サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年5月)

日本橋ビジネスクリニック×hontoブックツリー・ポイント5倍キャンペーン (~5/20)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

生徒会の十代(富士見ファンタジア文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 22件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

生徒会の十代 (富士見ファンタジア文庫 碧陽学園生徒会議事録)

著者 葵 せきな (著)

ようこそ、私立碧陽学園生徒会室へ。美少女役員四人+おまけ一人、生徒諸君のため、過去を振り返ります。始まりはあまりにも衝撃的だった。「ただの人間には興味あ(自主規制)」…記...

もっと見る

生徒会の十代 (富士見ファンタジア文庫 碧陽学園生徒会議事録)

626(税込)

生徒会の十代 碧陽学園生徒会議事録10

463 (税込)

生徒会の十代 碧陽学園生徒会議事録10

ポイント :4pt / 紙の本より163おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

「生徒会の十代」が含まれるセット商品

商品説明

ようこそ、私立碧陽学園生徒会室へ。美少女役員四人+おまけ一人、生徒諸君のため、過去を振り返ります。始まりはあまりにも衝撃的だった。「ただの人間には興味あ(自主規制)」…記念すべきシリーズの1巻目でまさかの自主規制。物語は動き出すといいつつも、繰り返される日常。暴走する妄想、青すぎる青春。ここを読んでも内容が分からない作品紹介と、おかげさまでいろいろやらせていただきました。でもあの頃があるからこそ、今がある。何もかもが特別だった十代の日々。終わりじゃない、これは始まり。じゃあ最後は、せーのでいきましょう。せーの!「これにて、第三十二代碧陽学園生徒会、解散っ!」。【「BOOK」データベースの商品解説】

今日は、碧陽学園高等学校の卒業式。生徒会の美少女役員4人+おまけ1人は、生徒諸君のため過去を振り返る。暴走する妄想、青すぎる青春…。何もかもが特別だった十代の日々。これにて第32代碧陽学園生徒会、解散っ!【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー22件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (11件)
  • 星 4 (9件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2012/01/23 19:53

投稿元:ブクログ

本編ついに最終巻。卒業式の様子と終わりに向けたネタが中心の巻でした。きちんと生徒会シリーズらしいけれど、雰囲気を壊すことなく安心して読むことのできる終わり方でした。実は結構好きだったラジオネタもきちんとあったのが嬉しいです。あと少しだけ続く本編以外の生徒会シリーズも楽しみにしています。

2012/01/31 20:47

投稿元:ブクログ

完結。いい(本編)最終巻でした。ハーレムルート万歳。どっちが幕間でどっちが本編かわからないけど、卒業式パートはどれもクルものがありますね。会長がちゃんと会長やってて感動した。生徒会パートもいつも通りの駄弁りぶりで。まさかANZKが復活するとは…(笑)最後の知弦さんが可愛すぎだろー。あと最後に、あとがきまでお疲れ様っした!(笑)

2012/01/21 21:35

投稿元:ブクログ

BOOK☆WALKERで購入。一年前までは天使のような子だったのに今やすっかり駄目な子になってしまったけど真冬ちゃんかわいいよ。繰り返し顔を熱くさせる卒業式の一日はエンドレスエイト(違

2012/01/21 02:20

投稿元:ブクログ

本編シリーズ最終巻です.全部丸々卒業式編,間に日常編になってます.

-メモ
会長かわいい,知弦さんかわいい,深夏かわいい,真冬ちゃんかわいい
イイハナシダッタナー

2012/05/16 14:10

投稿元:ブクログ

涼宮ハルヒに捧ぐ,碧陽学園生徒会議事録最終巻.

ついに完結.

というわけですけども,
結構前から終わる終わるゆーてたし
サザエさん時空も存在せずに時間を経過させてく感じだったし
卒業式で最終回になるってわかってたんで
特にどうということもないんだけど.

なんだろう,ダラダラ続いて終わったイメージになってしまうな.
終わり良ければすべて良しって言うけど,
終わりが微妙だとアレ.

シリーズ前半が面白かった分後半で失速した感じが否めない.
ああ,優良枠を作った過去の生徒会の人のとかは面白かった.
アレは黙示録の方だっけ?
まぁいいや.
やっぱりアレだよね.
メンバー5人が生徒会室に籠ってボケツッコミしながらダラダラ過ごす話で
ここまで引っ張るのはやりすぎだったんじゃないか,と.
杉崎ハーレムだとしても結局イチャイチャしないでボケツッコミしてるからさ
イチャラブを生暖かい目で読む感じじゃなくて….
まぁいいや,もう終わったことだ.
え?新生徒会の話が番外編である?
どーなることやら….

2012/01/25 15:15

投稿元:ブクログ

 結構笑ったし、涙腺も緩んだ。大好きだったラジオ系の回も入ってたし満足。あと今回大好きなラノベのボリュームがネタに上がって、俺歓喜って感じだった。
 個人的に評価は★5までしか付けられないけど、最終巻って今までの集大成みたいなところあるから、全てを振り返って、私はこの巻の評価には★6辺りを付けたい。
  
 さて生徒会も本編終わったし、日常シリーズというか黙示録というかと、杉崎アフターみたいな新生徒会の話の上下巻が出て終わりか。

2012/07/28 16:11

投稿元:ブクログ

ようこそ、私立碧陽学園生徒会室へ。美少女役員四人+おまけ一人、生徒諸君のため、過去を振り返ります。始まりはあまりにも衝撃的だった。「ただの人間には興味あ(自主規制)」……記念すべきシリーズの1巻目でまさかの自主規制。物語は動き出すといいつつも、繰り返される日常。暴走する妄想、青すぎる青春。ここを読んでも内容が分からない作品紹介と、おかげさまでいろいろやらせていただきました。でもあの頃があるからこそ、今がある。何もかもが特別だった十代の日々。終わりじゃない、これは始まり。じゃあ最後は、せーのでいきましょう。せーの!「これにて、第三十二代碧陽学園生徒会、解散っ!」。

2012/02/23 13:03

投稿元:ブクログ

C0193 グダグダですが許せます。あとがきが一番おもしろかったのですが、どうなのでしょう。全体的にしんみりな雰囲気がありました。イラストに卒業証書とか卒業のリボンを付けてもよいのですが、転校組とのバランスを考慮した結果なのでしょうか。

2012/04/01 22:56

投稿元:ブクログ

こういう終わり方になるだろつと予想はしていた。でも実際終わってしまうと少ししんみりする。本編でも語られていたとおり、予定調和な感が否めないけどそれはそれでこのシリーズの持ち味を生かした持っていき方のように思う。
正直、本編よりあとがきの方が衝撃だった。

2014/08/20 01:31

投稿元:ブクログ

ついに碧陽高校の卒業式。藤堂リリシアさん司会による卒業式の様子を綴った文章と、生徒会最後の議事録を収めています。「オールナイト全時空」も最終回を迎え、卒業式の後、杉崎が校内の想い出の場所を巡って、ヒロインの一人ひとりと言葉を交わします。

杉崎が飛鳥にハーレム計画への決意を語った第9巻で方向性は決まっていたので、物語の結末は落ち着くべきところに落ち着いたという印象でした。ここまで読み継いできた読者の一人としては、それなりに納得のできる締めくくりだと思います。あえて言えばちょっとくどい気はしましたが。

そして最終巻でも、著者の「あとがき芸」は健在でした。

2012/04/21 05:15

投稿元:ブクログ

生徒会の一存の本編最終巻。 電車とか公共の場で読んじゃだめですよ?
生徒会メンバーは卒業式を迎えるわけですが、(自分は)たくさんの笑いと感動が詰まっているこのシリーズから卒業できそうにないなぁ。
残る番外編と杉崎アフターも楽しみにしてます。

2012/01/31 22:04

投稿元:ブクログ

読みながらそんなこともあったっけ?と忘れた脇役たちも多かったけれど、
充分楽しめた本編だった。いつものなし崩し的なストーリーと容赦ないパロディ、バカばっかりのキャラたち。ここまで貫くともうあとは好きにしてくださいって感じで読んだ。良い意味で。最後のハーレムエンドをどう締めるか不安だったけれど、杉崎らしい感じで終わって良かったかなと。やっぱり、この軽さがいい。自分の中のザ☆ライトノベルといえばやっぱり生存。

2012/01/23 19:26

投稿元:ブクログ

生徒会シリーズ本編となるこの巻。


予想以上のボリュームでビックリしました


最後はだいたい予想していたのですが、


それでも自然と涙が出てきちゃいました


…こんな爽やかで気持ちいいハーレムエンドってあったんだなぁ。


…ってなんて感心してみたり。


途中であれだけ締めの話をしておきながら


最後は


「めでたしめでたし」


個人的には会長の思い暴露のところで涙腺が切れちゃいました


最後に





自分たちもあんな卒業式できたらなぁ…

2012/01/29 05:33

投稿元:ブクログ

最高の状態で読みたかったから、一存から読み返してきた。

知弦さんの気持ち。鍵に託されるもの。深夏の前向きさ。真冬の本音。杉崎が、杉崎らしくなくて、でも杉崎らしくて。会長は卒業式でも生徒会長で。

終わる生徒会。ハーレムルートのクライマックス。

会長の想いにガチ泣きした。
そして鍵のゴール。

エピローグは心が、震えた。

あとがきまで最高だぜ!セッキーナ。

2012/04/14 09:35

投稿元:ブクログ

生徒会室で巻き起こす日常(?)物語の本編最終話。

最後はやっぱり卒業式という形で終わった。
コメディは久々の本編ということで楽しかったが、番外編散々引っ張ったのに最後のまとめかたはちょっと弱かったかなぁ。
ギャルゲにしてもラノベにしてもハーレムエンドはやっぱり難しいんですね。

富士見ファンタジア文庫 ランキング

富士見ファンタジア文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む