選択肢が常によぎることから発生する心の揺れが人妻の抵抗と諦念とに繋がり、大変興奮度の高い官能描写のベースにもなっている。感度が高過ぎて押しにも弱過ぎる点は官能描写のヒロインなのでご愛嬌としたい。

オンナとして開花させられ、終盤では双方にほぼ陥落させられるも理性と肉欲の狭間で常に艶かしく動揺し、悩みに悩む展開の果てには割と呆気ない結末を迎えるため、見方を変えればなかなかの魔女っぷりとも写り、確かにサブタイトルのような「ふしだら」との側面も無いではないが、だからこそ発せられる魅惑の艶が本作の官能的な肝であり、また、然るべき結末であれば瞬時に解決する話でもあるので、人妻としての心の矜持はギリギリで保たれた……と言えるのかな?

官能小説としては凌辱作品の構成と言えるも無慈悲で苛烈な強引さは無く、「いやっ、ダメっ」と言いながらも昂ぶる肉欲に抗えず押し切られてしまう官能要素が全編に満ちた作品としておすすめする。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する